【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 中学・高校生を卒業クライシスから救え!緊急院内集会(2010-02-04) | メイン | 「なくそう! 子どもの貧困」全国ネットワーク(仮称)シンポジウム(レポート) »


2010年02月04日

バレンタイン・チャリティアート展(東京・銀座、02-08~02-13)

バレンタイン・チャリティアート「WE・ART・ LOVE」展
WE・ART・ LOVE」(東京・銀座、2010-02-08~02-13)


増山麗奈さん(画家・ライター・編集者・パフォーマー・平和活動家)が参加するバレンタイン・チャリティアート展(東京・銀座、2010-02-08~02-13)情報を紹介します。

エントリ後半には喜八撮影の「特典画像」もあります。


増山麗奈さんのブログからバレンタイン・チャリティアート展情報を転載させていただきます。


★転載開始★

☆☆転送歓迎☆☆

2010年2月8日(月)~2月13日(土)
バレンタイン・チャリティアート展「WE・ART・ LOVE」展

◆参加アーティスト
近藤智美 森下泰輔 花木玲子 増山麗奈 菅間圭子 戸泉恵徳

◆「WE ・ART・ LOVE」とは
現代芸術家たちの作品の売り上げの一割を戦争がきっかけで病気になったイラクの子ども達へのチャリティ活動に募金する事を目的とした展覧会。アーティストが作品に込めた想い="LOVE"が、それを鑑賞する人との間にあたらなる"LOVE"を生み出し、アートを購入する事で、地球の裏側にいるこどもたちへ"LOVE"を届ける。
株のようにドライに取引されるアートではなく、鑑賞者とアーティストが温かい気持ちで繋がり、社会貢献をする新しいアートの流通の形を模索する。
バレンタインという商業キャンペーンの時期、本当の愛って何?を考える試み。

バレンタイン前の特別企画として、「JIM-NET」が企画する限りない義理の愛大作戦のチョコレート(ガンで亡くなったイラクの少女サブリーンが描いた絵をパッケージにしたチョコレート。売り上げは全額イラク支援に使われる。)も会場にて販売する。

◆開催時期
2010年2月8日(月)~2月13日(土)
15:00~20:00(最終日17:30)
オープニング・パーティー8日(月)18:00より
入場無料

◆開催場所
GINZA ART LAB
TEL 03-5537-5421 携帯090-3803-1989
〒104-0016東京都中央区銀座7-3-6 洋菓子ウエスト2F
地下鉄銀座駅C2出口から徒歩約5分 地下鉄新橋駅5番
出口から徒歩約5分 JR有楽町駅から約8分《地図

◆主催 銀座芸術研究所
◆協力 JIM-NET
◆コーディネーター 増山麗奈

★転載終了★


特典画像」です。

志葉玲さん(ジャーナリスト)

増山麗奈さんの「ダーちゃん」こと、志葉玲さんです。
なお「ダーちゃん」は「ダーリン」を意味する増山さんの造語のようです。
01月31日、東京・立教大学池袋キャンパスで行なわれた『「なくそう! 子どもの貧困」全国ネットワーク(仮称)準備会設立シンポジウム』終了直後に撮影させていただきました。

志葉玲さんとは何度かメールのやり取りをさせていただいたことがあります。
何年か前のこと「シバレイのblog」が執拗な「荒らし」被害を受け、また某巨大匿名掲示板でも志葉玲さんへの個人攻撃が延々と行なわれていた際、見るに見かねて志葉さんに激励メールを差し上げたことがあったのです。
そのときは「自分(志葉)は生命の危険がある紛争地帯での取材経験があり、また米軍将校から顔に拳銃を突きつけられたこともある人間ですから、ネットの荒らしなどはそれほど気になりません」といった内容の返信を頂いたと記憶しています。

そういえば、増山麗奈さんと志葉玲さんが知り合われたのも、その頃でしたね。
志葉さんのブログに増山さんの写真が登場したとき、「ん? これは?」と感じるものがありました。
志葉玲さん撮影の増山麗奈さんの写真には「愛」が感じられたのです。
いえ、これは「後付け」で言っているわけではありませんよ(笑)。
私(喜八)はわりに勘のいい…ときもあります。

その後、さまざまな集会・イベント会場で志葉玲さんのお姿を拝見することはありましたが、実際に言葉を交わすのは今回が初めてです。
それで、初めてなのにずうずうしく写真を撮らせてもらいました。
最初から増山麗奈さんに関する「喜八ログ」記事で志葉さんのお写真を使用させていただこうという「確信犯」です(笑)。

間近で拝見する志葉玲さんは不敵な感じと愛嬌を併せ持った「いい男」でした。
さすがは増山麗奈さんが惚れ込むだけのことはあるな~」なんて、内心でブシツケなことを思ってしまった私でありました(スミマセン…汗)。


増山麗奈さん主演・鵜飼邦彦監督のドキュメンタリー映画『桃色のジャンヌ・ダルク』が、2010年03月27日、東京渋谷「ユーロスペース」で公開されます。
予告編と鵜飼邦彦監督のインタビュー動画を紹介します。

映画『桃色のジャンヌ・ダルク』予告編

鵜飼邦彦監督に聞く(映画「桃色のジャンヌ・ダルク」)


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2010年02月04日 12:00

« 中学・高校生を卒業クライシスから救え!緊急院内集会(2010-02-04) | メイン | 「なくそう! 子どもの貧困」全国ネットワーク(仮称)シンポジウム(レポート) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3676

このリストは、次のエントリーを参照しています: バレンタイン・チャリティアート展(東京・銀座、02-08~02-13):

» 伊勢崎賢治さんの本、できました。 from お玉おばさんでもわかる 政治のお話
出来立てほやほやです。表紙に関して、みんなにあれほど意見をいただいたにもかかわらず、結局、お玉がいいなと最初に思い、伊勢崎さんがこ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年02月04日 17:09

» 郵貯はどうなっちゃうの? from とむ丸の夢
2月に入って、新聞が来なくなりました。。  まあ、当然と言えば当然で、昨年も勧誘員の訪問を何回か受けていたのですが、あんまり先の予... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年02月05日 09:54