【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「かたりれん」のお知らせ(東京・四谷、03-19) | メイン | 『桃色のジャンヌ・ダルク』公開記念イベント(報告) »


2010年03月09日

「もやい」稲葉剛さんが出演するイベント(東京・新宿、03-15)

「もやい」メンバー、中央が稲葉剛・代表理事
「もやい」の稲葉剛さん(中央)・小野寺さん(手前)・戸田さん(横Vサイン)


NPO法人自立生活サポートセンター・もやい」代表理事・稲葉剛さんが出演するイベント『VJが訊く!「ハウジングプア~なぜ人は家を失うのか~」』(東京・新宿、2010年03月15日)についてお知らせします。

3/15 VJが訊く!「ハウジングプア~なぜ人は家を失うのか~」
(「Moyai Blog」2010-02-24)

エントリ後半には、いつもの喜八の贅言《ぜいげん》があります。


★転載開始★

VJが訊く!第四回
ハウジングプア ~なぜ人は家を失うのか~

ホームレス、ネットカフェ難民、派遣労働者。多くの人々を苦しめる住まいの貧困=ハウジングプア。もはや住まいを失う事は、他人事ではない。ハウジングプアは何故拡大しているのか-VJが訊く!第4回は「ハウジングプア」の実態と、その原因・解決策を、VJU制作の最新映像を交えて議論する!
今回のゲストはNPO法人"もやい"の稲葉剛氏。長年にわたりホームレス支援の現場で住まいの貧困と向き合って来た氏の生の声を訊く!

【ゲスト】稲葉剛(いなば つよし)
NPO 法人自立生活サポートセンターもやい代表理事。
1969年広島県生まれ。学生時代は平和運動、外国人労働者支援活動に関わり、1994年から新宿での野宿者支援活動に関わる。2001年、自立生活サポートセンターもやいを設立し、現在、代表理事。各地の学校や地域で貧困問題と人権をテーマにした講演をおこなっている。
著書に『ハウジングプア』(山吹書店)、『貧困のリアル』(冨樫匡孝との共著、飛鳥新社)等がある。
NPO法人自立生活サポートセンターもやい

【ホスト】遠藤大輔(えんどうだいすけ)
90年代のビデオアクティビズムをリードした一人にして、ビデオジャーナリストの草分け。ホームレス問題、環境問題、パレスチナ問題、医療問題等を、独自の切り口で報道してきた。日本テレビ等の報道番組で活躍中。東京経済大学非常勤講師。

【日時】《2010年》3月15日(月)
【会場】新宿 Naked Loft
【時間】OPEN18:00/START19:00
【料金】予約 ¥1,000/当日¥1,300 (共に+1drinkから)
【チケット】Naked Loftにてチケット店頭販売、電話予約受付中!
【問】Naked Loft 03-3205-1556(16:30~24:00)
【主催】VJUビデオジャーナリストユニオン
   Mail vj.union@gmail.com

(※詳しくはもやいのページをご覧ください)

★転載終了★


以下は喜八の贅言《ぜいげん》です。
このブログでは何度か書いてきましたが、稲葉剛さんのことを私(喜八)は「教師」的存在として見ています。
そして自分自身は「生徒」あるいは「学生」です。
実際には私のほうが10歳年上なのですが、稲葉さんは「さまざまな大切なことを教えてくれる先生」なのです。
この頃では、運と要領のよさ、そして持ち前のずうずうしさで、稲葉剛さんとは顔が合えば挨拶を交わし、ごくマレには雑談をするような関係性を築くことができました。
が、私は稲葉さんのことを「友だち」あるいは「なかま」的存在というように、馴れ馴れしくは捉えてはいません。
あくまで「先生」と「生徒」です。

これは稲葉剛さんに限ったことではなくて、また男性・女性に関わらず、「喜八ログ」にお名前が頻出するほぼ全ての方にも当てはまることです。
私(喜八)は、それらの方々を「さまざまな大切なことを教えてくれる先生」と見ている場合がほとんどです。
かなり年下の女性に対しても「先生」あるいは「師匠」という感覚を抱くことが多いのです。
たとえば、増山麗奈さん(画家・ライター・編集者・プロデューサー・パフォーマー・平和活動家)は「師匠」で、栗田隆子《くりた・りゅうこ》さん(「フリーターズフリー」出資者兼組合員・「女性と貧困ネットワーク」呼びかけ人)は「せんせい」です。
自分でも理由はよく分かりませんが、なんとなく、そう感じています。
ただし、この「師匠」と「せんせい」は固定的なものではなくて、将来は増山さんが「教授」に、栗田さんが「師匠」となるかもしれません。

ということはさておき…。
実際のところ、生活困窮者支援・労働・平和運動、広義の「生存権運動」の分野には大変に優れた「先生」がわんさかいるのですね。
もやい」のようなNPO、複数のユニオン(労働組合)、女性問題に取り組むグループ・個人…。
この分野では、きわめて優秀な方、きわめて優れた教師に次から次へと巡り合える!
そして、それらの「先生」がたは、強くて・怖くて・優しくて・繊細な方が多い!
これが私の実感です。

「喜八ログ」にたびたびお名前を挙げさせていただいている方は、ほぼ例外なく「強くて・怖くて・優しくて・繊細な」「さまざまな大切なことを教えてくれる先生」と、私(喜八)は認識しています。
読者の皆様もそのように思ってくださっても構いません(たぶん)。
ただ、いかんせん怖い方が多いので、個別の名前を出すのは遠慮しておきます(笑)。
と言いつつ、一人だけ(?すでに増山麗奈さん・栗田隆子さんのお名前が…)名前を挙げましょう。
「もやい」の稲葉剛さんは近くで拝見していると、結構コワくて強靭な人だということが分かります。
ただし、同時に底知れぬ優しさと、繊細な感触を持ち合わせた人でもあります…。


関連ページ


本の広告

『ハウジングプア』稲葉剛
ハウジング・プア』稲葉剛、山吹書店(2009)

(※『ハウジング・プア』を「Amazon」「楽天」「bk1」で購入する)


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。

(※上のバナーはSOBAさん作成です)


投稿者 kihachin : 2010年03月09日 12:00

« 「かたりれん」のお知らせ(東京・四谷、03-19) | メイン | 『桃色のジャンヌ・ダルク』公開記念イベント(報告) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3740

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「もやい」稲葉剛さんが出演するイベント(東京・新宿、03-15):

» み・つ・や・く − 裏切り者の山口県人 from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 長州人は裏切り者である.  このテーゼは間違いなく言えるだろう.これまで国の政治を仕切って来た,山口県出身者の政治家たちの犯罪性は安保条約に関する外交密約文... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年03月09日 22:33

» 自我原理に支配され、隠蔽・言い訳・誤魔化しの巣窟だった旧軍部 from 日本を守るのに右も左もない
「2/28なんでや劇場レポート(2) 隠蔽・言い訳・誤魔化しの横行によって崩壊する私権体制」では、 隠蔽・言い訳・誤魔化しが顕著になったのは'90年バブル崩壊以... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年03月09日 23:18