【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 映画『桃色のジャンヌ・ダルク』は面白い! | メイン | 「宮下公園野外上映会 Vol.1」(東京・渋谷、04-09) »


2010年04月08日

「もやい」稲葉剛さんのインタビュー記事(「We」165号)

「We」165号
「We」165号(2010年4・5月号)


稲葉剛さん(「自立生活サポートセンター・もやい」代表理事・『ハウジング・プア』著者)のインタビュー記事が雑誌「We」165号(2010年4・5月号)に掲載されました。

以下は稲葉剛さん発メールからの転載です。


★転載開始★

(※転送・転載歓迎)

We』165号に稲葉のインタビューが掲載されました。

 フェミックス発行の隔月刊誌『We』最新号(165号)に私(稲葉剛)のインタビューが掲載されました。
 14ページにも及ぶロングインタビューになっています。
 下記ウェブサイトでお申し込みができます。ぜひご一読ください。

フェミックスの通信販売 : We165号(2010年4・5月号)

We』165号(2010年4・5月号)

特集:自分が生きやすい社会をつくろう

【インタビュー】稲葉 剛さん
住まいの貧困の問題でつながる
【講演録】白崎一裕さん
オカネは基本的人権だ─希望の原理としての所得保障[1]
【インタビュー】川崎那恵さん
人との出会いが、自分の生きていく力になる
【インタビュー】田中喜美子さん
駒尺喜美─希代のわがまま者の魅力
【家庭科新時代】
・オホーツクの潮風荒く(江口凡太郎)
・生きるための力を家庭科で(その5):
 子どもたちを輝かす"作れる手" (馬場由子さん・牧野カツコさん)
・授業実践 風がかわる匂いがかわる:
 フライパンでピザをつくろう(浅井由利子)
・「ひまわり」の日々:突然の来訪者(入江一恵)

【連載】
・乱読大魔王日記(冠野文)
・同時代の男性学:ベーシック・インカム(沼崎一郎)
・ミボージン日記:ミボージン力(竹信三恵子)
・ジソウのお仕事:ひとり親家庭のモデルがない!?(青山さくら)
・取り乱し アフター風俗の日々:「花嫁」とは(鈴木水南子)

・読者のひろば
・2010Weフォーラムよこはまへのお誘い


またバックナンバーでも、〈もやい〉スタッフのインタビューを読むことができます。

★転載終了★


雑誌「We」165号(2010年4・5月号)のインタビュー記事中、稲葉剛さん発言のうち特に印象的だった部分を以下に引用させていただきます(同号10-11頁、《 》に挟まれた部分は喜八による補足です)。

《略》八〇年代の終わりから社会運動にかかわってきているのですが、八〇年代九〇年代の社会運動は暗黒の時代、超マイノリティだったんですよ。世の中はバブルで浮かれていましたから、まわりの学生もそんな感じで、もちろん何人か仲間はいるんですけれど。そういう状況の中で、自分が生き残ってきたことに対するうしろめたさがありますね。運動することと病んでしまうことが紙一重で、すごく繊細な人ほど社会の問題に対して気がつくというのがあるから、当時一緒に活動していた仲間が何人か亡くなっているし、メンタルな面で病気になって活動に参加できなくなった人も何人もいる。自分《稲葉》は東大生だし、塾の先生やりながらなんとか食っていけるとか、自己肯定感が子どものときに育まれるような環境にあって、多分それなりに生きやすいポジションにいた。いちばん社会の矛盾に対して敏感でいちばん感受性の強かった人は亡くなってしまったという、そういう思いはありますね。

自立生活サポートセンター・もやい」稲葉剛代表理事は「もやい」を訪れるボランティア希望者に「自分自身を守ることを、まず優先させてください」と告げるそうです。
私たちのような活動では、どうしても個人が頑張りすぎてしまう傾向があります。そして周りの人も頑張りを期待してしまうところもあります。そうして頑張りすぎて『バーンアウト』してしまう人は、残念ですけれど、少なくないのです」。
以前(2009年11月)、稲葉さんからそういった意味のことをお聞きしました。
上の引用文から、稲葉さんの「自分自身を守ることを最優先」という考え方がどのようにして形成されたか、少しだけ分かるような気がしました…。


We」バックナンバーでは以下の人たちのインタビュー記事を読むこともできます。

稲葉剛・うてつあきこ・湯浅誠・いちむらみさこ・栗田隆子・伊藤みどり(敬称略)。
「喜八ログ」にたびたびお名前が登場する方たちですね。
何と言いますか、「We」編集長の「この人は面白い!」感覚は私(喜八)とかなり似通っているような気がします。
出版不況の中、雑誌発行はなかなか大変なようですが、「We」のご繁栄を期待しております。
非力ながら「喜八ログ」でも応援をさせていただきたいと思います。


本の広告 : 『ハウジング・プア』稲葉剛

稲葉剛さんと浦松祥子さん
著書『ハウジング・プア』を手にする稲葉剛さんと版元「山吹書店」代表・浦松祥子さん

(※『ハウジング・プア』を「Amazon」「楽天」「bk1」で購入する)


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。

(※上のバナーはSOBAさん作成です)


投稿者 kihachin : 2010年04月08日 12:00

« 映画『桃色のジャンヌ・ダルク』は面白い! | メイン | 「宮下公園野外上映会 Vol.1」(東京・渋谷、04-09) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3802

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「もやい」稲葉剛さんのインタビュー記事(「We」165号):

» 『We』165号、特集のリード文を紹介 from みんなのブログ
『We』165号に興味はあるけど、どんなんかもうちょっと知りたい、という方に、特集4本のリード文を紹介します。 特集:自分が生きやすい社会... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年04月09日 20:00

» 「剛」を含むニュースと関連グッズの紹介 from イマナビ!News&Shopping
イマナビでは「剛」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「剛」に興味があれば是非ご覧ください! [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年04月10日 13:14

» 今後の闘い方について from アフガン・イラク・北朝鮮と日本
 この間の急激な労働条件改悪を契機に地域労組加入に至った私ですが、余りこの件ばかりに拘っていると他の話題について書けなくなるので、この辺で一旦まとめる事にします... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年04月11日 13:01