【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 渋谷・宮下公園関連動画「公園のあな」 | メイン | 映画『桃色のジャンヌ・ダルク』は面白い! »


2010年04月06日

増山麗奈さんとお花見ツアー(報告)

2010年04月03日、増山麗奈さん(アーティスト・ライター・平和活動家)主催のお花見ツアー(東京・代々木公園)に参加してきました。
その報告エントリです。


以下、3枚の写真撮影は喜八です。
(※今回はクリックしても大きくなりません)

増山麗奈さん

1枚目の写真は増山麗奈さんと、増山さん主演映画『桃色のジャンヌ・ダルク』の鵜飼邦彦監督です。

この日(04-03)は、代々木公園でお花見をして、渋谷ユーロスペースで『桃色のジャンヌ・ダルク』を観て、続けて「増山麗奈×高遠菜穂子」トークショーという増山さんならではの豪華ファンサービスデーでした。

お花見は代々木公園のほぼ中央にある「噴水池」ほとりで午後6時開始。
ところが、私(喜八)がJR原宿駅に着く少し前から雨がぽつぽつと降り始めていました。
そして、花見から帰る人の波に逆流しながら集合地点「噴水池」を目指す間に、本降りになってきました。
現地に到着し、池のまわりを一周しても、増山麗奈さんたちのグループは見つかりません。
あれだけ派手な人だから、すぐに分かるはず」という思惑も雨天・夕闇・膨大な人混みという悪条件のもとでは完全に外れ、ぜんぜん見つかりません。
そこで「う~む」と推理しました。
一同はおそらく雨をしのげる場所に避難するはず。
それで辺りを見回してみると、代々木公園側とNHK側にかかる陸橋があり、その下に花見客が大勢避難してシートを広げ、シブトク宴会を続けています。
ここだ!と思って行ってみると、読みは見事に当たり、増山麗奈さんたち一行に巡り合うことができました(めでたしめでたし)。


宴会光景

陸橋の下で雨宿りしながらの宴会風景です。
こういうのは楽しいですね。
意外に普通の花見よりも橋の下の宴会のほうが楽しいかも?
さすがは嵐を呼ぶ女、増山麗奈さんだけのことはある」なんて妙に感心していたら、宴たけなわ増山麗奈さんが凄いことを言い出しました。
映画『桃色のジャンヌ・ダルク』のビラを、周囲で宴会している人たちに配ろう!と言うのです。
で、私(喜八)は二つ返事で「やりましょう」と引き受けました。
車座になって宴会している最中の人たちにビラを配るのは、これでなかなか難儀なものですが、大マジメにビラ配りをしましたよ。
中にはスゲなく断る方も少しだけいらっしゃいましたが(無理はないと思います)、大方の人たちには快く受け取っていただきました。
座ってお酒を飲んでいる人だけでなくて、歩行中の男女2人組カップルさんたちにも配らせていただきました。
こちらの方面のほうが「受け取ってもらえる率」は高かったかもしれません。
なにはともあれ、増山さんから受け取った分のビラは全て配り終えました。
ビラを受け取ってくれた皆さま(くれなかった皆さまも)、ありがとうございました。


白井愛子さん

シンガーソングライターの白井愛子さんと鵜飼邦彦の2ショットです。
白井愛子さんは『桃色のジャンヌ・ダルク』テーマ曲「ONE-かけがえのない君へ-」を歌われています。
白井さんの歌はたとえば「YouTube」でも聴くことができます。

白井愛子さんは03/06新宿「Naked Loft」で行なわれたトーク&アート・イベント「映画『桃色のジャンヌ・ダルク』公開記念/世界女性革命宣言★」でも歌を披露されました。
そのときの一曲でダークな感じの歌が印象的だったので、04/03代々木公園陸橋下宴会で隣席になったのを幸い「『Naked Loft』で歌ったダークな曲はよかったですね」と感想を伝えました。
すると白井さんはその場で曲の一節を口ずさんでくれました。
思わず「ぞぞっ」と背筋に電気が走るような、いい歌だと改めて思いました。

白井愛子さんに関して、増山麗奈さんがブログで次のように書かれています。

愛子とマネコと朝日新聞
(「増山麗奈の革命鍋!」2010-02-23)

愛子はのんびりとしており、言葉による自己主張が極端にへたくそです。欠けた部分があるからこそ、唄が輝くのかもしれない。表現者特有の同病の匂いを感じます。
そして人生はじめて、一度きりの海外旅行が戦火のイラクだったというへんな女です。
腐れ縁なのでしょうか。こういうのが。
怒られた時の顔がりあんにそっくりです。
今年こそ、愛子の唄が映画とともにブレイクしますように。変な男に絡まれませんように。といふ親心にもにた仲間愛。

増山麗奈さんの「女性に向ける眼差しの優しさ」が如実に現れた文章だと思います…。

※そういえば「ねごろのぷくぷく日記3」さんも次のように書かれていましたね。

増山麗奈さんは本当に優しくて、楽しくて素敵な人。そしてみんなが思うよりずっと繊細で思いやりの深い人だと思った。人は会ってみないとわかりませんね。本当に!


増山麗奈さん主演・鵜飼邦彦監督のドキュメンタリー映画『桃色のジャンヌ・ダルク』は、2010年04月16日(金)まで、東京・渋谷ユーロスペースにて公開中です。
上映開始時刻は連日午後9時です(上演時間1時間45分)。

ユーロスペース
〒150-0044 東京都渋谷区円山町1-5 Q-AXビル4F 【地図
03-3461-0211

会場のユーロスペースには毎日『桃色のジャンヌ・ダルク』スタッフが常駐しているので、事前に連絡して上映15分前に会場に行けば、前売り券《1300円》をスタッフから受け取ることも可能だそうです(連絡先 : 080-6687-4118)。


映画『桃色のジャンヌ・ダルク』予告篇(ショートヴァージョン)と鵜飼邦彦監督のインタビュー動画です。

映画『桃色のジャンヌ・ダルク』予告編

鵜飼邦彦監督に聞く(映画「桃色のジャンヌ・ダルク」)


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2010年04月06日 08:00

« 渋谷・宮下公園関連動画「公園のあな」 | メイン | 映画『桃色のジャンヌ・ダルク』は面白い! »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3797