【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 保坂展人さん関連のつぶやき | メイン | 「第7回 自由と生存の野菜市」(東京・四谷、05-23) »


2010年05月20日

「第二言論サミット」(東京・渋谷、05-23)

新宿西口反戦意思表示
「沖縄・辺野古を見つめて 新たな軍事基地はいらない 冗談じゃニャア!」


2010年05月23日(日)、東京・渋谷で「第二言論サミット」(「草の実アカデミー」主催)が開催されます。

この「第二言論サミット」の「発言者」の顔ぶれを眺めると、顔見知りの方も少なくないですね。
というわけで(勝手に)広報に協力させていただきましょう!

第二言論サミットへの呼び掛け文
(「草の実アカデミー」2010-05-14)

5月23日「第二言論サミット」発言者決定!!
(「草の実アカデミー」2010-04-14)


第二言論サミット」「発言者」の中で私が(通算で)いちばん長い時間話させていただいた方は…。
6番目に発言される阿部めぐみさんですね。
なんてことを言うと、阿部さんからも「えっ!そうなの?!」と呆れられるかもしれませんが…。
掛け値なしで本当のところです。
実際のところ、私(喜八)は知り合いが少ないですから。
とはいえ、これは同情を買う作戦なんかではないですよ(笑)。
事実を事実として淡々と(自己卑下するところなく)述べています。


それでは05/23「第二言論サミット」情報を転載させていただきます。

★転載開始★

2010年5月14日 (金)

第二言論サミットへの呼び掛け文

5・23第二言論サミット
~世界は周辺から変わる メディアに政権交代を~
ネットメディア・ミニコミ・ブロガー・街宣・ミニコミ・・大集合

 小泉・安倍・福田・麻生と4代続いた自民党政権末期に、社会の不公正と荒廃が進みました。緑の大地を荒涼たる沙漠に変えようとしてきたのは、政治家だけなく、政・官・財・軍・報・労(政界・官僚・財界・自衛隊・大マスコミ・御用労働組合)による鉄の六角形。まさに総権力体制、総与党体制と言っていいでしょう。

 初の本格政権交代が実現しても「鉄の六角形」は崩れていない大きな理由は、民主党と自民党の思想や支持基盤に明確な差がないからです。そうはいっても、自民党政権時代には考えられなかった改革も進み始めています。

 国会議員が変わり、官僚にも多少は衝撃が走り、経済界も先を見通そうと模索しているようです。いたるところで静かだが変革の息吹が感じられる中で、最も変わらないのが大マスコミ。恐るべき保守主義です。

 なぜか。それはメディアが政権交代していないからです。マスコミ企業もそうだし、コメンテーター、学者、専門家、評論家などの政権交代もまだ起きていない。世の中が変わってもマスコミ界の旧体制(アンシャン・レジーム)が温存されているのです。

 旧体制を支えてきた彼らはこれまで何をやってきたか。大昔のことはさておいて最近のことだけを見ても、小泉構造「改革」を推進し、市場原理主義者を増長させ、自衛隊の海外派兵を推進させ、アメリカの侵略戦争支持、北朝鮮バッシングで軍拡と排外主義を煽り、民営化推進・・・。それに反対する精神性重視の思想・平等主義・平和主義・社会福祉・公共性優先主義・社会民主主義的な発想を小馬鹿にしてきました。

 その結果、カネと数字で価値判断する殺伐とした姿の日本があります。

 世が世ならば、コンコルド広場で旧勢力が大量にギロチンにかけられるか、恥と責任を少しでも認識するならば、彼らは切腹していなければなりません。 でも、そんなことは無理だし、もし実行したら却って世の中が悪くなるかもしれない。それよりも私たちが独自の言論界を創り出したほうがいい。

 大手マスコミの言論を第一言論とするなら、そうではない視点を持つ私たちの言論を第二言論と定義します。

 メディア界の政権交代を訴えて、「第二言論の集い」を開催することになりました。ただし、”政権交代”によって今まで野党だった第二言論が第一言論になるなどという意味ではありません。それでは同じことの繰り返し。

 そうではなくて、大規模メディア解体、集中排除、小規模メディアの併存乱立、多様な視点と思想の尊重、個人言論の確立、純粋言論の樹立、・・・などが必要だと思います。

 権力のない側の小メディア・個人表現者・活動家が集まり、どのように社会を改革していくのかを語る場にしたいのです。ぜひ集会に参加してください。


【日時】 2010年5月23日(日)13;20開場13:45開演16:40終
【場所】 東京ウイメンズプラザ・ホール    
     渋谷区神宮前5-53-67
【交通】 JR渋谷12分 地下鉄表参道7分
【参加費】 500円(前売券販売中)
【主催】  第二言論サミット実行委員会
 協賛  (社)マスコミ世論研究所・草の実アカデミー
【問い合わせ先】 集会参加は予約の必要はありません。懇親会のみ予約
が必要です。
        TEL 03-3916-2664(火・木・土日祝)
        FAX 03-3916-2676
        E-mail kusanomi@notnet.jp


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2010年4月14日 (水)

5月23日「第二言論サミット」発言者決定!!

5月23日(日)
「5・23第二言論サミット」

~メディアに政権交代を! 世界は周辺から変わる!~

 いま、静かな地殻変動が起き始めています。変革の息吹がいたるところに芽生え始めていますが、その流れにブレーキをかけ敵対しているのが大マスコミ(新聞・テレビ)ではないでしょうか。彼らを第一言論とするならば、それとは違う視点を持つ私たちの言論を第二言論と定義します。権力のない側の個人メディア・小メディア・表現者が24人が集まり、どのように社会を変革していくかを語るリレートーク集会です。ジャーナリストと活動家がともに集まる場でもあります。ぜひご参加ください。

第二言論サミットへの呼び掛け文

発言者(発言順)

【大マスコミとの闘い】

1、林克明(ジャーナリスト)
 テーマ「自民・大マスコミ連合軍VS自由民権運動」

2、三宅勝久(ジャーナリスト)
 テーマ「記者クラブ」というアパルトヘイト(えこひいき)政策と御用新聞の100年

3、寺澤有(ジャーナリスト)
 テーマ「国家公安委員長の記者会見に出席させろ」

4、黒薮哲哉(「新聞販売黒書」主宰者)
 テーマ「読売による言論弾圧」

【反戦&街へ】

5、志葉 玲(ジャーナリスト「イラク戦争の検証を求めるネットワーク」事務局長
 テーマ 「ジャーナリスト・政治家・市民活動家によるイラク戦争検証」

6、阿部めぐみ
 テーマ「新宿西口 反戦スタンディング」

7、(市民の意見30の会・東京)から
テーマ「政策提言から発した反戦を訴える市民メディア」

8、園良太(元編プロ・今アクティビスト) 
 テーマ「落書き、張り紙、街宣、デモ、路上上映 ー閉塞メディアよ街へ出よう」

9、早川由美子(自主映像製作者)
 テーマ「ビデオカメラで自己発信~自主映像制作のすすめ~」

10、増山麗奈(画家・映画『桃色のジャンヌ・ダルク』主演)
 テーマ「育児とエロスと芸術~人生まるごと革命!桃色ゲリラの挑戦」
 (アメリカで原爆の図を前にしたアクションの報告)

【個別テーマから】

11、太田光征(「平和への結集」をめざす市民の風)
 テーマ「日常の中に食い込むメディアアクションと主権者独自の調査・分析活動」

12、永野厚男(教育ライター)
 テーマ「取材・分析・発信で、文科省等国家権力による、教育の国家統制に歯止めをかける」

13、伴英幸(原子力資料情報室共同代表) 
 テーマ「原子力政策の転換を求め続けてー430号を超えた私たちの月刊誌ー」

14、山中幸男(救援連絡センター事務局長)
 テーマ「司法改悪、裁判員制度だけではない。刑事公判前手続き、国選弁護」

【プレカリアート系(新しい労働運動)】

15、小林蓮実(インディユニオン書記長)
 テーマ「インディーズのための労働・生存組合活動」

16、清水 直子(ライター、フリーター全般労働組合執行委員、派遣ユニオン執行委員、自由と生存の家実行委員会)
 テーマ「ライターとプレカリアート運動を往復しながら書く」

17、コールさとう(学芸家・大学非常勤講師)
 テーマ「非常勤ブルース!~教育の貧困と貧困の教育をつなぐ~」

【政治文化】

18、木村三浩(一水会代表)
 テーマ「映画『靖国』の上映を巡る顛末」

19、中田順子(戦場体験放映保存の会事務局長)
 テーマ「名も無き声の結集~戦場からの歴史証言~」

20、わかち愛(詩人・レイバーネット川柳班)
 テーマ「文化のないたたかいなんて・・鶴彬から学ぶ川柳」

【第2言論】

21、鈴木邦男(著述家)
 テーマ「右翼は言論の敵か」

22、山崎康彦(ブロガー 『杉並からの情報発信です』)
 テーマ「大本営発表世論」VS「草の根ネット世論」

23、矢崎栄司(ジャーナリスト、アースワークルーム代表)
 テーマ「ジャーナリズムとミニメディア(微小)の可能性」

24、村岡到(プランB編集長)
 テーマ「マスコミの責任――石橋湛山の闘いの意義」


【日時】 2010年5月23日(日)13;20開場13:45開演16:40終
【場所】 東京ウイメンズプラザ・ホール    
     渋谷区神宮前5-53-67
【交通】 JR渋谷12分 地下鉄表参道7分
【参加費】 500円(前売券販売中)
【主催】  第二言論サミット実行委員会
 協賛  (社)マスコミ世論研究所・草の実アカデミー
【問い合わせ先】 集会参加は予約の必要はありません。懇親会のみ予約が必要です。
        TEL 03-3916-2664(火・木・土日祝)
        FAX 03-3916-2676
        E-mail kusanomi@notnet.jp

【懇親会】2010年5月23日(日)午後5時30分受付開始
     場所  原宿の隠田区民会館・集会室
     参加費 2000円
     申し込み締め切り 4月29日
     申し込み方法
      懇親会参加の旨と氏名を書き、メールかファックスで送信
     ●メールkusanomi@notnet.jp
     ●ファックス03-3916-2676

★転載終了★


なお、このエントリ最上部の写真は「第二言論サミット」と直接の関係はありません。
平和活動家・大木晴子さんたちが毎週土曜日に行なっている「新宿西口反戦意思表示」の様子です。
私(喜八)もときどき飛び入り参加させてもらっています。


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


投稿者 kihachin : 2010年05月20日 12:00

« 保坂展人さん関連のつぶやき | メイン | 「第7回 自由と生存の野菜市」(東京・四谷、05-23) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3890

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「第二言論サミット」(東京・渋谷、05-23):

»  「クリントン来日!5・21午後6時半首相官邸前へ!」 from 政治
本日です、以下取り急ぎ転載します: 【転載歓迎】クリントン来日!5・21午後6時半首相官邸前へ! 翌日のクリントン氏来日に合わせ、下記「辺野古への基地建設を... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年05月21日 07:42