【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 沖縄に関するつぶやき | メイン | 女性のメーデー(2010-05-16)の動画 »


2010年05月25日

「自由と生存の野菜市」と「第二言論サミット」(報告)

2010年05月23日の日曜日、東京都内で開催された2つのイベントに行ってきました。

念のためにお断りしておきますと、以上の2つはそれぞれ別の団体が主催した別個のイベントです。
今回は「第7回 自由と生存の野菜市」と「第二言論サミット」の2つを「はしご」してきた報告エントリです。


東京都渋谷区神宮前「東京ウイメンズプラザ」で行なわれた「第二言論サミット」は「権力のない側の個人メディア・小メディア・表現者」24人が短時間(6分)ずつスピーチをするという、ちょっと変わった趣向の集いでした。
正直に言って「発言者が多すぎるのでは?」と思った私(喜八)でしたが…。
実際には「結構面白い!」イベントでした。
いろいろな方々の実践についての報告・今後の活動への提議を聞くことができたのは収穫でした。

以下4枚の写真撮影は喜八です。
今回はクリックしても大きくなりません。

清水直子さん(マイク前)と小林蓮実さん

清水直子さん(フリーライター・「フリーター全般労働組合」執行委員・前年度委員長)が発言中です。
清水さんは24人の発言者中16番目に登場され「ライターとプレカリアート運動を往復しながら書く」をテーマに話されました。
労組の活動と執筆を通じてメンバーの「自尊心」「自信」「信頼」を築いていきたい。仲間にとって「毛布」ともなるような文章を書いていきたいという清水さんの言葉に私は強く心を動かされました。

そして画面向かって右側に座られているのは小林蓮実《こばやしはすみ》さん(アクティビストライター・「インディユニオン」書記長)です。
小林さんは清水さんの直前(15番目)に「インディーズのための労働・生存組合活動」について発言されました。
かねがね私(喜八)は「インディユニオン」の活動に注目してきました。
本来の労働問題だけでなく、みんなで一緒にご飯をつくって食べる「コミュニティ・キッチン」「コレクティブ・キッチン」など「食」の問題に積極的に取り組む姿勢に惹かれます。
が、その話はまた別の機会にします…。

今回、私が「第二言論サミット」にやって来たのは清水直子さんと阿部めぐみさんの写真を撮らせていただくのが主な目的です。

清水直子さんを囲むおしゃべりの会が05月28日(金)午後7時から、東京・高円寺「素人の乱12号店」で開かれます。
私もこの「清水直子さんを囲むおしゃべりの会」のお手伝いをしています。
それで (1)清水直子さんに挨拶をしよう (2)清水さんの写真を撮らせてもらって「喜八ログ」での告知に使わせてもらおう という2点を目論《もくろ》んでいたのです。

阿部めぐみさんと私は「新宿西口 反戦スタンディング」の仲間です。
ですので「理屈抜きで応援に行かねばなるまい!」と駆けつけた次第です。
阿部さんと清水さんは2人とも声がよく通り「話がとても上手いなあ」という印象でした。
とはいえ。
お2人の発言中、私はひたすら写真を撮りまくっていたので、じつは話の内容はよく覚えていないのですけれど(汗)。
とにかく「感銘を受けました(嘘いつわりなく)」ということでご勘弁ください。
なお、阿部めぐみさんの写真をブログに掲載するのは自粛させていただきます(ご本人と相談の上)。
清水直子さんには写真撮影・ブログ掲載の許可をいただいています。


清水直子さん

ふたたび清水直子さんの写真です。
今週!金曜日(05月28日)午後7時~、東京・高円寺「素人の乱12号店」で清水直子さんを囲む「第10回 ・映像とお話の会」が開かれます。
清水直子さんの「自由と生存」のお話を聞き、皆で食事をしながら、気楽におしゃべりをする集いです。
会費は500円+ワンドリンク(300~500円くらい)の注文をお願いしています。
詳細は下記ページをご覧ください。

清水直子さんを囲む「05/28映像とお話の会」(東京・高円寺)
(「喜八ログ」2010-05-06)

ところで、この「第二言論サミット」では増山麗奈さん(画家・映画『桃色のジャンヌ・ダルク』主演)も「育児とエロスと芸術~人生まるごと革命!桃色ゲリラの挑戦(アメリカで原爆の図を前にしたアクションの報告)」をテーマに発言をされました。
久し振り(04月03日のお花見会以来)に見た増山さんはパワフルでした。
改めて痛感したのは「増山さんは人の心に訴える『なにか』を持っているな~」ということでした。
増山麗奈さんたちが米国ニューヨークの街角で、アメリカの女性反戦団体「CODE PINK」の人たちとともに反戦・反核を訴えている様子を記録した動画を観ながら、強く心を動かされた私でした。


自由と生存の野菜市

時系列とは逆になりますが「第7回 自由と生存の野菜市」の写真です。
実際には四谷三丁目で開催されていた「自由と生存の野菜市」に最初に行きました。
この日は朝からあいにくの雨模様でした。
写真のようにブルーシートをかけ、写真では分かりにくいと思いますが、イベント用大型テントが2つ張られています。
私がこの野菜市に来るのも、これで連続5回目(月に1回・第4日曜日開催)です。
野菜リヤカー引き売り隊メンバーの男性Sさんからも「ここのところ毎回(野菜市)に来るね~」と言われました。
野菜市に来て、少しだけおしゃべりして、野菜を少し買って…帰る。
内心では「ビラ配りくらいは手伝おうかな」なんて思っているのですが、結局「まあ、来月から…」ということになって、毎回そそくさと帰る。
そんな感じで5ヵ月連続5回目。
まあ、こういったところが私の「持ち味」なんでしょうね。


自由と生存の野菜市

今回はキィウィフルーツ・オクラ・ピーマンの3点を購入しました。
合計450円なり。
本来はビラ持参の客「50円引き」なのですが、会計係のお兄さんに「50円引きはナシでいいよね」と念を押されてしまいました(笑)。
これも「仲間内では割引ナシ」という内部ルールだと認識して、「もちろん、50円引きはいらないですよ」と笑って甘受しました。
雨の振る中、果敢に街頭でのビラ配りをする顔見知りの方たちの姿を横目に「ビラ配りのお手伝いは、また来月ということで…」と内心でつぶやきつつ、トボトボと自由と生存の家を後にした私は次のイベント「第二言論サミット」の会場である表参道「東京ウイメンズプラザ」に向かうのでした…。


雨宮処凛さん(小説家・「フリーター全般労働組合」)に倣《なら》って、この頃は「単独行動」が多い私(喜八)です。
第二言論サミット」にも、特に誰かと誘い合うこともなく、1人で行きました。
とはいえ、知り合いの数もだんだん増えてきましたので、誰かしらと話す・挨拶する機会も増えましたね。
この日の会場「東京ウイメンズプラザ」でも、時系列順に記しますと、「市民の意見30の会」のIさん・Mさん、永瀬ユキさん、ヘンリー・オーツさん、阿部めぐみさん、清水直子さん、志葉玲さん、増山麗奈さん、石橋行受上人(日本山妙法寺)、ムキンポさん、園良太さん、そのほかの方たちと挨拶・言葉を交わさせていただきました。
そして、イベント終了後は永瀬さんと渋谷駅近くでお茶を飲みおしゃべりした後、帰宅しました。
「あ~、今日は面白かった」と、ささやかな満足感を覚えつつ…。


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


投稿者 kihachin : 2010年05月25日 08:00

« 沖縄に関するつぶやき | メイン | 女性のメーデー(2010-05-16)の動画 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3898