【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【再掲】「第8回 自由と生存の野菜市」(東京・四谷、06-27) | メイン | 清水直子さん・うてつあきこさんトーク(神奈川・横浜、07-03) »


2010年06月28日

「カルチュラル・タイフーン2010@駒澤大学」(東京、07-03~04)

カルチュラル・タイフーン2010
カルチュラル・タイフーン2010」(※画像はクリックすると大きくなります)


2010年07月03日(土)・04日(日)、東京・駒澤大学深沢キャンパスで「カルチュラル・タイフーン2010」が開催されます(※07月02日には前夜祭)。

開催概要
(「Cultural Typhoon 2010」公式サイト)


カルチュラル・タイフーン2010」とは何か? つい最近まで知らなかった私(喜八)ですが…ごく大雑把に言って「文化祭」みたいな理解でよろしいかと(本当にいいのか?)。
正確なところを知りたい方は公式サイトの「開催趣旨」ページを参照ください。

以下に転載する告知文を見ると、テッサ・モーリス-スズキさん(「オーストラリア国立大学」教授)・雨宮処凛さん(「フリーター全般労働組合」)・栗田隆子さん(「フリーターズフリー」出資者兼組合員・「女性と貧困ネットワーク」呼びかけ人)のお名前があります。
この3人の方たちからは非常に多くのことを学ばせていただいている私(喜八)です(ありがとうございます)。
ですから「ちょっと聴き逃せない!」思いです(と言いつつあっさりサボったりしますが…)。
また、07月04日(日)13:00~14:30には、中国人ディアスポラでカンボジアを拠点に活動するコンマン・ロー監督のドキュメンタリー映画 『Cyber Homeless in Japan』が上映されます。
この映画はコンマン・ロー監督自身が東京のネットカフェに泊まり込み製作したものです。
上映終了後のトークに「宮下公園 アーティスト・イン・レジデンス」のいちむらみさこさんと小川てつオさんがゲストとして登場するそうです(「シネマタイフーン」)。


女性と貧困ネットワーク」より頂いた情報を転載します。

★転載開始★

(※下記転載歓迎)

カルチュラル・タイフーン2010@駒澤大学
「映像で結ぶ公共圏とアジア」

日 時 2010 年7月2日(金)[前夜祭]
2010年7月3日(土)[10:00~18:30]
2010年7月4日(日)[10:00~18:00]
場 所 駒澤大学深沢キャンパス 《アクセス
参加費  専任大学教員5000円/一般・学生1000円
*展示ブース・パフォーマンス、もしくはシネマ・タイフーンのみの参加の場合、参加費は無料になります。詳細は、洋館1階に設置される受付にてご確認ください。

公式サイト http://cultural-typhoon.com/
公式ブログ http://cultural-typhoon.com/blog/
公式twitter http://twitter.com/CulturalTyphoon
お問い合せ apply<at>cultural- typhoon.com

*<at>を @ に書きかえて送信してください。

深沢キャンパス日本館において、2日間で3つのメインパネル、27のパネル・セッションが予定されています。

基調講演会1+座談会

「拉致と日韓併合100年―いま、どのような対話が可能か?」

2010年7月3日(土)10:00~14:20(開場9:30) 
司会/コーディネーター:テヅカヨシハル(駒澤大学) 
第一講演者:蓮池透(元・拉致被害者家族会事務局長) 
第二講演者:梁英姫(ヤン・ヨンヒ)(映画監督) 
第三講演者:テッサ・モリスースズキ( オーストラリア国立大学)

応答者:吉見俊哉(東京大学)

基調講演2
「貧困/女性/抵抗」
2010年7月3日(土)17:00~18:30
司会/コーディネーター:植松青児(労働者/CulturalTyphoon2010実行委員) 

第一講演者:雨宮処凛(作家) 
第二講演者:栗田隆子女性と貧困ネットワーク他)

基調講演3

「町で生きる:ヒップホップ・アニメ・団地」
2010年7月4日(日)15:20~17:20 
司会/コーディネーター:山本敦久(上智大学)
第一講演者:佐藤大(脚本家/story riders)
第二講演会:富田克也(映画監督) 
第三講演者:二木信(音楽ライター)

■ パネル・セッション■

スケジュール・発表者については、今週中に公式サイトの方に掲載される予定です。

展示ブース・パフォーマンス

今年の展示ブース・エリアのテーマは、タイフーン・カフェ。
そこは単なる飲食空間ではなく、さまざまな人びとが出会い、交流し、議論し、新しい何かを始めるための空間です。深沢キャンパス洋館に設置されたカフェ内では、飲食・物販・トーク・展示などのブースを併設、また小規模のパフォーマンスやトーク・ライブなどが予定されています。詳細は、追って公式サイトにUPされます。

シネマ・タイフーン
3日午後には、深沢キャンパス洋館2階にて、シネマ・ギャラクシーを企画。4日には、深沢校舎にてドキュメンタリー映画上映を行う予定です。詳細は、追って公式サイトにUPされます

基調講演2
「貧困/女性/抵抗」について
7/3(Sat) 17:00-18:30 日本館 和室 桜・紅葉・菖蒲
第一講演者:雨宮処凛(作家)
第二講演者:栗田隆子女性と貧困ネットワーク他)
司会/コーディネーター:植松青児(労働者/CulturalTyphoon2010実行委員)

世間で語られる「格差/貧困問題」の多くは、実は「男性の」格差/貧困問題にすぎないのではないか、既存の認識の枠組みでは「女性の貧困」問題は理解できないのではないか。さらに、格差/貧困問題への異議申立てや抵抗の文化も、まだまだ「男性の」抵抗文化にすぎないのではないか、それ以前に「女性の貧困」問題は厳然と存在するにも関わらず、社会的に「認知」すらされてこなかったのでは……このパネルは、このような問題意識から議論を始めます。経済的貧困だけではなく、不安定性・暴力・差別・精神的な傷・孤立などのファクターにも留意します。そして、「弱き者」「危うい生を生きる者」の異議申し立てや抵抗の文化について、新たなイメージを模索したいと思います。なお言うまでもないことですが、このパネルは女性限定ではありません。女性の貧困問題を考えること=男性に都合よく作られた社会/文化をどのように壊していくか、なのですから。

(転載ここまで)

★転載終了★


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2010年06月28日 12:00

« 【再掲】「第8回 自由と生存の野菜市」(東京・四谷、06-27) | メイン | 清水直子さん・うてつあきこさんトーク(神奈川・横浜、07-03) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3966

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「カルチュラル・タイフーン2010@駒澤大学」(東京、07-03~04):

» 朝鮮戦争60年とG8と天安沈没 from 逝きし世の面影
『北朝鮮非難のメッセージを』哨戒艦沈没事件で先走る菅首相   【トロント時事】菅直人首相は25日主要国首脳会議(サミット)議長国・カナダのハーパー首相、ドイ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年06月28日 14:50