【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「サロン・ド・カフェ こもれび」鯖の塩焼きランチ | メイン | 根来祐監督のドキュメンタリー映画『HER STORIES』上映会情報 »


2010年06月03日

「沖縄を裏切るな!新宿ど真ん中デモ」の写真

2010年05月30日、東京・新宿で行なわれた「沖縄を裏切るな!新宿ど真ん中デモ」の写真を4枚アップロードします。


当初は「自分のヘタクソ写真などウェブに上げるまでもない」と思っていたのですが…。
これも「歴史資料(のハシクレ)」と思い直して公開することにします。
今回は写真をクリックしても大きくなりません。
また、人の顔には基本的に「ぼかし」を入れています。

2匹のジュゴン

デモ出発前に行なわれた新宿アルタ前広場・街宣時に撮影しました。
沖縄関係のデモ・集会では既にお馴染みになった2匹のジュゴンです。
前回の「04/24沖縄を踏みにじるな!新宿緊急デモ」や首相官邸前抗議行動などでもお目にかかっています。
ジュゴンズの前、歩道にプラカードとビラが置かれていますね。
黄色の紙に赤字「」のビラは、そのまま簡易プラカードとして使える仕様です。
デモ沿道の人に配る→ビラをもらった人がデモに飛び入り参加する→「」ビラを掲げて歩く、ことを想定したデザインだそうです。


プラカードなど

これも出発前に撮った写真です。
さまざまな言葉が刻まれたプラカード類。

日米安保はもういらない
ウソツキ鳩山はヤメロ!
沖縄も徳之島もNOと叫んでいる
与那国への自衛隊派兵にハンタイ
数万超、民意熱く
基地を撤去せよ
沖縄に基地はいらない!
辺野古移設反対!
やんばるの森にヘリパッドはいらない!!
沖縄・高江にヘリパッドはいらない!!
このデモは飛び入り歓迎

などなど…。


出発寸前のデモ隊

出発数秒前の様子。
「デモは苦手」の私(喜八)ですが、この出発前の瞬間には(少しだけ)昂ぶります。
とはいえ、デモ中も基本的に「のほほん」と歩いていますが(笑)。
それにしても警察の警備が明らかに「過剰」でした(!)。
私の実体験から判断すると、なぜかデモ主催者の平均年齢が若いとき、警備状況は反比例して厳重になるみたいです。
(日本は若者に対する「敵意」の強い国なのか?)
でも、私たちは平和主義者揃いだし、そもそもデモの趣旨が「日本に外国軍隊の基地はいらない」という愛国主義的なものですからね。
あまりに過剰な警備は「税金の無駄遣い」というものではないでしょうか。
警察の皆さまも「日本に外国軍隊の基地はいらない」と思われていますよね?


ゴール直後の様子です。
ドラム隊を中心に皆で踊っています(楽しい!)。
デモはアルタ前広場から出発し、新宿の繁華街を歩きつくし、ふたたびアルタ前広場に戻るというコース設定でした。

デモコース:新宿東口アルタ前広場~新宿大ガード下右折~靖国通り~明治通り右折~新宿通り(紀伊国屋書店前)右折~JR新宿駅手前で左折~新宿駅東南口~明治通り左折~中央通り(ディスクユニオンの通り)右折~JR新宿駅手前で右折~アルタ前広場ゴール

ゴール後にも集会が行なわれました。
2008年05月に私も参加した「自由と生存のメーデー」新宿デモの際もゴールはアルタ前広場でしたが、あのときは「流れ解散」といって、その場で順次解散でした。
つまりゴール後の集会はなかったのです。
それが今では当然のように、デモの前後に集会が行なわれます。
それだけ「表現の自由」が拡大されたのです。
これはたぶん、これまで様々なデモを実行してきた方たちの「大きな功績」なのでしょうね。
諸団体のデモ実行委員の皆さま、デモ参加者の皆さまには「お疲れさまでした」「ありがとうございます」と伝えたいと思います。


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2010年06月03日 08:00

« 「サロン・ド・カフェ こもれび」鯖の塩焼きランチ | メイン | 根来祐監督のドキュメンタリー映画『HER STORIES』上映会情報 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3915