【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 増山麗奈さん情報 | メイン | 「これは興味深い文章だ!」系つぶやき »


2010年06月07日

「住まいは人権デー」イベント(東京池袋、06-14)

住まいの貧困に取り組むネットワーク


2010年06月14日(月)、東京池袋で「住まいは人権デー」の催し物(リレートーク・宣伝行動・パーティ)が行なわれます。

住まいの貧困に取り組むネットワーク ブログ」より関連情報を転載させていただきます。


★転載開始★

【転載可】
****************
 「住まいは人権」パーティのご案内
****************

〔と き〕 2010年6月14日(月) 午後7時~午後8時30分
〔ところ〕 豊島区生活産業プラザ(ECOとしま)地下1階・展示場
 豊島区東池袋1-20-15

*パーティ内容  
☆バイオリニスト みほこん(大原未歩子さん)の演奏
☆「みんなのための安心すまいのハンドブック」(住まいの貧困に取り組むネットワーク・発行)、「住宅政策の転換パンフレット」(住まい連・発行)の2つの冊子の発刊記念
☆住まいは人権のそれぞれの思い、交流と各界のアピールなど

*参加費など 会費500円(交流のドリンクつまみ付) 上記2冊の本500円で販売

*大原未歩子さん略歴:4歳よりバイオリンを始める。阪神大震災後、神戸の路上で演奏活動を行い、以後、新宿の路上生活者の支援の中でライブをする。09年アルバムを発表。

*住まいは人権デーとは 
1996年、第2回国連人間居住会議がトルコのイスタンブールで開催され、この会議の最終日(6月14日)に「居住の権利」が宣言されました。「人間にふさわしい住まいは、命の安全、健康、福祉、教育や本当の豊かさ、人間の尊厳を守る基礎であり、安心して生きる社会の基盤である。」この宣言は日本政府も調印し、承認しました。その翌年から、6月14日を「住まいは人権デー」として、住宅関係団体が共同して取り組んでいます。
                                
【6月14日のリレートークと宣伝行動】

(1)日時 6月14日午後5時30分~6時30分
(2)場所 池袋東口駅前広場(パルコ前付近)
(3)内容 住まいは人権デーのビラの配布
     ハウジングプアの当事者発言はじめリレートークを行います。
(4)トーク志願者を募集しています。連絡下記まで  

〔連絡先〕 NPO住まいの改善センター 
TEL:3837-7611 Fax3837-8450
〒110-0016 台東区台東2-25-10

★転載終了★


「喜八の独り言」。
私も【06/14宣伝行動】でビラ配りなどさせていただこうと思っています…。


関連ページ


本の広告

『ハウジングプア』稲葉剛
ハウジング・プア』稲葉剛、山吹書店(2009)

(※『ハウジング・プア』を「Amazon」「楽天」「bk1」で購入する)


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2010年06月07日 08:00

« 増山麗奈さん情報 | メイン | 「これは興味深い文章だ!」系つぶやき »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3922

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「住まいは人権デー」イベント(東京池袋、06-14):

» 統合機運の基盤~十字軍によって開かれたパンドラの箱=性的自我 from 日本を守るのに右も左もない
キリスト教には内面と外面の使い分けという特徴があり、それが面従腹背の正当化⇒自我の温床空間の蔓延をもたらしたことは既に述べた。「キリスト教(内面と外面の使い分け... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年06月07日 23:32