【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« Google で見る「小泉 竹中」(3) | メイン | 「宮下公園大学 ~第一回公開講座~」(東京・渋谷、06-20) »


2010年06月18日

生田武志さん・稲葉剛さん・4匹の仔猫(写真)

2010年06月16日の夜、都内某所で「生田武志さんと語る会」が行なわれました。
その際、撮影した写真をアップロードします。


以下、3枚の写真撮影は喜八です(※今回はクリックしても大きくなりません)。
なお、先に「mixi日記」で公開した写真とは違うものを掲載します(意外に芸が細かい…?)。

生田武志さんと稲葉剛さん

写真向かって左側、赤いチェックのシャツの男性が生田武志さん(「野宿者ネットワーク」代表・「フリーターズフリー」出資者兼組合員)です。
右側は稲葉剛さん(「NPO法人自立生活サポートセンター・もやい」代表理事・「住まいの貧困に取り組むネットワーク」世話人)。

意外なことに、お2人はこれまでじっくり話し合ったことがなかったそうです。
「野宿者」「広い意味でのホームレス状態にある人」支援という共通したフィールドで活動されてきた生田武志さんと稲葉剛さんですが、生田さんが大阪、稲葉さんが東京と異なる地域で活動してきたためもあるのかもしれませんね。
野宿者支援というタフな活動を長く続けてこられたのに、生田武志さん・稲葉剛さん共にあまり「マッチョ」なところがない男性です。
その点、とても興味深く感じました。


生田武志さんと語る会」は、まず生田さんと稲葉さんのトークで始まりました。
途中休憩を入れて、質疑応答の時間。
トークはお互いへのリスペクトが感じられる、とても良い感じのものでした。
質疑応答では参加者の発言が多く出ました。
「もやい」を始め、さまざまな団体(あるいは個人)で実際に支援活動をされている方たち。
生田さんの「同僚」である栗田隆子《くりた・りゅうこ》さん(「フリーターズフリー」出資者兼組合員・「女性と貧困ネットワーク」呼びかけ人)。
ホームレス状態の人が売る雑誌『ビッグイシュー』関係者・大学院生・編集者・NPO関係者などなど…(ちなみに私は「無所属」です)。
生田さん・稲葉さん・参加者のあいだで活発な意見のやり取りがありました。
が、今回の会は半分「うちわの集まり」という性質のものだったようですから、語り合った内容についてここで書くのは自粛しましょう。
とにかく非常に充実した集いでした…。


仔猫4匹

上の4匹の仔猫は「生田武志さんと語る会」の会場となった某カフェで養われています。
当日、いちばん人気だったのはこのニャンズだったかも(笑)。
お店の近くの駐車場に捨てられていたそうです。
明らかに飼い猫の子供だと思います。
4匹共に「殺処分」になりそうだったのを、心優しいカフェの方に保護されました。
この仔猫たちを応援するためにも、今後も某カフェをちょくちょく訪れたいと思っている私です…。


関連ページ


『ハウジングプア』稲葉剛

『ハウジングプア』稲葉剛
ハウジング・プア』稲葉剛、山吹書店(2009)

(※『ハウジング・プア』を「Amazon」「楽天」「bk1」で購入する)


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2010年06月18日 12:01

« Google で見る「小泉 竹中」(3) | メイン | 「宮下公園大学 ~第一回公開講座~」(東京・渋谷、06-20) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3947