【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« ドキュメンタリー映画『HER STORIES』根来祐監督の上映会(東京・宮下公園、06-11) | メイン | 「かぞくをかえして! ともだちをかえして! 入管の人権侵害に反対するデモ」(東京・渋谷、06-20) »


2010年06月11日

「女たちの戦争と平和資料館(wam)」第7回特別展(東京・早稲田)

東京・早稲田の「女たちの戦争と平和資料館(wam)」で『第7回特別展「証言と沈黙 -加害に向き合う元兵士たち-」』が開催されています。
2010年6月20日(日)までです(開館日・時間 水~日曜日 13:00~18:00)。


★転載開始★

第7回特別展 「証言と沈黙 -加害に向き合う元兵士たち-」

【展示期間】2009年7月4日(土)-2010年6月20日(日)

証言と沈黙 -加害に向き合う元兵士たち-

おびただしい数の残虐な強かんがあった戦場。支給された「突撃一番」を手に、行列を作って順番待ちをした慰安所。私たちの父や祖父が体験した戦争は、性暴力を抜きに語ることができません。この20年間に集められた、被害女性たちの証言がそれを物語っています。しかし自らの加害に向き合う日本軍元兵士の証言はわずかしかありません。

彼らはどのように強かんや慰安所を語り、あるいは語らなかったのでしょうか。飢えと病気が蔓延した無残な戦場からの生還は、「被害者」としての記憶しか残さなかったのでしょうか。
自らの戦争責任・戦後責任を問わずにきた日本の戦後を、性暴力の加害を糸口に考えます。

主な展示内容(予定)
日本兵の戦時性暴力はどう語られ、記録されてきたか
戦後の東京裁判とBC級戦犯裁判、
1990年代からの各国被害者による損害賠償請求裁判、
2000年の女性国際戦犯法廷…性暴力は戦争犯罪としてどう裁かれたか
元兵士の手記や回想録、戦争文学などにみる慰安所や戦場強かん
映画に描かれた日本兵と戦場の女性たち
撫順戦犯管理所と中国帰還者連絡会(中帰連)の元兵士たち
…彼らはどのように自らの加害に向き合うようになったのか
加害を語る元兵士たち…中国、ビルマ、フィリピン、東ティモールなど
被害を訴える各国の女性たち…南北コリア、中国、台湾、フィリピン、
インドネシア、マレーシア、オランダ、東ティモール、日本
日本各地の平和資料館・戦争記念館
…国公立ミュージアムへのアンケート調査と民間のミュージアムでの取り組みにみる戦争加害の展示
兵士たちの手記・戦友会誌・アルバム・「突撃一番」


アクティブミュージアム「女たちの戦争と平和資料館(wam)」
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18 AVACOビル2F
電話:03-3202-4633 FAX:03-3202-4634
アクセスマップ

開館日・時間
水~日曜日 13:00~18:00

閉館日
月・火・祝日・年末年始
※団体でのご来館については事前にご連絡ください。

入館料
18歳以上:500円
18歳未満:300円
小学生以下:無料
※障がいを持った方の付添いは無料です。

★転載終了★


昨年(2009)04月以降、「wam」関係者のTさんと集会・抗議行動・イベントなどでときどき顔を合わせるようになり、それで少しだけお話をさせていただくようになりました。
その際、上の画像のビラを何度か頂いています。
富山妙子《とみやま たえこ》さんの絵「海の記憶・太平洋の海底で─慰安婦に捧げる献花─」を一目見て、非業な死を遂げた人々に思いを馳せました。
太平洋戦争末期の南方戦線。
圧倒的な戦力を持つ米軍に対し、ほとんど為すすべもなく、敗退を続ける日本軍。
「南方行き」がほぼ確実な「死」を意味するとされる中、兵士・軍属・船員そして慰安婦たちは、太平洋の島々に次々と送られる。
輸送船の多くは明治・大正に建造された、浮いているのが不思議なくらいの、老朽船。
兵士・軍属・船員・慰安婦を満載した輸送船団は、満足な護衛もなく、米軍支配下の海域を航行する。
そして当然のごとく、米軍潜水艦・対艦攻撃機に襲われ、あっけなく沈められていく。
轟沈する輸送船とともに多くの兵士・軍属・船員・慰安婦たちの命が失われた。
「お役所仕事」のように(近代軍隊はまさしく巨大な官僚組織)機械的に「南方戦線」に送られ、死んでいった者たち。
彼ら彼女らの遺骨はいまも太平洋の海底に眠っている(その中の一人は私の大叔父・祖母の弟です)。
鎮魂のためにも「『女たちの戦争と平和資料館』を訪れよう」と以前から思いつつ、まだ行ったことがないのです。

Tさんは『VAWW-NETジャパン(「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク)』のメンバーでもあるので「戦時性暴力」についてお話させていただくこともあります。
私(喜八)は「戦時性暴力」に強く反対する者ですが、しばらく前にTさんと話している際、「『戦時』だけでなくて『平時』だって、性暴力は絶対に駄目だよな」というごく当たり前のことに改めて気づきました。

Tさんからは署名運動への協力を依頼されることもあります。
これまでに4回ほど署名しました(依頼されて、断ったことはありません)。
よくよく考えてみると、私がいちばん署名協力した回数が多い団体は「VAWW-NETジャパン」なのでした…。


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


投稿者 kihachin : 2010年06月11日 22:00

« ドキュメンタリー映画『HER STORIES』根来祐監督の上映会(東京・宮下公園、06-11) | メイン | 「かぞくをかえして! ともだちをかえして! 入管の人権侵害に反対するデモ」(東京・渋谷、06-20) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3933