【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「05/30新宿ど真ん中デモ」関連つぶやき | メイン | 「サロン・ド・カフェ こもれび」鯖の塩焼きランチ »


2010年06月02日

「映像とお話の会」と「NPO無償・ボランティア労働を考える」集会

NOT JUST HUNGRY BUT ANGRY


2010年06月上旬に東京都内で行なわれる2つのイベント情報です。

  1. 06/04「第11回 映像とお話の会」(高円寺)
  2. 06/06「NPO無償・ボランティア労働を考える」集会(田町)


お友だちの山口静子さん(「女性と貧困ネットワーク」呼びかけ人)から頂いたメールを以下に転載します。

★転載開始★

博士達のワーキングプア

大学内部の格差 非正規雇用労働者の乱

第11回映像とお話の会 
    6月4日(金) 18:30~
    ワンドリンクオーダー
    軽食 無料ー高円寺北中通「パクパク会」より提供

会場 高円寺「素人の乱12号」イベントフロア
連絡先   09088140490

遠藤礼子さん《ユニオンWAN》の 京都の「楽しい争議」の秘密のノウハウの披露です。
立命館大の庭での「ハンストカフェ」の映像など観て 今の京大の「くびくびカフェ」 に強い影響をもたらした #お茶しながらの交流闘争# を4日の夜再現します
下記6月6日のプレ集会のつもりです


お話
京都立命館大学で マジでハンガーストライキを敢行した 遠藤礼子さん
お世話
女性と貧困ネツトワーク」呼びかけ人 山口静子

参考資料 ↓事前にWEB閲覧しておいていただけるとお話が段取りよくできます

有期労働契約(有期雇用)

均等待遇/ワークシェア・2010- 実例が沢山収録されています

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6月6日「NPO無償・ボランティア労働を考える」集会

{ご案内}
この集会は年2回 海外のかたが帰国されたとき志を同じくする大学研究者が喫緊のテーマで集う研究会で私は4回目の参加です。ネツトにおける「言説」の発信受信につきその当事者責任に言及する考察がおおく、最新のジェンダー 非正規労働における労働等にも関連とても勉強になりHPを持つものとして参加しています。
つとに 女性の非正規雇用 とくに仕事そのものが女性の労働の意味を問う場で専門職員として働くひとのレポート(「インパクション158」)があります。
<非正規化>する対抗の場 労働ではない「お仕事」?とゆうタイトルで 当事者発言が収録されています。私はここで提示された「対抗の場」の意味をいまだ理解できずにおりますが 派遣法改正?のかかわる 厚労省の審議会傍聴 國会での厚生労働委員へのロビー活動等在京ACW2会員としての活動 個人加盟労組の各種研究会に参加するなかで徐々に問題の核心にちかずいております。
今回の集会はとくに各団体での「有償ボランテイア」の当事者発言に関心があります

  パート・未組織労働者連絡会 山口静子

【時給労働者通信】パートの手ずくり HP パート・未組織労働者連絡会 HP-No.2

☆ star impluse☆

ー主催側案内文ー申し込み不要です(二次会に参加希望の方は下記問い合わせ先までご連絡ください)ー

ユニオンWANの遠藤礼子さん、カサイさんに講師としていらしていただき、WANをめぐる争議についてお話を伺いながら、非営利団体や市民運動における雇用、無償・ボランティア労働問題を考えようという趣旨です。

ぜひご参加ください。

「非営利団体や市民運動における雇用や無償・ボランティア労働を考える~ユニオンWANの事例
から」

講師:遠藤礼子さん、カサイさん(ユニオンWAN

日時:《2010年》6月6日(日曜)13-17時

場所:女性と仕事の未来館 第一セミナー室

(JR田町駅三田口(西口)から徒歩3分/地下鉄(都営浅草線、都営三田線)三田駅 A1出口から徒歩1分)

問い合わせ先:斉藤(suzuransakuraあっとまーくgmail.com)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー資料↓
主婦研究者のブログ

WAN(ウイメンズ・アクション・ネットワーク)のこと

非営利団体における雇用を考える会(仮) ― WAN争議を一争議で終わらせない ―

迷走! WAN理事会、恫喝訴訟*を予告!?【転送転載歓迎】

★転載終了★


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


投稿者 kihachin : 2010年06月02日 08:00

« 「05/30新宿ど真ん中デモ」関連つぶやき | メイン | 「サロン・ド・カフェ こもれび」鯖の塩焼きランチ »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3911