【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「Weフォーラム2010 in よこはま」(神奈川・横浜、07-24・25) | メイン | 保坂展人さん関連のつぶやき(2) »


2010年07月08日

東京・渋谷「みんなの宮下公園」情報

"Our Park" A Documentary on Tokyo's Nike Miyashita Park

Don't Damage Your Brand "Nike"!


東京・渋谷の「みんなの宮下公園」に関する情報エントリです。


shimokomo」さんと「ghosttravelling」さんのツイッター・「A.I.R Miyashita Park」・その他から関連情報をコピペさせていただきます。


○《2010年》7月9日(金)から《東京都》台東区のgallery TENで、宮下公園でもお馴染みのアーティスト、武盾一郎さんの個展が開催されます。どうぞご高覧下さい。
http://bit.ly/bUqpsx


○7月10日(土)15時00分から上智大学(《四谷キャンパス》10号館3階301号教室 )で宮下公園問題についての学会発表があります。
http://bit.ly/bd3RAK (Panel Three "Making Public Space Political")


○7月11日(日)13時~19時 “EMERGENCY” free live show @miyashita park shibuya ※雨天中止ですが小雨程度ならやります。当日A.I.R.HPの方でご確認下さい。
http://bit.ly/bbsazN


※事情により一週間日程がずれました!7月16日7月23日(金)日没より(19時30分頃から)宮下公園原宿側で沖島勲監督の映画『怒る西行』を上映します。『怒る西行』は、都が推し進める放射五号道路建設計画に従い、再開発の危機に晒されている玉川上水縁を久我山に住む沖島監督がゆったりと散歩しながら言葉を紡いでいく作品です。当日は監督も来場、アフタートークも予定しています。沖島勲監督は63年に学生映画の金字塔『鎖陰』を共同制作、若松プロを経て、『まんが日本昔ばなし』、『新・ムーミン』、『西遊記』(第一話)などのTV脚本を量産していた人です。『怒る西行』は監督6作目。初のドキュメンタリーです。
http://bit.ly/bsagoe
映画芸術シネマテークvol.5『怒る西行』沖島勲 × 稲川方人(詩人)のトークはこちらで読めます。
http://bit.ly/bGUBoZ


○8月5日(木)19時から世田谷パブリックシアターで宮下公園での取り組みについてのレクチャーがあります。テーマは「公共圏の私物化と芸術家の活動」です。
http://bit.ly/9bzl5p


○8月28日(土)~29日(日)、毎年恒例の「宮下公園夏祭り」が開催されます (※「mixi」宮下公園コミュによる情報)
http://bit.ly/bRgVZ7


宮下公園ナイキパーク化問題とは何か?(by 喜八)

行政(渋谷区)が「ネーミングライツ(命名権)」概念を思いっきり拡大解釈(=濫用)して、一私企業である「ナイキジャパン」に過大な便宜を図ろうとしている。
「公」園を「私」企業の手に委《ゆだ》ねる、という暴挙。
そのため、区民・国民の権利が決定的に侵害されようとしている。
このように言えると思います。

宮下公園ナイキパーク化」などはそもそもの入り口から「論外」だと思うのです。
渋谷区が宮下公園でやっていることは明らかに行政の役割を逸脱しています。
渋谷区の行為は社会・国家の原理原則を踏みにじり、市民・国民の権利を毀損《きそん》するものではないでしょうか?
渋谷区は社会・国家に敵対行為をなしているのも同然ではないでしょうか?
この責任はいったい誰がとることになるのでしょうね?
(※もしかしたらO課長あたりが「人身御供」にされる可能性も…)

「推進派」区会議員の方たちも、ご自分たちのやられていることを、よくよく再検討されてほうがいいですよ。
「ひょっとしたら、自分たちのやっていることは国家の原理原則に正面からバッティングするのではないだろうか? かなりヤバイんじゃないか?」という想像力を持つことは、政治家にとって絶対的に必要だと思います(※自分の身を守るためにも…)。

いっぽう営利企業である「ナイキジャパン」にとっても、この宮下公園プロジェクトは「ソン」であることが目に見えてきました。
仮に工事を強行したとしても、今後も反対運動は延々と続くことが予想されます。
ビジネスとして見ても「ナイキパーク」計画は大失敗であることが露呈してきました。

ここで「ナイキさん、企業イメージ落とすなよ!」ということを、はっきり申し上げておきましょう。
おカネと手間ヒマをかけて「ナイキ」は自らの企業イメージを損ない続けているのです。
これって究極のおバカ行為ではないですか?
いったい、この「ヘタ」の責任者は誰なんだ?!
ナイキ」さんは自社の中にいる「獅子身中の虫」をまず駆除されたほうがよろしいかと思います。
大失敗の責任者の首を切り、企業イメージを損なう危険度の高い不名誉なプロジェクトから、名誉ある撤退を選択するときだ!
僭越《せんえつ》ではありますが、このように進言させていただきます。

率直に言って、私(喜八)は日頃「ナイキ」のジョギングシューズおよびウエアを愛用しております。
1ユーザー(愛用者)としても「ナイキさん、企業イメージ落とすなよ!」と声を大にして申し上げたいのです。


宮下公園「ナイキパーク」化計画をあつかったドキュメンタリー映画「宮下公園~TOKYO/SHIBUYA~」(「OurPlanet-TV」製作)を「YouTube」で観ることができます。


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2010年07月08日 12:00

« 「Weフォーラム2010 in よこはま」(神奈川・横浜、07-24・25) | メイン | 保坂展人さん関連のつぶやき(2) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3988

このリストは、次のエントリーを参照しています: 東京・渋谷「みんなの宮下公園」情報:

» 大相撲名古屋場所の廃止 from 逝きし世の面影
『名古屋場所放送中止』  NHKの福地茂雄会長は賭博問題で11日に初日を迎える大相撲名古屋場所は、『ゼロベースで検討する』、『相撲協会側から、反社会的な行動... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年07月09日 09:08