【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 仔猫の写真 | メイン | 「ITユニオン」結成と記者会見(2010-07-07、厚生労働省記者クラブ) »


2010年07月05日

「平安の祈り(the Serenity Prayer)」に関するつぶやき

白い仔猫
白い仔猫@都内某所(※写真は記事内容と関係ありません)


喜八 (kihachin) on Twitter」の「平安の祈り」に関する「つぶやき」をまとめました。

平安の祈り(the Serenity Prayer)
神さま 私にお与えください
変えられないものを受け入れる落ち着きを
変えられるものを変える勇気を
そしてその二つを見分ける賢さを
※自助グループでよく唱えられる祈りだが、ここで言う「神様」とは特定の宗教の神を指すものではない。出展はイタリアの哲学者ポエティウスの『哲学の慰め』と言われている。


「平安の祈り」とは何か?
2010年07月02日まで私(喜八)はまったく知りませんでした。
この夜、「平安の祈り」が紹介されている或る摂食障害自助グループのサイトでたまたま見つけたのです。

翌日の07月03日(土)には個人的に興味をひかれるイベントが4つ集中していました。

  1. 四谷おにぎり仲間10周年 謝恩の集い
  2. 女のユニオン・かながわ20周年記念イベント
  3. 講演「貧困/女性/抵抗」について
  4. チャリティー リレー・メッセージ!! カタルシスの夕べ

正直なところ、いちばん行ってみたかったのは清水直子さん(フリーライター・「フリーター全般労働組合」執行委員・前年度委員長)とうてつあきこさん(「NPO法人自立生活サポートセンター・もやい」理事)のトークがある「女のユニオン・かながわ20周年記念イベント」でした。
けれども、これは「女のユニオン」の集いですから、会場は女性で埋め尽くされるのではないかと思いました。
下手をすると、男性は私だけ(黒一点!)という可能性も…。
それは精神的にキツイので、参加を「自粛」することにしました。
次に行きたかったのは雨宮処凛さん(小説家・「フリーター全般労働組合」)と栗田隆子さん(「フリーターズフリー」出資者兼組合員)の『講演「貧困/女性/抵抗」について』でした。
しかし、これは会場に元気のいい若い人たちが詰め掛けるような予感がしました(実際そうなったようです)。
このところ心身ともにオツカレ気味の初老男・喜八には、どうにも「敷居が高い」気がします。
それで参加は「自粛」…(涙)。
四谷おにぎり仲間10周年 謝恩の集い」は、会場が麹町の聖イグナチオ教会であることと、「もやい」代表・稲葉剛さんの講演がある点に強く惹かれます。
というわけで、この時点で2つのイベント「四谷おにぎり仲間10周年 謝恩の集い」と「カタルシスの夕べ」が候補に残っていました。
時間的には両方に参加することが可能ですが…。
このところ心身ともにオツカレ気味の初老男・喜八には2つのイベントを「はしご」する元気はありません(正直なところ)。
「さて? どちらにいこうか?」と迷い、両イベントのウェブサイトを調べているうちに「平安の祈り」紹介ページをたまたま発見したのです。
強く心を惹かれました。
それで「カタルシスの夕べ」に行こう!と決定した次第です。
なんて思わず長々と「自分語り」をしすぎましたね…(汗)。


以下、HTML(ul・li)生成は「Twilog」の「ソース取得」機能を利用しました。
各つぶやきの表記は上から順に「古→新」です。

  • 「喜八ログ」更新 : 「2010年07月03日(土)のイベント予定」 posted at 2010-07-02 13:00:46
  • 【お知らせ】「チャリティー リレー・メッセージ!! カタルシスの夕べ」2010年07月03日(土)18:30~21:00 東京・国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟311号室《おもしろい人が集まるよね 変な人もね ※カタルシス : 感情の解放による快感・浄化》参加費無料 「アノレキシア(ナバ):日本アノレキシア(拒食症)・ブリミア(過食症)協会」 posted at 2010-07-02 13:11:57
  • Reading : 《他人をコントロールしようとするこだわり(支配依存症)こそ、あらゆる依存症(嗜癖)の温床なのだ》・「摂食障害者とその家族の回復と成長に向けての10の助言 5」 posted at 2010-07-02 20:32:57
  • Reading : 平安の祈り神さま 私にお与えください 変えられないものを受け入れる落ち着きを 変えられるものを変える勇気を そしてその二つを見分ける賢さを》 posted at 2010-07-02 20:44:42
  • もやい」「女性と貧困ネットワーク」「フリーター全般労働組合」などを通じて、さまざまな「生きづらさ」を抱えた人たちに出会いました。その体験を通じて私(喜八)が得た最大のものは「自分もまたれっきとした当事者だった!」という「気づき」でした…。 posted at 2010-07-02 20:58:13
  • 平安の祈り》 を知ったのは或る摂食障害経験者の方のブログを通じてでした。最初は単純に「この方はクリスチャンなのかな」と勘違いしてしまいました…。 posted at 2010-07-03 11:15:00
  • 昨日(2010-07-03)は「アノレキシア(日本拒食症・過食症協会)」主催の「カタルシスの夕べ」に参加してきました。行きたいイベントが集中した日だったのですが疲れ気味なので1つだけに絞りました。豊かで有意義な体験でした。主催者・参加者の皆さまに心よりお礼を申し上げます…。 posted at 09:29:30
  • 「カタルシスの夕べ」で小野のん子さん(パフォーマンスアーティスト)が紹介した言葉。 "Good Girls Go to Heaven (Bad Girls Go Everywhere)" posted at 2010-07-04 09:34:41
  • アノレキシア主催「カタルシスの夕べ」で途中1時間ほど世田谷区議・上川あやさんの隣りの席になりました。上川さんと知人の或る女性(※某ユニオンの方)の雰囲気がよく似ていることに気づき、ちょっと驚きました。にこやかであると同時に決然たる印象…。 posted at 2010-07-04 09:39:38
  • 最後に《平安の祈り》を皆で手をつなぎあい大きな輪になり唱和しました(「平安の祈り」唱和は私は初体験でした)。左隣りは「もやい」スタッフ・冨樫匡孝さんでした。こういうことがなければ冨樫さんと固く手をつなぐ機会は一生なかったでしょうね(笑)。 posted at 2010-07-04 09:46:55
  • 【お知らせ】『リカバリー・パレード「回復の祭典」』 2010年09月23日(木) 東京・新宿 《「依存症、精神障がい、生きづらさ」から回復している本人、家族・友人、関係者、そして一般の賛同者が新宿に集まって、「回復」を喜び祝うパレードを行い、一般の人たちに回復の姿をアピールします》 posted at 2010-07-04 10:10:03


最後になりましたが、07月03日「チャリティー リレー・メッセージ!! カタルシスの夕べ」会場でお話させていただいた「もやい」スタッフのUIさんと冨樫匡孝さん、某(生きづらい若者支援)NPOのUNさん、小児科医・熊谷晋一郎さん、「平安の祈り」で偶然隣り同士になり共に唱和させていただいた女性にお礼を申し上げます。
ありがとうございました。


関連ページ


スポンサードリンク

『貧困のリアル』
貧困のリアル』稲葉剛・冨樫匡孝、飛鳥新社(2009)

(※『貧困のリアル』を「Amazon」「楽天」「bk1」で購入する)


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2010年07月05日 12:00

« 仔猫の写真 | メイン | 「ITユニオン」結成と記者会見(2010-07-07、厚生労働省記者クラブ) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/3981

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「平安の祈り(the Serenity Prayer)」に関するつぶやき:

» 民主党の尋常ではない従米転向の理由⇒追い詰められた戦争屋の最終手段 from 日本を守るのに右も左もない
ブログ『トルシエの世界』が2010年7月1日の記事「衝撃!ジェラルド・カーティス(CIA)が菅政権を操ろうとしている!」で、Twitterやブログで多くの人に伝... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年07月05日 18:20

» 盛り上がらない選挙と与党過半数割れの可能性の有無 from 逝きし世の面影
『前代未聞の選挙戦』 参議院選挙が盛り上がっていない。当たり前である。 最大政党(与党民主党)と元与党で最大野党の自民党の違いが分からない。 選挙直前に雨後... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年07月06日 08:37