【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 中村うさぎさんに関するツイート | メイン | 「HOSE 宮下公園 夜の演奏会」(東京・渋谷、08-21) »


2010年08月17日

「もやいの活動から見たジェンダー うてつあきこの当事者研究」(感想その2)

うてつあきこさん
うてつあきこさん@「もやい」こもれび荘


2010年07月25日に行なわれた「もやいの活動から見たジェンダー ~うてつあきこの当事者研究」(神奈川県横浜市「アートフォーラムあざみ野」)の感想エントリその2です(感想その1)。

うてつあきこさんのプロフィール
NPO法人自立生活サポートセンター・もやい」理事。保健師。
1995年より訪問看護に従事。2003年8月より「もやい」の活動に参加。2004年6月「サロン・ド・カフェ こもれび」を当事者と共に立ち上げる。2005年12月「こもれびコーヒー焙煎プロジェクト」を立ち上げ、2007年1月「こもれびコーヒー」販売開始。現在も交流サロンとコーヒー焙煎のコーディネーターを務める。また「もやい」と併せて「女性と貧困ネットワーク」での活動も活発に行なっている。


もやいの活動から見たジェンダー ~うてつあきこの当事者研究」はプロジェクターで写真・イラスト等を映写しながら講演の後、休憩時間をはさんで質疑応答という形で進行しました。
うてつさんの講演の中で「活動家文化」に関する面白い(興味深い)指摘がありました。
その部分を簡単に紹介させていただきます。

  • 2003年「もやい」の活動にボランティア参加し始めた当初、スタッフ同士が名前を「呼び捨て」するのに違和感を覚えた。自分(うてつ)も「~さん」と敬称をつけられたのはごく最初のうちで、すぐに「うてつ」と呼び捨てされるようになった。正直に言って嫌だった。
  • 活動が終わった後「飲みに行く」回数が多い。飲んでいる時間が長い。酒席では活動についての話題が多く、プライベートの話はあまりしない。
  • こんにちは」「さようなら」といった普通の挨拶をしない傾向があった。これは「おかしい!」と思ったので、挨拶を交わす習慣を徐々に定着させた。

以上、うてつさん式の諧謔《かいぎゃく》も込められているのだろうと、活動家ならぬ私(喜八)は想像します(もちろん本音も)。
ちなみに現在の「もやい」では「挨拶をしない」ということは全然なくて、さまざまな関係者間で礼儀正しく挨拶が交わされる光景を頻繁に目撃しています。
私自身はかなりマジメに挨拶をする方ですから「『もやい』は礼儀正しい人が多くて気持ちいい団体だな~」と感じていました。
こういった「もやい」内の礼儀正しさは、うてつさんによるところが大きいのでしょうね。
スタッフ間の「呼び捨て」に関しては、「もやい」スタッフではない私にはよく分かりませんが、誰かが「呼び捨て」にされている場面はあまり見かけたことはないと思います。
「飲みに行く」回数に関しては全然分かりません…。

以上、「もやい」理事・うてつあきこさんによる「活動家文化」論が興味深かったので、覚え書き風のエントリにさせていただきました。
ただし、もしかしたら細部に間違いがあるかもしれません。
その場合はあくまで私(喜八)の責任であります。


関連ページ


スポンサードリンク

『つながりゆるりと 小さな居場所「サロン・ド・カフェ こもれび」の挑戦』うてつあきこ
つながりゆるりと』うてつあきこ、自然食通信社

(※『つながりゆるりと』を「Amazon」「楽天」「bk1」で購入する)


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2010年08月17日 12:00

« 中村うさぎさんに関するツイート | メイン | 「HOSE 宮下公園 夜の演奏会」(東京・渋谷、08-21) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4039

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「もやいの活動から見たジェンダー うてつあきこの当事者研究」(感想その2):

» 冤罪事件の被害者 山崎淑子さんのインタビュー from 日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ
★a href="http://blog.with2.net/link.php?177159">ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください 山... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年08月17日 16:19

» 8/10なんでや劇場レポート「金貸しとその手先(特権階級)たちの思惑は?」(1) 経済指標指数グラフから欧米金貸しの覇権闘争を読み解く  from 日本を守るのに右も左もない
画像はこちらからお借りしました。 去る8月10日に行われた’10年夏なんでや劇場「金貸しとその手先(特権階級)たちの思惑は?」をレポートします。 今回の劇場で... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年08月17日 22:48