【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 現代アート展「マニフォルド2010」(東京・新宿、09-13~26) | メイン | 熊谷晋一郎さん(小児科医・『リハビリの夜』著者)の写真 »


2010年09月11日

「国際オペレータ通話をなくすな! 9・10集会&デモ」(報告)

2010年09月10日に行なわれた「国際オペレータ通話をなくすな! 9・10集会&デモ」の報告エントリです。

国際オペレータ通話をなくすな! 9・10集会&デモ
日時 2010年9月10日(金)18:30~
会場 全水道会館4F 大ホール 《東京・JR水道橋駅東口徒歩2分》
18:30~集会スタート
19:00~デモスタート《全水道会館~「KDDI」本社~JR飯田橋駅西口付近で解散》

(※「国際オペレータ通話ってなんだろう?」と思われる方は当エントリ後半の解説にぜひお目通しをお願いします)


以下、4枚の写真撮影は喜八です。
(※今回はクリックしても大きくなりません)

見留洋子「KDDIエボルバユニオン」委員長

国際オペレータ通話をなくすな! 9・10集会」で挨拶をする見留洋子KDDIエボルバユニオン」委員長。
09月30日をもって「エボルバユニオン」組合員を含む国際オペレータ全員の(不当)解雇が「KDDI」から告げられ、期限が刻々と迫る中、果敢に戦い続けられています
私(喜八)は見留委員長と話をしたことはほとんどありませんが、組合員の方から「うちの組合(エボルバユニオン)の委員長は見留さん以外では絶対に!勤まらない」といった声を聞きます。
それだけ過酷をきわめたポジションだということですね。
国際オペレータ通話をなくすな! 9・10集会」では鴨桃代全国ユニオン」会長、福島みずほ「社民党」代表、各労組の人たちの応援スピーチが次々と行なわれました。


全水道会館4階大ホールでの集会は30分ほどで終了し、時をおかず会館前からデモ隊が出発しました。
午後07時10分くらい、出発直後の様子です。
デモコースは「全水道会館~「KDDI」本社~JR飯田橋駅西口付近で解散」。
誰が名付けたのか「KDDI包囲デモ」です。


KDDI本社前での抗議

デモ隊は「KDDI」本社前でしばし足を止め、抗議の声を上げました。
写真ではピンク色の「エボユニ(KDDIエボルバユニオン)」の旗、緑色の「派遣ユニオン」「東京ユニオン」「全国ユニオン」の旗などが見えます。
(※「エボルバユニオン」は正式には「派遣ユニオン・KDDIエボルバ支部」)
KDDI」と子会社「KDDIエボルバ」による一方的な労働条件切り下げ・パワハラ・セクハラなどの不当労働行為・人権侵害行為に対して怒り心頭の私(喜八)も可能な限りの大声を上げて抗議させていただきました。

KDDI」と子会社「KDDIエボルバ」は働く人たちを大切にしろ!
それができない会社に未来はないぞ!


KDDI包囲デモ

KDDI」本社前から移動し始めるデモ隊。
この後、デモ隊は「KDDI」本社周辺を巡りつつ、JR飯田橋駅方面に向かいました。
飯田橋駅西口近くで「流れ解散」。
応援に来てくれた永瀬ユキさん(「MtFトランスジェンダー」アクティビスト)と雑談しつつ帰路につきました。
永瀬さんは「エボルバユニオン」と直接の関係はないのですが、この日「助っ人」に来てくれたのでした。
それで私(喜八)がつくづく感じたのは「永瀬さんがひとり入るだけで、デモ隊の『威力』が明らかに増す!」ということ。
その後、つらつらと考えてみました。
永瀬ユキさんが参加することによりデモ隊の威力が増すのは、集団の「ダイバーシティ(diversity)=多様性」を加速する効果があるからではないかと?
いわゆる「マイノリティ」を「自認」する人たちには「ダイバーシティ」を加速させる力がありそうだ。
考えてみれば、これは当たり前の話かもしれませんが…。
デモや集会など「人の集まり」での「ダイバーシティ(多様性)」問題については、今後もアレコレ考えていこうと思っています。


以下は「国際オペレータ通話ってなんだろう?」と仰る方のためのミニ解説です。

国際オペレータ通話」とは、生身の人間(オペレータ)が24時間態勢・日本語対応でお取次ぎする国際電話サービスです。
現在、日本では「KDDI」一社だけがサービスを提供しています。

国際オペレータ通話」は以下のような場合に大きな役割を果たしています。

  • 「海外にいる家族が事故に遭った」「(海外の)病院にいるはずの家族と一刻も早く連絡をとりたい」。このようなときに国際オペレータが「指名通話」でつないでくれます。ご本人が電話口にでる前の待ち時間は料金に加算されません
  • 海外で自然災害・テロなどが発生した際の安否確認。今年(2010)04月アイスランド火山噴火のときも国際オペレータ通話がフル稼働で安否確認作業を行なっています
  • 海外で日本人が犯罪・事故などの被害に遭った場合、日本の大使館は独自で対処することは少なく、国際オペレータ通話を紹介してトラブル対処することが多い
  • 漁船からの問い合わせも多い
  • 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)在住の日本人妻たちからもコレクトコール(日本の家族の着払い)が多く利用されています
  • 海外からきた外国人添乗員から日本語での問合せや国際コレクトコール申し込み件数も増えています

このように「国際オペレータ通話」は、日本から海外へ、海外から日本へ、いざというときの「命綱」として利用されているのです。

それにもかかわらず「KDDI」は「国際オペレータ通話」のほとんどのサービスを2010年09月30日をもって廃止する方針を打ち出しています。現在勤務している国際オペレータも全員解雇される予定です。このままでは「命綱」としての「国際オペレータ通話」の多くのサービスが、「顧客・国民」無視のまま、こっそりと廃止されてしまうことになるのです。
はたして、それでよいのでしょうか?

KDDI」と子会社「KDDIエボルバ」は顧客・国民無視の「反社会的経営」を止めろ!


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2010年09月11日 12:00

« 現代アート展「マニフォルド2010」(東京・新宿、09-13~26) | メイン | 熊谷晋一郎さん(小児科医・『リハビリの夜』著者)の写真 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4083

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「国際オペレータ通話をなくすな! 9・10集会&デモ」(報告):

» デフレ経済下で増え続けるマネタリーベース from 逝きし世の面影
『リーダーは善人が良いのか?』 近頃困ったことに何とも不思議な理解できない遭難事故が報道されている。 皆さんは、テレビで繰り返される屈強な若者二人が『ファ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年09月12日 14:23

» 特権階級の世界と大衆共認の世界を繋いでいたもの(3) 近代~’70年までの豊かさ期待 from 日本を守るのに右も左もない
1963年新政策発表演説で所得倍増論を述べる池田勇人首相 画像はこちらからお借りしました。 「特権階級の世界と大衆共認の世界を繋いでいたもの(1)??武力支配... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年09月13日 15:58