【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 宮下公園ナイキ化・郵政民営化・築地市場移転・国際オペレータ通話廃止 | メイン | 「池田香代子さん講演会&9条交流会」(神戸、09-12) »


2010年09月08日

鈴木宗男さんの有罪確定に断固抗議します

鈴木宗男衆議院議員
鈴木宗男さん@参議院議員会館、2009年11月05日(撮影:喜八)


鈴木宗男さんの有罪確定・収監に断固抗議します。

鈴木宗男議員失職、収監へ
最高裁は受託収賄などの罪に問われた鈴木宗男衆院議員の上告棄却決定。失職し、収監の見通し。 2010/09/08 13:45 【共同通信】


鈴木宗男さんの起訴事実のひとつに「あっせん収賄」があります。
1998年に林業会社「やまりん」から「官房副長官」就任祝いとして受けとった400万円(検察側は500万円と主張)が問題だとされたのですが、この400万円は正式な政治献金として受領され領収書も発行されています。
後に「やまりん」が盗伐の疑いで強制捜査を受けたため、「やまりん」から政治献金を受け取っていた堀達也元北海道知事・中川昭一農水相(当時・故人)らと「横並び」で鈴木宗男さんも返金しました。

そういった政治献金に関して、4年も経った2002年になってなぜか東京地検特捜部が動き始めました。
1998年に「やまりん」問題が表面化した際、「やまりん」は強制捜査の対象となり、鈴木宗男事務所が発行した400万円の領収書も押収されていたわけです。
したがって、この政治献金に違法性があるのなら、1998年時に「あっせん収賄」容疑で鈴木宗男さんを逮捕するべきでしたね。
けれども、当時はまったく問題にもされずなぜか4年も経ってから検察は古い案件を引っぱり出してきたのです。

2002年のいわゆる「ムネオ騒動」、マスメディアを挙げての総バッシングの際、新聞・テレビ・雑誌などにより200件を越える「ムネオ疑惑」が喧伝され、国会議員による「告発」が行なわれました。
しかし、それらの「疑惑」はまったく立件されることがなかったのです。
文字通りのゼロでした。
結局、検察側が持ち出してきたのは4年も前の「やまりん」による政治献金でしたが、この「やまりん」献金は1998年当時には違法性を問われていなかったものです。

鈴木宗男さんに関してこれまで行なわれてきたことは、あまりにも不思議な総バッシングであり、不可解な検察の行動であり、矛盾に満ちた裁判でした。
そして今回のきわめて奇妙なタイミングでの有罪確定(民主党代表選の直前。しかも鈴木宗男さんは有力代表候補・小沢一郎氏の「盟友」的存在)。
これでは最高裁判所による政治介入を疑われてもしかたないでしょうね。
最高裁の皆さんは「李下に冠を正さず」の故事をご存知ですか?

それと、こういうことは本当は言いたくはないのですが…。
あなたたちは、もしかして売国奴ですか?


私(喜八)は鈴木宗男さんの有罪確定・収監に断固抗議します。


「喜八ログ」の鈴木宗男さん関連記事の(ごく)一部です。


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2010年09月08日 12:00

« 宮下公園ナイキ化・郵政民営化・築地市場移転・国際オペレータ通話廃止 | メイン | 「池田香代子さん講演会&9条交流会」(神戸、09-12) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4078

このリストは、次のエントリーを参照しています: 鈴木宗男さんの有罪確定に断固抗議します:

» Abuse of Power from Tokyonotes 東京義塾
 9月10日に厚生労働省の女性局長を巻き込んだ郵便不正事件の判決が下る予定であり、その事件は、冤罪であるだけではなく、事件そのものが政治犯罪の色彩があるとされる... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年09月08日 20:49

» 前駐韓アメリカ大使、韓国軍哨戒艦天安沈没は事故 from 逝きし世の面影
『ドナルド・P・グレッグ』 ドナルド・グレッグ前駐韓米大使は米国内の韓国問題の第一人者。 1951年から米国中央情報局(CIA)情報部員で1973-1975... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年09月09日 09:36

» *京都妖怪探訪(54):六道まいり:六波羅蜜寺 from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(旧館)
[画像]  どうも。  このところ公私共にオフの多忙が続きまして、半月ほど更新を止めてしまいました。  なんとか再開といきたいところです。  前々回と... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年09月09日 12:16