【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 鈴木宗男衆議院議員・新党「大地」代表に関するツイート | メイン | 「OurPlanet-TV」の映像制作ワークショップ »


2010年10月04日

早川由美子監督『ブライアンと仲間たち』上映とお話の会(東京・高円寺、10-24)

映画"ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1"予告編


早川由美子監督の『ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1(※)上映とお話の会を、2010年10月24日(日)午後2時~、東京・高円寺「素人の乱12号店」で開催します。

(※『ブライアンと仲間たち』はイギリスの反戦平和活動家たちをユーモアをこめて力強く描いたドキュメンタリー映画です。黒田清JCJ新人賞2009受賞)

早川由美子監督『ブライアンと仲間たち』上映とお話の会

早川由美子監督のドキュメンタリー映画『ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1』を鑑賞します。
上映終了後、早川由美子監督のお話を聴き、質疑応答とともに参加者みんなでお喋りします。

日時 : 2010年10月24日(日)14時~
場所 : 東京・高円寺「素人の乱12号店
東京都杉並区高円寺北3丁目8-12 フデノビル2F 奥の部屋 (北中通り沿い斉藤電気店向かい)。最寄り駅:JR中央線高円寺駅下車徒歩7分
参加費 : 500円+ワンドリンク・オーダー(300円~)をお願いします。
主催 : 山口静子(「女性と貧困ネットワーク」呼びかけ人)
協力 : 永瀬ユキ・喜八(中村順)
連絡先 : kihachin7@gmail.com


作品解説ページ(公式サイト)から一部抜粋】

「ビッグ・ベン」の愛称で知られる、イギリスはロンドンの国会議事堂。ここはロンドンを訪れる観光客にとって、外すことの出来ない観光名所。しかし、この建物の向かい側に位置する広場、パーラメント・スクエアには、国会議員たちにとって”eyesore”(目障り)な存在がある。なんと、ここにテントを張って生活をしながら、8年以上家にも帰らず、1日も休まず、英米政府のテロ撲滅戦争に抗議している男性がいるのだ!
Brian Haw(ブライアン・ホウ、1949年生まれのイギリス人)は、2001年6月2日にパーラメント・スクエアで抗議活動を始めた。彼は、このロンドンのど真ん中で、「イラクの子供たちを殺すな!」、「嘘つきブレア!」などと書かれた大きなプラカードや横断幕を堂々と掲げ、年中無休のデモを展開している。
ブライアンがこの場所で抗議活動を始めて以降、世界中から彼を支持する人々が訪れ、平和を願うメッセージやプラカードを彼に託していった。それらは日々増殖し、やがてパーラメント・スクエアの横幅40mまで広がる、大きなディスプレイとなった。さらに、彼と共にテントを張って寝泊りをしながら抗議活動をするサポーターたちも現れ、現在、国会の目の前には常に10前後のテントが張られている状態だ。
これまでに、イギリス議会は何度もブライアンをパーラメント・スクエアから追い出そうと試みてきた。議会は2005年にSOCPA法(重大組織犯罪及び警察法)を制定。この法律は「パーラメント・スクエアの半径1km圏内で抗議活動を行う場合には、事前に警察の許可が必要」という内容のもので、ブライアンの排除を目的として制定された法律といわれている。その法律の下、彼の40mのディスプレイは警察によって奪われ、抗議活動には様々な条件が課せられることとなった。
サポーターの人数の上限、スピーカーマイクの使用時間の制限など、一方的な条件を加えられ、その条件違反を理由に何十回も逮捕されながらも、彼らは独特のユーモアとアイデアで対抗しながら、今日まで抗議活動を続けている。

 (※作品解説全文


早川由美子監督プロフィール
東京都出身、成蹊大学、ロンドンスクールオブジャーナリズム卒業。
2007年渡英、ロンドンでジャーナリズムを学ぶ傍ら、
反戦活動家ブライアン・ホウ氏らと出会い、彼らを記録することを決意。
ロンドンのあらゆるデモ活動に参加、撮影した経験を持つ。
初監督作品である「ブライアンと仲間たち」は
日本ジャーナリスト会議・新人賞(2009年)受賞。

早川由美子さん
早川由美子監督@「自由と生存の家」(撮影:喜八)


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


投稿者 kihachin : 2010年10月04日 12:00

« 鈴木宗男衆議院議員・新党「大地」代表に関するツイート | メイン | 「OurPlanet-TV」の映像制作ワークショップ »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4124

このリストは、次のエントリーを参照しています: 早川由美子監督『ブライアンと仲間たち』上映とお話の会(東京・高円寺、10-24):

» 京都妖怪探訪(56):上御霊神社(その1) from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(旧館)
[画像]  前回でも言いましたとおり今回は、『京洛八社集印めぐり』の7つ目、京都の御霊神社をとりあげます。  御霊神社(ごりょうじんじゃ)という名の神社は、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年10月04日 20:32

»  映画「ハーツ・アンド・マインズ」 日本劇場初公開  (再掲) from 政治
  映画『ハーツ・アンド・マインズ』と『ウィンター・ソルジャー』が、この夏から日本で劇場公開されています。 [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUy... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年10月05日 07:35

» 「中国は悪しき隣人、法治主義なし」枝野幹事長代理 from 逝きし世の面影
各種マスコミ報道によると枝野氏は、 『悪しき隣人でも、隣人だからそれなりの付き合いをしなければならない。だが、この国と、例えば米国や韓国と同じように信頼関係... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年10月05日 08:47