【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「反貧困世直し大集会2010」(報告) | メイン | 「渋谷・宮下公園ナイキ化問題」に関するツイート(5) »


2010年10月19日

早川由美子監督を囲む会ゲスト決定!(東京・高円寺、10-24)

映画"ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1"予告編


英国の平和活動家 Brian Haw (ブライアン・ホウ)氏らの奮闘を描いた映画『ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1』鑑賞会を、監督の早川由美子さんをお招きして開催します。
日時は2010年10月24日(日)午後2時~
会場は東京・高円寺「素人の乱12号店」です。

この『ブライアンと仲間たち』上映&トークのゲストが決定しました!
早川由美子監督の知り合いの大学生の方です。
↓ご本人によるプロフィールです。

大学1年生。高校時代は平和・人権をテーマに映画『沈黙を破る』上映会や講演会、冊子づくりなどを行う。
大学ではこのような活動をする団体がなかったので、数人で活動を始めたところ。10月23日の学園祭でアーサー・ビナード氏を招いて講演会を企画。

なお、大学1年生で未成年ですので、関係者相談の上、ゲストの氏名等個人情報の公開は控えることにしました。
紹介文中『沈黙を破る』(土井敏邦監督)はイスラエル軍元兵士たちが、自らの加害行為(破壊と殺戮)を告白する姿を記録し、パレスチナ・イスラエル―“占領・侵略”の本質を重層的に描きだした映像作品です。
以前、土井敏邦監督の友人である「NPO法人自立生活サポートセンター・もやい」代表理事・稲葉剛さんから「沈黙を破る』は素晴らしい作品ですよ」とお勧めいただいたことがあります。
といいつつ、私(喜八)はまだ観ていないのですが…(汗)。
以下は関連する「喜八ログ」エントリです。

土井敏邦「イスラエル政府の報道規制に抗議」
(「喜八ログ」2010-01月21)


10/24早川由美子監督『ブライアンと仲間たち』上映会詳細情報です。

早川由美子監督のドキュメンタリー映画『ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1』を鑑賞します。
上映終了後、早川由美子監督のお話を聴き、質疑応答とともに参加者みんなでお喋りします。
ゲストに早川由美子監督の知り合いの大学生の方をお招きします。
以下、ご本人によるプロフィールです。

大学1年生。高校時代は平和・人権をテーマに映画『沈黙を破る』上映会や講演会、冊子づくりなどを行う。
大学ではこのような活動をする団体がなかったので、数人で活動を始めたところ。10月23日の学園祭でアーサー・ビナード氏を招いて講演会を企画。

日時 : 2010年10月24日(日)14時~
場所 : 東京・高円寺「素人の乱12号店
東京都杉並区高円寺北3丁目8-12 フデノビル2F 奥の部屋 (北中通り沿い斉藤電気店向かい)。最寄り駅:JR中央線高円寺駅下車徒歩7分
参加費 : 500円+ワンドリンク・オーダー(300円~)をお願いします。
主催 : 山口静子(「女性と貧困ネットワーク」呼びかけ人)
協力 : 永瀬ユキ・U・中村順
連絡先 : kihachin7@gmail.com


『ブライアンと仲間たち』公式サイトから雨宮処凛さんの推薦文を紹介させていただきます。

「殺すな」。ブライアンのあまりにもまっとうな抗議の前で、権力はマヌケさを晒している。
映画を見終わって、パーラメント・スクエアに駆け付けたくなった。
雨宮処凛(作家・プレカリアート活動家)


早川由美子監督のプロフィールです。

東京都出身、成蹊大学、ロンドンスクールオブジャーナリズム卒業。
2007年渡英、ロンドンでジャーナリズムを学ぶ傍ら、反戦活動家ブライアン・ホウ(Brian Haw)氏らと出会い、彼らを記録することを決意。
ロンドンのあらゆるデモ活動に参加、撮影した経験を持つ。
初監督作品である「ブライアンと仲間たち」は日本ジャーナリスト会議・新人賞(2009年)受賞。

早川由美子さん
早川由美子監督@「自由と生存の家」(撮影:喜八)


早川由美子監督を囲む会のチラシができました!(東京・高円寺、10-24)
(「喜八ログ」2010-10-10)


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2010年10月19日 12:00

« 「反貧困世直し大集会2010」(報告) | メイン | 「渋谷・宮下公園ナイキ化問題」に関するツイート(5) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4149