【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 傑作!漫画リスト(2010-10-21版) | メイン | 「映画」に関するツイート »


2010年10月22日

映画『ブライアンと仲間たち』と私

早川由美子監督『ブライアンと仲間たち』上映会(東京・高円寺、10-24)

(※フライヤー PDF 版はこちらでダウンロードしてください)


早川由美子監督が英国の平和活動家ブライアン・ホウBrian Haw)氏らの奮闘を描いたドキュメンタリー映画『ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1』。
この映画の上映会(東京・高円寺「素人の乱12号店」2010-10-24午後2時~)に何故私(喜八)が関わっているのか?
というエントリです。


10/24早川由美子監督を囲む会@高円寺」の話が出たのは約1ヵ月前の2010年09月20日(月・祭日)でした。

この日、都内某公園内で自主営業する「エノアールカフェ」(※「絵のあるカフェ」の意味)主催「秋祭り」があり、そこに私(喜八)もノコノコとお邪魔しました。
《ノコノコとお邪魔》と言っても、呼ばれもしないのに勝手に押しかけたわけではなくて(時々はそういうこともするけれど)、「エノアール」主催者の1人Oさん(アーティスト)から前もって予定を教えてもらっていたのでした。
この「秋祭り」は端的にいえば屋外パーティーです。
地べたにブルーシート(養生シート)を拡げ、参加者が車座になり飲み食いし、お喋りする。
近くにはテーブルと椅子も用意されています。
興が乗ってきたところで、志願者による「一人一芸大会」も始まりました。
ただし、一芸披露は無芸の人(私など)に強制されることはありません。
ホームレス状態の女性が中心になって活動している手縫い布ナプキンブランド「ノラ」販売部長Mさん手製のカレーライスも振舞われました。
そんなこんなで、参加者一同楽しい時間を過ごさせていただきました。
エノアールカフェ」共同経営者Iさん・Oさんおよび「秋祭り」参加の皆様には改めて御礼を申し上げます。
ありがとうございました!

とは説明が長くなりましたね…(汗)。
この「秋祭り」の場で「10/24早川由美子監督を囲む会@高円寺」を言い出したのは山口静子さん(「女性と貧困ネットワーク」呼びかけ人)でした。
山口さんから「喜八さん、早川由美子さんの映画上映会をやってよ」と依頼されたので、「はい、分かりました」と私が即答して「10/24早川由美子監督を囲む会@高円寺」プロジェクトが走り出したのです。
ちなみに山口静子さんは大切な友人の1人ですが、グータラな私は山口さんからの依頼に対して何でもかんでも「分かりました」と即答するわけではありません(笑)。
即答にはそれなりの理由があります。

早川由美子監督『ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1』を私は06月27日の「自由と生存の野菜市」(東京・四谷)同時開催イベントで初鑑賞し、早川監督のお話を聴き、さらには映画DVD(1500円)も購入させていただきました。

早川由美子監督『ブライアンと仲間たち』上映会&トーク(報告)
(「喜八ログ」2010年06月30)

映画『ブライアンと仲間たち』は見ごたえがありましたし、早川由美子監督はユーモアと辛らつさを併せ持った「タダモノではない」印象の素敵な方だったのです。
さらには私(喜八)自身が以下に挙げるような「路上・公園など公共空間での意思表示」にたまたま関わってきました。

ちなみに早川由美子監督『ブライアンと仲間たち』はブライアン・ホウ氏らが英国国会議事堂前の路上で何年にもわたって泊り込みながら、権力側からの度重なる嫌がらせ・暴力・不当逮捕にも屈することなく、反戦意思表示を続けてきた姿を描いたドキュメンタリーです。
そのようなわけで私にとっても個人的にとても味わい深い(身につまされる)映画なのです。

それで話は戻りますが、09/20「秋祭り」@某公園で、友だちの山口静子さんから「喜八さん、早川由美子さんの映画上映会をやってよ」と依頼された際、私が「はい、分かりました」と即答した次第です。
その3日後(09/23)、東京・高田馬場「新宿区立・戸塚地域センター」で行なわれた「早川由美子さんの映画を見る会」(「住まいの貧困に取り組むネットワーク」主催)会場に赴き、監督本人に直接「映画上映会をやりましょう」とお願いしました(よくよく考えると相当にずうずうしい…汗)。
その後は、友人の永瀬ユキさんに上映会フライヤー(当エントリ上部に掲載)を作ってもらい、それを「反貧困世直し大集会2010」会場その他で配布する、早川監督と相談の上「ゲスト」を呼ぶことを決定、ブログやツイッターで告知を行なうなどしつつプロジェクトは進み、10月24日(日)上映会を明後日に迎えることとなりました。
当日は参加された人が皆ささやかながら満足できるような集いを実現したいと思っています。

早川由美子監督を囲む会ゲスト決定!(東京・高円寺、10-24)
(「喜八ログ」2010-10-19)


10/24早川由美子監督『ブライアンと仲間たち』上映会詳細情報です。

早川由美子監督のドキュメンタリー映画『ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1』を鑑賞します。
(※映画"ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1"予告編
上映終了後、早川由美子監督のお話を聴き、質疑応答とともに参加者みんなでお喋りします。
ゲストに早川由美子監督の知り合いの大学生の方をお招きします。
以下、ご本人によるプロフィールです。

大学1年生。高校時代は平和・人権をテーマに映画『沈黙を破る』上映会や講演会、冊子づくりなどを行う。
大学ではこのような活動をする団体がなかったので、数人で活動を始めたところ。10月23日の学園祭でアーサー・ビナード氏を招いて講演会を企画。

日時 : 2010年10月24日(日)14時~
場所 : 東京・高円寺「素人の乱12号店
東京都杉並区高円寺北3丁目8-12 フデノビル2F 奥の部屋 (北中通り沿い斉藤電気店向かい)。最寄り駅:JR中央線高円寺駅下車徒歩7分
参加費 : 500円+ワンドリンク・オーダー(300円~)をお願いします。
主催 : 山口静子(「女性と貧困ネットワーク」呼びかけ人)
協力 : 永瀬ユキ・U・中村順(喜八)
連絡先 : kihachin7@gmail.com


早川由美子監督プロフィール

東京都出身、成蹊大学、ロンドンスクールオブジャーナリズム卒業。
2007年渡英、ロンドンでジャーナリズムを学ぶ傍ら、反戦活動家ブライアン・ホウ(Brian Haw)氏らと出会い、彼らを記録することを決意。
ロンドンのあらゆるデモ活動に参加、撮影した経験を持つ。
初監督作品である「ブライアンと仲間たち」は日本ジャーナリスト会議・新人賞(2009年)受賞。

早川由美子さん
早川由美子監督@「自由と生存の家」(撮影:喜八)


早川由美子監督を囲む会ゲスト決定!(東京・高円寺、10-24)
(「喜八ログ」2010-10-19)


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2010年10月22日 12:00

« 傑作!漫画リスト(2010-10-21版) | メイン | 「映画」に関するツイート »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4154

このリストは、次のエントリーを参照しています: 映画『ブライアンと仲間たち』と私:

» 京都妖怪探訪(62):宝鏡寺・人形供養祭(その2) from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(旧館)
[画像]  前々回と前回の続きで、“京の人形寺”宝鏡寺についての記事です。  人形供養祭の第2部、琴の演奏と舞の奉納です。  前回の供養祭・第1部が終... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年10月23日 22:50

»  チベット族の高校生ら7千人デモ…漢語強要で from 政治
言葉が無くなるということは文化が無くなるということです。 この勇気有る高校生らのデモを強く支持します。 中国政府、警察、解放軍には理性的な対処を求めます。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年10月24日 00:47

» マスコミ報道とメディアリテラシー from 逝きし世の面影
『一番大事な事項が一番目立たない扱いに』 陸山会事件:小沢氏強制起訴 小沢氏側の抗告棄却−−東京高裁  民主党の小沢一郎元代表が、自身を強制起訴すべきだと... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年10月24日 11:32