【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「国際オペレータ通話廃止問題」に関するツイート(その3) | メイン | 早川由美子監督を囲む会ゲスト決定!(東京・高円寺、10-24) »


2010年10月18日

「反貧困世直し大集会2010」(報告)

2010年10月16日(土)、東京・明治公園で、「反貧困世直し大集会2010」が開催されました。
その報告エントリです。


ゆる~くボチボチと思い出したことを書いていきます。
以下、3枚の写真撮影は喜八です。
写真はクリックすると大きくなります。

反貧困世直し2010 会場 案内図

この案内図は写真では右上の「案内板 入り口」付近に設置されていたものです。
クリックすると拡大します。
実際には、JR千駄ヶ谷駅方面から歩いてきた私(喜八)は、写真左下の「案内板 入り口」から明治公園に入場しました。
なので上の写真は入場後すぐに撮影したものではありません。
明治公園に着いたのが午後12時半くらい。
案内板写真を撮影したのはずっと後でした。
というようなことはまあ「どうでもいい」ことでしょうけれど。
このブログ自体がそもそも「どうでもいい」存在かもしれません…。
なんて、いじけていてもしかたないので先に進みます(笑)。

入場後約1分、さっそく知り合いの方を発見しました。
東京ユニオン」組合員のTさんです。
私が「反貧困世直し大集会2010」にやって来た目的の第一は「早川由美子監督『ブライアンと仲間たち』上映とお話の会」(東京・高円寺、10-24)チラシの配布です。
記念すべき(?)チラシ配布第一号はTさん(東京ユニオン)でした。
Tさんとは、その後会場内をさ迷うあいだに何度も顔を合わせ、そのたびに声をかけさせていただきました。
冷静に考えると(考えなくても)、ご迷惑だったかもしれませんね(汗)。
馴れ馴れしくて、大変に失礼しました…。

ともかくテキトーに会場を徘徊することに。
会場案内図」左下入り口から、時計と逆周りコースを辿ります。
すると、また顔見知りの方を発見しました!
ホームレス状態の女性が中心になって活動している手縫い布ナプキンブランド「ノラ」販売部長のMさんが「38 女性と貧困ネットワーク」ブースで販売に励んでいます。
というわけで「早川由美子監督『ブライアンと仲間たち』上映とお話の会」フライヤー配布第2号は「ノラ」販売部長Mさんでした。
その後は「ビッグイシュー」フットサルチーム主将のMさん・雨宮処凛さん(小説家)・宮下公園の知り合い・「NPO法人もやい」関係者・福島みずほさん・池田幸代さん・増山麗奈さん(画家)・ヘンリーオーツさん(ブロガー)・「自由と生存の野菜市」メンバーの人たち等々に配布させていただきました。
快くチラシを受け取ってくれた方々に心よりお礼を申し上げます。
ありがとうございました!


いいかげん 変えようよ!

上の写真は午後3時半からの「全員参加企画」で掲げられた巨大フラッグです。
で、以下の文章とは無関係なのですが…(汗)。

午後1時~3時は各種分科会の時間帯でした。
会場案内図」では「A 住まいの貧困」から「Q 子どもの貧困」まで大き目の正方形で記されています。
地面(舗装されている)にブルーシートを広げ、それぞれの分科会が同時に行なわれました。
私(喜八)が「反貧困世直し大集会2010」にやって来た目的の第二は「A 住まいの貧困」分科会で上演された寸劇(音楽劇)の鑑賞でした。
もやい稲葉剛さん・「みほこん大原未歩子さん・「自由と生存の家」Kさんたちの出演する音楽劇を楽しく観させていただきました。
このときの様子は映像作家・早川由美子さんがビデオ撮影していましたので、いずれネットでも動画公開されるのかもしれません。
上演終了後、早川由美子さんと共に増山麗奈さんに会いに行きました。
この日、増山麗奈さんは「9 移動支援フォーラム」ブースの一部を間借りして絵・本・似顔絵の販売をしていました。
なぜ早川由美子さんと私が増山麗奈さんのところに行ったのか?
それは早川監督のドキュメンタリー映画『ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1』上映会を、増山麗奈さんがパートナーの志葉玲さん(フリージャーナリスト・「イラク戦争の検証を求めるネットワーク」呼びかけ人)と共同経営する多目的ギャラリー「ネコノマ」(東京・新宿)で行ないましょうという話が進んでいたためでした。
この早川由美子監督を囲む会@ネコノマは11月後半に開催されるそうです。
日時・詳細が決まりましたら、「喜八ログ」でもお知らせします。

その後は「A 住まいの貧困」から「Q 子どもの貧困」まで文字通り全ての分科会を覗いて歩きました。
どうも私は一箇所にじっとしているのが苦手なんですね。
これは子供の頃からの習性です。
ずっと後に母親から聞いたところでは、私が小学生の頃、担任教師から「喜八くんはあまりに落ち着きがないので特殊学級編入も考えてみては?」なんて脅しめいたことを言われたこともあったとか。
ただ、私は成績が比較的良かったので「特殊学級編入」は沙汰止みになったそうです。
さて10/16「反貧困世直し大集会2010」に話は戻ります。
様々な分科会の中で私がもっとも心惹かれたのは「J 自殺対策(多重債務と自殺)」でした。
居場所・デモ・集会・勉強会などで時々顔を合わせる人たち、私が日頃から好ましく思っている人たちが何人か発言されていました…。


デモ隊

大集会終了後16時過ぎからデモも行なわれました。
写真は原宿・表参道を行くデモ隊の様子です。
無所属の私は「住まいの貧困」集団に入れてもらいました。
ここは「もやい」つながりの知人が多かったので、いちばん混ぜてもらいやすかったのです。
正直に言って「これくらい統一感のないデモ隊は初めてだ!」と思いましたが(笑)、じつは私はそういうのこそが大好きなのでした。
とはいえ。
当エントリも長くなり私もバテて参りましたので、尻切れトンボ的ではありますが、この辺で終わらせていただきます。
お粗末でございます(噺家=落語家ふうに…)。


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2010年10月18日 12:00

« 「国際オペレータ通話廃止問題」に関するツイート(その3) | メイン | 早川由美子監督を囲む会ゲスト決定!(東京・高円寺、10-24) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4148

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「反貧困世直し大集会2010」(報告):

» ノーベル平和賞の背後にある、欧州勢力の対中国戦略は? from 日本を守るのに右も左もない
中国の民主活動家・劉暁波氏にノーベル平和賞授与が決定した後、中国政府が強く反発している。それに対して、世界のマスコミ報道は、中国は言論弾圧の厳しい反・民主主義国... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年10月18日 21:40

» 京都妖怪探訪(60):“京の人形寺”宝鏡寺 from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(旧館)
[画像]  『京都妖怪探訪』シリーズも、今回でついに60回を迎えました。  その60回目となる今回は、“京の人形寺”と呼ばれる宝鏡寺をとりあげます。  ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年10月19日 00:48