【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「小西修ゲリラ写真展 多摩川の猫 河川敷に生きる面貌-9」(11-27) | メイン | 「KDDI抗議集会&デモ」(東京、12-03) »


2010年11月21日

一転、派遣法審議入り~「ハケンのホント」の嘘

女性のメーデー WOMEN'S WALKING MAYDAY 2010.5.16


派遣法改正案・国会審議入り」に関する「女性と貧困ネットワーク」からのお知らせを転載させていただきます。

★転載開始★

(下記転載歓迎)

派遣法審議入り断念と報じられた、派遣法が、一転審議入りが決定した模様です。
ACW2《働く女性の全国センター》としては、みなし雇用規定の問題は、現行法より後退、規制緩和との認識、専門26業務は政令で規制の方向で見直すこの二点は、これ以上規制緩和にならないように、野党の反撃で、後退しないように見張らないと危険かもしれません。

人材派遣協会作成の、「派遣のホント」というとんでもない嘘の資料に対抗して「派遣のリアル(※改定中)」という資料を一様完成させて、今、「怒るACW2派遣のワーキンググループ」で修正中です。国会議員にいっせいに送ろうと思います。


************下記「日経新聞」転載
民・社・国幹事長、派遣法改正案の審議入りで合意@日経新聞

2010/11/17 19:32 民主党の岡田克也、国民新党の下地幹郎、社民党の重野安正の3幹事長は17日、国会内で会談し、社民党が求める労働者派遣法改正案の今国会の審議入りで合意した。国民新党が重視する郵政改革法案については、民主党側が22日までに成立に向けた今後の日程を示すことで一致した。
3党幹事長会談は10月から国民新、社民両党が求めていたが、民主党側が応じていなかった。野党が仙谷由人官房長官や馬淵澄夫国土交通相らへの問責決議案の提出を検討するなど対決姿勢を強めていることを受けて、民主党が国民新、社民両党に歩み寄った格好だ。
下地、重野両氏は今国会の会期延長を視野に入れて労働者派遣法改正案と郵政改革法案を成立させるように要請。岡田氏は会期の延長や成立については明言を避けた。重野氏は会談後、記者団に「実現に向けて一歩、足を踏み込んだ」と語った。
これに関連し、国民新党の亀井静香代表は17日の議員総会で「2法案を今国会で成立することは、菅直人首相の政治生命が懸かっている」と指摘した。

************「日経新聞」転載ここまで

(転載ここまで)

★転載終了★


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2010年11月21日 20:00

« 「小西修ゲリラ写真展 多摩川の猫 河川敷に生きる面貌-9」(11-27) | メイン | 「KDDI抗議集会&デモ」(東京、12-03) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4200

このリストは、次のエントリーを参照しています: 一転、派遣法審議入り~「ハケンのホント」の嘘:

» 買収が増えれば日本経済は復活する?? from ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ
Tweet http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51498199.html 池田信夫氏のブログか... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年11月22日 04:49

» 京都妖怪探訪(69):“生の六道”嵯峨・薬師寺(その3) from 小路のヲタク草紙
[画像]  前々回との続きで、“生の六道”こと、嵯峨・薬師寺の話です。  普段は非公開のこの寺も、年一回、8月24日の「地蔵盆」の日だけは一般公開されます... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年11月22日 17:08