【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「猫」に関するツイート(2) | メイン | 早川由美子監督『ブライアンと仲間たち』上映会(東京・新宿、11-20) »


2010年11月04日

「国際オペレータ通話復活と不当解雇撤回を求めるシンポジウム」(東京・市ヶ谷、11-05)

auボイコットキャンペーン 有楽町編


国際オペレータ通話復活と不当解雇撤回を求めるシンポジウム」が、2010年11月05日(金)18:30~、東京・市ヶ谷の「自治労会館」6階会議室《アクセス》で開催されます。

派遣ユニオン ブログ」からシンポジウム情報を転載させていただきます。

11/5 国際オペレータ通話復活と不当解雇撤回を求めるシンポジウム
《2010/》9/30、国際オペレータ通話の大半のサービスが廃止され、国際オペレータが一斉に解雇されました。
国際オペレータ通話の公共サービスとしての重要性、観光立国をめざす日本における重要性、そして国際オペレータの解雇の不当性をテーマにシンポジウムを行います。
国際オペレータ通話廃止で受ける利用者の被害を寸劇で披露します。
ぜひご参加ください。
国際オペレータ通話復活と不当解雇撤回を求めるシンポジウム
日時: 《2010/》11/5(金) 18:30~
場所: 自治労会館 6階会議室
(千代田区六番町1 交通アクセス


以下は「国際オペレータ通話ってなんだろう?」という方へのミニ解説です。

国際オペレータ通話」とは、生身のオペレータ(交換手)が24時間態勢・日本語対応でお取次ぎする国際電話サービスです。
現在、日本では「KDDI」ただ一社がサービスを提供しています。

国際電話の場合も今は「直通ダイヤル(001-010など)」が多く利用されていますが、「国際オペレータ」を必要とすることも少なくありません。

実際「先進国」と呼ばれる、たとえば「G8」参加諸国で国際オペレータを廃止した国はありません。
国際オペレータ通話がないのは、交戦中の国や政情不安定など一部の国々だけだそうです。

それにもかかわらず。
KDDI」は「国際オペレータ通話」のほとんどのサービスを2010年09月30日をもって廃止し、それまで勤務していた国際オペレータ50人を全員解雇しました。
命綱」としての「国際オペレータ通話」の多くのサービスが、顧客と国民を無視して、通信弱者を切り捨てて、一方的に廃止されてしまったのです。
このままでは、日本社会・国家の在り方が大きく歪められ、将来に大きな禍根を残すことになってしまいます。


KDDI」と子会社「KDDIエボルバ」による一方的な労働条件切り下げ・パワハラ・《きわめて悪質な》セクハラなどの不当労働行為・人権侵害行為と、それに対して敢然と戦ってきたユニオンの歴史を解説します。

2006年08月30日、「KDDIエボルバ」は国際電話オペレータ(多くは時給制契約社員)に対して (1)交通費の支給廃止 (2)1年契約を3ヵ月・6ヵ月の細切れ契約に (3)深夜勤手当2000円を400円に (4)朝7時出社の早朝手当400円を200円に減額 (5)24時帰り手当1500円を廃止するなど、労働条件の不利益変更を一方的に通告してきた。

会社からの一方的労働条件切り下げに対抗するため、2006年11月24日、「KDDIエボルバユニオン」が結成された。

その後、会社側はユニオンの書記長やメンバーを個別に呼びつけた上での拘束・問質・恫喝などパワーハラスメントをたびたび繰り返すようになる。

2008年07月28日、「KDDI」は「国際オペレータ通話、ジャパンダイレクトを2010年03月31日をもって廃止」と発表(※いわゆる「組合つぶし」の可能性が高い)。

2009年09月11日には「KDDI」の部長(男性)による契約社員(20代女性)に対するセクシュアルハラスメント事件が発覚した。
「KDDI」部長が「言うことを聞かなければ長期契約が危うい」と思わせ、派遣スタッフをホテルに連れ込み性的関係を迫ったというきわめて悪質なセクハラ事件である。
と同時に違法な「二重派遣」が行なわれていたことも発覚。

これらの不当労働行為に対して「KDDIエボルバユニオン」は東京都労働委員会への斡旋《あっせん》申請・団交・抗議行動・街宣・署名運動・議員会館での3回にわたる院内集会・原口一博総務大臣に面会して陳情などの活動を粘り強く続ける。

その結果、2010年02月25日、「KDDI小野寺正社長(当時)は「2010年04月01日以降も国際オペレータ通話サービスを継続することを正式に決定した」と原口一博総務大臣に伝えることになった。これにより、いったんは「国際オペレータ通話」存続が決定した。

それにもかかわらず、2010年09月30日付けで「KDDI」は東京・新宿の国際電話センターで勤務していたオペレータ50人全員を解雇し、一部のサービスを残して国際電話センターを沖縄に移転した。「KDDI」はこのような陋劣な手段をもって「祖国への命綱」としての「国際オペレータ通話」をなし崩し的に廃止するのだろうか?


KDDI」と子会社「KDDIエボルバ」は「国際オペレータ通話サービス」を健全な形で復活させてください!



auボイコットキャンペーン飯田橋編


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2010年11月04日 19:00

« 「猫」に関するツイート(2) | メイン | 早川由美子監督『ブライアンと仲間たち』上映会(東京・新宿、11-20) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4174

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「国際オペレータ通話復活と不当解雇撤回を求めるシンポジウム」(東京・市ヶ谷、11-05):

» 西横綱『全国民を勝負師に』VS東横綱『日本の乗員を中国が銛で突いた』 from 逝きし世の面影
『小さい頃からギャンブルを。国民を勝負師に』大阪府知事 大阪府の橋下徹知事は28日、カジノの合法化をめざす国会議員らを招いた「ギャンブリング*ゲーミング学... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年11月05日 09:33