【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「国際オペレータ通話復活と不当解雇撤回を求めるシンポジウム」(東京・市ヶ谷、11-05) | メイン | 「国際オペレータ通話の復活を求める決議」に賛同します »


2010年11月06日

早川由美子監督『ブライアンと仲間たち』上映会(東京・新宿、11-20)

映画"ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1"予告編


ドキュメンタリー映画『ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1(※)鑑賞会が監督の早川由美子さんをお招きして行なわれます。
日時は2010年11月20日(土)午後2時~
会場は東京・新宿の多目的ギャラリー「ネコノマ」です。

(※『ブライアンと仲間たち』は英国の平和活動家ブライアン・ホウ氏らの奮闘を描いた映像作品。2009日本ジャーナリスト会議新人賞受賞)


ネコノマ」ブログから11/20上映会情報を転載させていただきます。

★転載開始★

↓転送・転載歓迎です(^^)

☆★映画監督早川由美子さんと語る「ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1」☆★

日時:《2010年》11月20日(土) 午後2時から映画上映~ (開場午後1時半)
会場:ネコノマ(東京都新宿区富久町33-3 猫の家1階)
地図:http://bit.ly/cF06kx
ドキュメンタリー映画上映:『ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1』(日本ジャーナリスト会議新人賞受賞作品)

帰りません
この戦争が終わるまで
~8年以上国会の前に居続ける男、ブライアン・ホウ~

イギリス反戦活動のシンボルとされるブライアン・ホウ(Brian Haw)氏と彼のサポーターたちを、約1年半に渡って追い続けたドキュメンタリー映画。ロンドン・国会の前の広場にテントを張って8年以上1日も休まずテロ撲滅戦争に反対するブライアン。映画は、ブライアンと彼のサポーターたち(シングルマザー、半世紀以上反戦活動を続けるおじいさん、エキセントリックな人形アーティスト、元労働党内閣の政治家など)のインタビュー映像を交え、権力の圧力により表現の自由が脅かされている現状と、ユーモアあふれる精神で対抗する人々の姿を伝える。

早川由美子監督のプロフィール
東京都出身。成蹊大学法学部、London School of Journalism 卒業。会社員を経て2007年に渡英。ロンドンでジャーナリズムを学ぶ傍ら、反戦活動家 Brian Haw 氏らと出会い、彼らを記録することを決意。ロンドン各地のあらゆるデモ活動に参加、撮影した経験を持つ。本作品は、初監督作品である。
詳細 http://www.brianandco.co.uk/

上映後語り:早川由美子監督
聞き手:増山麗奈(画家)、志葉玲(ジャーナリスト)
主催:多目的スペース/ギャラリー「ネコノマ
参加費:1000円(ワンドリンクつき)
お問い合わせ:ネコノマ 050-1283-2309

*本イベントでは、ツイッターによる「つぶやき実況」を行います。
 ご質問等も可能な限り受け付ける予定です。
 http://twitter.com/nekonoma_

★転載終了★


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2010年11月06日 08:00

« 「国際オペレータ通話復活と不当解雇撤回を求めるシンポジウム」(東京・市ヶ谷、11-05) | メイン | 「国際オペレータ通話の復活を求める決議」に賛同します »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4176

このリストは、次のエントリーを参照しています: 早川由美子監督『ブライアンと仲間たち』上映会(東京・新宿、11-20):

» 中国漁船拿捕のビデオ流出と「転び公妨」 from 逝きし世の面影
2009年就役の最新鋭の拠点機能強化型巡視船「よなくに」(1349トン) 『衝突事件ではなく漁船拿捕事件』 日本のマスコミ報道では中国漁船『衝突事件』... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年11月07日 09:50

»  アフガンに自衛官派遣検討=医・看護官、米の要請受け―政府 from 政治
アフガニスタンに自衛官を派遣することには反対です。 医療が必要ならば、民間の医療団体を支援した方が効率的だと思います。 アメリカに追随して軍隊を派遣すれば新たに... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年11月07日 11:29

» 京都妖怪探訪(64):番外編その1・京都市内を安く回る交通手段 from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(旧館)
[画像]  『京都妖怪探訪』シリーズも、60回を超えた今回は、番外編と称して特別な回とします。  今まで京都市内(及びその周辺)にある様々な妖怪スポットや... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年11月08日 06:06