【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「国際オペレータ通話の復活を求める決議」に賛同します | メイン | 「生きづらさ」についてのツイート »


2010年11月09日

猫のイラスト展「和猫絵巻」(東京・高円寺、11-19~12-01)

「和猫絵巻」猫の市 ~四人展~ 篠原知子・菅野ゆう・琴坂映理・おおやぎえいこ


猫のイラスト展「和猫絵巻 猫の市」が東京・高円寺の「猫雑貨&猫ギャラリー 猫の額」で開催されます(会期 : 2010年11月19日~12月01日)。

《2010年》11月19日~12月1日
琴坂映理篠原知子
菅野ゆうおおやぎえいこ 四人展
和猫絵巻「猫の市」
今年の「和猫絵巻」は年の瀬・年明けの冬をテーマにした「猫の市」です。
人の世も忙しない年の瀬ですが、猫の世界も同じみたいですね。
どんな市が立つのか楽しみです。

昨年(2009)も高円寺「猫の額」で「和猫絵巻」4人展を拝見させていただきました。
展示されたイラストは可愛らしく、「猫雑貨&猫ギャラリー」は様々な猫グッズが溢れていて、とても楽しい雰囲気でした。
今年もふらりと訪問したいと思います~。


ところで。
高円寺「猫雑貨&猫ギャラリー 猫の額」のオーナーさんは、以下で紹介する小西さんたちの野良猫パトロールを応援されています。

小西美智子・修夫妻は20年にわたって多摩川沿いの猫・犬・うさぎ・野宿状態にある人の支援を続けられています。
飯田基晴監督のドキュメンタリー映画『犬と猫と人間と』(2009年公開)にもご夫婦で登場されています(登場人物紹介ページ)。
また、2009年03月にNHK教育テレビで放映された『ひとりと一匹たち 多摩川・河川敷の物語』にも出演されています。
これはその後3度にわたって再放送されるほど注目を集めた番組です。

小西修さん(本業は広告カメラマン)の写真展「多摩川の猫 - 河川敷に生きる面貌 -3-」は「NPO法人自立生活サポートセンターもやい」の「こもれび荘」(東京・飯田橋)でも昨年(2009)春に開催されました。
「もやい」スタッフの或る方が小西さんご夫妻が出演した映画『犬と猫と人間と』を観て感銘を受け、「こもれび荘」での写真展開催を即断されたそうです。
なお、飯田基晴監督には「もやい」のコーヒー焙煎《ばいせん》事業を描いたビデオ作品『今日も焙煎日和』(2007)もありますから、その方面の「縁」もあったのだと思います。

私(喜八)は小西修さんの写真展を見に行ったことをきっかけとして「こもれび荘」に出入りするようになり、なんとなく周縁的に「もやい」と関わりつつ、現在に至っています。
たぶん、この野良猫写真展がなかったら、私と「もやい」の間に「縁」は生じなかっただろうと思います…。
時間的な順序が逆になりますが、小西さんとは(たぶん)6年ほどにインターネットを通じて知り合い、2007年06月に東京立川で開催された小西さんの写真展を訪れたとき初対面し、その後ぼちぼちとお付き合いさせていただいています。
今月(2010年11月)下旬には小西さん主催イベントも予定されていて、私もお手伝いに参上します。

と、以上が小西修さんと「猫の額」と「もやい」と私(喜八)のゆる~いつながり縁起(?)でした。
今後も小西さんご夫妻の「TAMA猫」活動を(非力ではありますが)応援させていただきます!


TAMA猫基金

TAMA猫基金について
(「小西修の動物ドキュメンタリーBLOG」2009-03-06)

ご支援について
(「小西修の動物ドキュメンタリーBLOG」2009-03-10)

TAMA猫 Shop

野良猫グッズの売上は多摩川の河川敷で暮らす猫・犬・うさぎ・人たちの支援に使われます(※アフィリエイトではありません)。


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


投稿者 kihachin : 2010年11月09日 12:00

« 「国際オペレータ通話の復活を求める決議」に賛同します | メイン | 「生きづらさ」についてのツイート »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4180