【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「渋谷・宮下公園ナイキ化問題」に関するツイート(6) | メイン | 講座「暴力と女性の貧困」(東京・大崎、11-26) »


2010年11月14日

新宿西口反戦意思表示

新宿西口反戦意思表示
JR新宿駅西口地下広場(2010-09-11)


上の写真で「NO WAR」のプラカードを持っているのは私(喜八)です。
平和活動家の大木晴子さんが撮影してくれました(大木さんの関連ページ)。
実物の私より結構「写り」がいいので、お気に入りの写真です(笑)。

2010年09月11日(土)、午後6時過ぎの東京・JR新宿駅西口地下広場。
有志の人たちとともに、ささやかな反戦平和活動をしているところです。
上の写真には私しか写っていませんが、近くに他の方たちもいます。
各人がそれぞれの思いを込めたプラカード等を持って一定時間立ち続けます。
これを「スタンディング」あるいは「サイレントデモ」というようです。


新宿西口反戦意思表示」は2003年イラク戦争時に開始され、いまも毎週土曜日午後5時~7時に実行されています(午後5時から6時までは地上・小田急デパート前、6時から7時は地下広場・交番付近)。
参加する・しないはそれぞれの自由で、途中参加・途中退出も自由です。
特定の団体が母体となっているわけではなくて、あくまで個々人の集まりです
政治的・思想的な立ち居地は皆さんバラバラです。
常連メンバーの中にはカトリックのシスターもいらっしゃいます。
その自由度の高さに惹かれて、私もときどきフラリと訪れて、混ぜてもらっています(昨年から参加し始めた新参者です)。


この日はたまたま通りがかったアフリカ系青年(写真右端)が一眼レフデジカメで私の写真を何枚も撮ってくれました。
彼とは「hello」と、お互い笑顔で挨拶を交わしたくらいでした。
特に会話をすることもなかったので、なぜ彼が私の写真を撮影したのかは分かりません。
もしかしたら彼は兵役経験があって、そのため戦争や軍隊に強い嫌悪を覚え、平和を強く望むようになったかな~」なんて想像をしました。

ちなみに「NO WAR」プラカードは外国の方にはやはり「受け」がよいようです。
この翌週には女子中学生(白人およびヒスパニック)の多人数グループが通りかかり、そのうちの数人がコンパクトデジカメで写真を撮ってくれました。
彼女たちには「Thank you」と cool に(?)お礼を述べました。
まあ、それだけの話なのですが、ささやかに嬉しいできごとでありました…。


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2010年11月14日 08:00

« 「渋谷・宮下公園ナイキ化問題」に関するツイート(6) | メイン | 講座「暴力と女性の貧困」(東京・大崎、11-26) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4188

このリストは、次のエントリーを参照しています: 新宿西口反戦意思表示:

»  関西文化の日 from 政治
今年も「関西文化の日」が開催されています。 11月20・21日を中心に関西の沢山の美術館・博物館等が無料開放されますので この機会に是非気軽に足を伸ばしてみて下... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年11月14日 11:06