【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【直前情報!】11/20新宿「ネコノマ」映画&トークの会 | メイン | 一転、派遣法審議入り~「ハケンのホント」の嘘 »


2010年11月20日

「小西修ゲリラ写真展 多摩川の猫 河川敷に生きる面貌-9」(11-27)

小西修ゲリラ写真展
小西修ゲリラ写真展 多摩川の猫 河川敷に生きる面貌-9


小西修ゲリラ写真展 多摩川の猫 河川敷に生きる面貌-9」が、神奈川県川崎市中原区河川敷「丸子橋」の下地図)で、 2010/11/27(土)午前11時~日没まで行なわれます(雨天決行)。

小西修ゲリラ写真展 多摩川の猫 河川敷に生きる面貌-9
2010年11月27日(土)
11:00~日没まで ( 雨天決行 )
《神奈川県》川崎市中原区河川敷:丸子橋下
東急東横線「新丸子駅 東口 徒歩13分」
写真展会場までの地図

※当日は私(喜八)も手伝いに行きます~!


小西美智子・修夫妻は20年にわたって多摩川河川敷に暮らす猫・犬・うさぎ・野宿状態にある人の支援を続けられています。

小西夫妻は飯田基晴監督のドキュメンタリー映画『犬と猫と人間と』(2009年公開)に登場されています(登場人物紹介ページ)。

2009年03月にNHK教育テレビで放映された『ひとりと一匹たち 多摩川・河川敷の物語』にも出演されています。これはその後3度にわたって再放送されるほど注目を集めた番組でした。

小西修さん(本業は広告カメラマン)の写真展「多摩川の猫 - 河川敷に生きる面貌 -3-」は「NPO法人自立生活サポートセンターもやい」の活動拠点「こもれび荘」(東京・飯田橋)でも2009年春に開催されました。「もやい」スタッフのUさんが小西さんご夫妻が出演した映画『犬と猫と人間と』に感銘を受け、「こもれび荘」での写真展開催を即断されたそうです。

飯田基晴監督には「もやい」のコーヒー焙煎《ばいせん》事業を描いたビデオ作品『今日も焙煎日和』(2007)もありますから、その方面の「縁」もあったのだと思います。

2010年11月13日(土)には「もやい・こもれび荘」2階会議室で飯田基晴監督『犬と猫と人間と』の上映会が行なわれました。


小西美智子・修さんたちの「TAMA猫」活動へのご支援をお願いします。

TAMA猫基金

TAMA猫基金について
(「小西修の動物ドキュメンタリーBLOG」2009-03-06)

ご支援について
(「小西修の動物ドキュメンタリーBLOG」2009-03-10)

TAMA猫 Shop

野良猫グッズの売上は多摩川の河川敷で暮らす猫・犬・うさぎ・人たちの支援に使われます(※アフィリエイトではありません)。


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


投稿者 kihachin : 2010年11月20日 20:00

« 【直前情報!】11/20新宿「ネコノマ」映画&トークの会 | メイン | 一転、派遣法審議入り~「ハケンのホント」の嘘 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4197

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「小西修ゲリラ写真展 多摩川の猫 河川敷に生きる面貌-9」(11-27):

» アメリカの医療がゆがんでいる理由 from ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ
Tweet 一般的には過度な市場機能の導入がアメリカの医療制度をおかしくしていると言われている。しかし、僕は本当にそうなんだろうか?という疑問を持ってい... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年11月22日 08:14