【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「生きづらさ」についてのツイート | メイン | 「渋谷・宮下公園ナイキ化問題」に関するツイート(6) »


2010年11月11日

「自由と生存の野菜市」(東京・四谷、11-14)

野菜市
(「自由と生存の野菜市」東京四谷三丁目、毎月第2・第4日曜開催)


自由と生存の野菜市(※)東京・四谷三丁目で、2010年11月14日(日)10:00~16:30、開催されます(主催「自由と生存の家」《地図》)。

(※「自由と生存の野菜市」は無農薬・減農薬野菜を地域の方に届けながら仕事作りを目指すプロジェクトです。「毎月2回、第2・第4日曜日」に開催されているほかイベント会場などでの出張販売も行なっています)


自由と生存の家」ブログから関連情報を転載させていただきます。

★転載開始★

11/14野菜市イベント

官製ワーキングプアを問う!講演会
「自治体が率先して解雇乱発で良いのか?非常勤公務員の解雇を告発する!」 
in自由と生存の野菜市

日時 2010年11月14日(日)13時より
講演 大竹太上さん(武蔵野市による解雇撤回求める訴訟原告大竹節子さんのお兄さん)
資料代 500円

場所 自由と生存の家(東京都新宿区愛住町3番 メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅より徒歩3分)
(行き方:消防博物館前を出て交番前を通り、次の角を右折、花屋前の小道を入る。《地図》)

問い合わせ先:osugikon@yahoo.co.jp まで
(同会場で有機・減農薬野菜直売会を開催します!10時~16時30分)

毎月2回実施中の自由と生存の野菜市。今回のイベントのテーマは官製ワーキングプアです。
各地の地方自治体は経費節減の名目で正規職員を減らし、非常勤職員、いわゆるパートアルバイト契約職員を増やしています。非常勤職員は低賃金で不安定な雇用であり官製ワーキングプアだという批判の声が高まっています。恒常的な仕事にも関わらず、多くの非常勤職員が働く実態を無視し、制度が、非常勤は臨時的な仕事につけるもので継続雇用は認めないというもので、日本政府も継続雇用は認めないというスタンスです。正規職員と同じ恒常的な仕事をしているのにも関わらず短期で雇い止めという事例が全国で後を絶ちません。
講師の大竹太上さんの妹さんである大竹節子さんは非常勤の嘱託職員として東京都武蔵野市で21年間も働いてきたにも関わらず2009年春に解雇され、解雇の撤回を求め裁判を続けています。今回、闘いの経過とその意味について語って頂きます。市民の暮らしを支えるはずの自治体職員がワーキングプアならば暮らしを支える自治体は実現しません。これは市民労働者全体の問題です。ぜひ皆さんもイベントにご参加下さい。

★次回以降の野菜市の予定 (11月21日のみ会場が違うのでご注意下さい
11月21日(日)場所:百人町ふれあい公園(最寄新大久保駅)東京土建まつりで出張販売 
11月14日(日)/11月28日(日)/12月12日(日) 場所:自由と生存の家

★転載終了★


自由と生存の野菜市」関連動画です。
突然ダイコンをプレゼントされ、目を白黒させる作家・雨宮処凛さんの姿も記録されています(01分50秒頃。レア映像?)。

自由と生存の野菜市 ワンストップ・ゲリラ売り!


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2010年11月11日 12:00

« 「生きづらさ」についてのツイート | メイン | 「渋谷・宮下公園ナイキ化問題」に関するツイート(6) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4183

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「自由と生存の野菜市」(東京・四谷、11-14):

» 流出ビデオの海上保安官と読売テレビとの同衾 from 逝きし世の面影
『菅民主党内閣打倒の擬似クーデター』 沖縄石垣島の海保本部から5日未明に流出した40分ビデオであるが、見た感想は『何でこの程度が非公開なのか』です。 内容... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年11月12日 10:46