【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 世田谷事件10年目の追悼の集い「ミシュカの森2010」(東京、12-10) | メイン | 「渋谷・宮下公園ナイキ化問題」に関するツイート(7) »


2010年12月10日

桐野夏生「男の作家が書く女って、みんな骨細」

『発火点』桐野夏生
桐野夏生対論集『発火点』文藝春秋(2009)

(※『発火点』を「Amazon」「楽天」「bk1」で購入する)


小説家の桐野夏生さん・林真理子さんが「女性の骨太・骨細」について大変興味深い発言をされています。
思わず抱腹絶倒させていただきました…。

桐野夏生対論集『発火点』文藝春秋(2009.09)から、お2人の発言を紹介します。

★引用開始★

桐野《夏生》 男の人が書く女って、みんな都合いいですよね。みんな骨細でね。

林《真理子》 そう、骨細(笑)。胸はあっても、要所要所が細くないとダメなの。骨太の大柄の女っていうのは、男性作家は絶対に書かないんだよ。

桐野 絶対に書かないんですよ、ほんとに。あれ腹立ちます。

 それでセックスのときも、すごく慎ましい女が、そのときだけすごく淫乱になって、自分の快楽を受け止めてくれて、という感じですよね。

桐野 「細い体がよくしなって」とか書いてある。

 男性作家って、女の人もその最中お腹を引っ込めたり、いろいろ考えたりしているのが見えないのかな。見たくないのかしら。

桐野 うーん、見えてないんじゃないの。腋毛剃ってきてるとかも。

★引用終了★

(※『発火点』を「Amazon」「楽天」「bk1」で購入する)


以下は「女性の骨太・骨細」に関する私(喜八)自身のツイートです。
いかにも「どうでもいい」ような個人的意見ではありますが…。

HTML(ul・li)生成は「Twilog」の「ソース取得」機能を利用しました。
各つぶやきの表記は上から順に「古→新」です。

  • 多数派男子目線による「美女」イメージ(?)】 なにはともあれ髪は長く、体格は骨細、声があまり大きくなく、自己主張はあまりせず、ファッションは至って保守的、といったところではなかろうか? なんて愚考します。なお、これは私(喜八)自身の好みを書いているわけではありません(断じて)。 posted at 2010-11-15 22:36:29
  • 私が抱く「美女」イメージ】 髪が短く、骨太で、声が大きく、自己主張が明確で、ファッションが奇抜(あるいは無造作)、なおかつ人間的に立派で知的な女性を「うわっ、凄い美人!」と感じることが多いのです。以上はシンプルな「本音の吐露」であります…(なお、特定の個人を指してはいません)。 posted at 2010-11-15 22:48:02
  • 髪が短く、骨太で、声が大きく、自己主張が明確で、ファッションが奇抜(あるいは無造作)、なおかつ人間的に立派で知的な女性》は決して少なくありません。一番スゴイ例を1人だけ挙げると、ガヤトリ・スピヴァクGayatri Chakravorty Spivak)。 posted at 2010-11-19 09:31:13
  • ガヤトリ・チャクラヴォルティ・スピヴァクの《画像》。 posted at 2010-11-19 09:58:45


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2010年12月10日 12:00

« 世田谷事件10年目の追悼の集い「ミシュカの森2010」(東京、12-10) | メイン | 「渋谷・宮下公園ナイキ化問題」に関するツイート(7) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4227