【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「生きづらさ」について一緒に考えよう!~自殺と貧困から見えてくる日本~(東京・四谷、12-14) | メイン | 12/19女性の暮らし 安心年越しホットライン【フリーダイヤル】 »


2010年12月15日

「渋さ知らズ大オーケストラ」コンサート(報告)

渋さ知らず大オーケストラ山谷堀広場コンサート」が、2010年12月12日(日)、東京都台東区の墨田公園で行なわれました。
なんとも凄い!凄い!コンサートでした!
その報告エントリです。


以下8枚の写真撮影は私(喜八)です。
写真はクリックしても大きくなりません。

スカイツリー(建設中)

会場に向かう途中で隅田川越しに「東京スカイツリー(建設中)」を撮影…。

今回の「渋さ知らズオーケストラ」屋外コンサート(主催 : 山谷労働者福祉会館活動委員会/山谷争議団・反失実)は、東京都墨田区の通称「空き缶・古紙持ち去り禁止条例」に反対する連続企画の大トリです。
墨田区では2010年10月01日から空き缶・新聞古紙の「持ち去り」に対して罰金(20万円以内)を課す条例が施行されました。
条例施行以後は区役所職員が、空き缶・新聞古紙を回収する人たちの写真を撮ったり、尋問をしたり、「ブラックリスト」を作成したり、「逮捕させるぞ!」と恫喝するなど、秘密警察まがいの人権侵害・暗黒弾圧のやり放題
墨田区のやり方は、どう考えても、間違っている!
貧しい人たちの生業および存在そのものを禁止し罰するような条例はおかしい!
憲法違反」の疑いがきわめて濃い悪質条例は即座に撤廃すべし!
というわけで、野宿者も定住者も、女性も男性も、老いも若きも幼きもこぞって、東京都墨田区の人権侵害・暗黒弾圧に対して「NO!」を言うべく、山谷堀広場に参集したのでありました。


「渋さ知らズ」コンサート1

いきなりですが「渋さ知らズオーケストラ」屋外コンサートたけなわ!
演奏者・ダンサー・舞踏家・観客がほぼ一体となって、踊りまくり歌いまくり演奏しまくり状態!
以下は「渋さ知らズ」公式サイトからの引用です。

【隅田公園山谷堀広場、12月12日】
渋さ知らズ大オーケストラ 隅田公園山谷堀広場にて
12月12日(日)
1:00 開場
2:00 集会・ライブ オーケストラ
立花秀輝/川口義之/SH/鬼頭哲/吉田隆一/北陽一郎/辰巳光英/高橋保行/ヒゴヒロシ/藤掛正隆/山本直樹/山口コーイチ/斉藤良一/大塚寛之/横沢紅太郎/関根真理/不破大輔/松本くん/東洋/しも/宝子/若林淳/すがこ/南加絵/他多数

↓こちらは「渋さ知らズ」ブログ掲載の写真群です。

12月12日、隅田公園山谷堀広場(Sanya)
(「2010 渋さ知らズ SHIBUSASHIRAZU」2010-12-14)


「渋さ知らズ」コンサート2

竹で組んだ足場上で天に向かって舞う舞踏家(足場の下には空き缶を入れたビニール袋の山)。
ステージ上で踊り続けるダンサー。
この世のものとは思えぬような、夢幻光景です。
私(喜八)も普段のキャラ(?)を忘れて、歌い踊りました。


人差し指とスカイツリー

たまたま撮影できた、人差し指とスカイツリーの対比。
ちなみに、この指はたまたま前にいた全然知らない方のものです。
一瞬のシャッターチャンスがあり「しめた!」と思いつつ撮影させていただきました。
次の写真解説で述べる《スカイツリー再開発で貧乏人を殺すな》につながります。


スカイツリー再開発で貧乏人を殺すな

コンサート終盤には、いくつものムシロ旗が登場しました。
写真のムシロ旗には《スカイツリー再開発で貧乏人を殺すな》と書かれています。
さて《スカイツリー》と《貧乏人》にどういう関係があるのか?
東京スカイツリー」は「電波塔としては世界一の高さ」を目指し、2008年7月14日に着工し2012年春に開業予定です。
墨田区が2008年01月に公表した「新タワーによる地域活性化等調査報告書」では年間来場者552.4万人、東京スカイツリーに併設される商業施設などを含めた開発街区全体での来場者数を年間2,907.9万人と試算しています。
つまりは地元こぞって「観光の目玉」と目論んでいるのでしょう。
もちろん、それ自体に異論は(まったく)ありません。
けれども。
「スカイツリー周辺に『ホームレス』がうろついているのは目障り」とばかりに、「空き缶・古紙持ち去り禁止条例(通称)」のような人権侵害・暗黒弾圧条例を施行し、《貧乏人》の生業および生存そのものを否定するような動きは許せない。
墨田区の陋劣なやり口には断固反対する。
それが《スカイツリー再開発で貧乏人を殺すな》というムシロ旗の文言に現れているのだと私(喜八)は思います。


ユリカモメの群れ

熱狂の「渋さ知らズ大オーケストラ屋外コンサート」も終演し、ほてった頭と身体を冷ますため、隅田川沿いを写真撮影しながら散策し、浅草方面に戻りました。
その途中で「鳥に餌やりおじさん」の給餌タイムに行き会いました。
写真はエサを待っているユリカモメの群れ。


大江戸丸

屋形船・三浦屋「大江戸丸」とスカイツリー。
「これも何かの縁だから、そのうち大江戸丸を借り切って、ぱーっと宴会でもするか!」と思いつつ撮影。
予算の都合で「屋形船借り切り宴会」が何時になるか分かりませんが…。
たぶん、そのうち実現するでしょう(と大きくでる)。


浅草花川戸交差点

東京都台東区浅草1丁目1番地付近の交差点。
花川戸交番付近から雷門通りを撮影。
右手に見える黄色いビルは有名な「神谷バー」です。
(そういえば「神谷バー」に最後に行ったのは、もう20年以上前になるなあ…)
今回の「渋さ知らず大オーケストラ山谷堀広場コンサート」(主催 : 山谷労働者福祉会館活動委員会/山谷争議団・反失実)には、1人で行ってきました。
会場では何人か知り合いの方々のお姿も拝見しましたが、お話したのはムキンポさん他1名だけ。
「単独行動も悪くない。これからも『ピン』で動く機会を意識的につくっていこう。1人でいる時にしか気づきにくいことも結構多い。当分は『常にアウェイの精神』だ~」なんて思いつつ、1人でひっそり帰りました…。


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2010年12月15日 12:00

« 「生きづらさ」について一緒に考えよう!~自殺と貧困から見えてくる日本~(東京・四谷、12-14) | メイン | 12/19女性の暮らし 安心年越しホットライン【フリーダイヤル】 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4235

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「渋さ知らズ大オーケストラ」コンサート(報告):

» 京都妖怪探訪(72):化野念仏寺(その2) from 小路のヲタク草紙
[画像]  前回からの続きで、今年8月24日に行われた化野念仏寺の「千灯供養祭」の記事です。  いよいよ、一般参拝者の「西院の河原」への入場がはじま... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年12月16日 21:37

» 日本は破綻しない。さぁ、オレ達の時代がやってくる from ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ
Tweet リフレ派、財政拡大論者はいつも楽天的だ。 いわく、国債を大量に発行しても問題はない。日本には大量に貯蓄がありその貯蓄で国債は十分に消化でき... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年12月17日 04:21