【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 綾屋紗月+熊谷晋一郎『つながりの作法』刊行記念トークイベント(報告) | メイン | 増山麗奈さんが個展を開催!(東京・新宿、01-30~02-05) »


2011年01月28日

根来祐さん映画上映&トークの会(東京・高円寺、02-19)

『HER STORIES』
HER STORIES根来祐監督(2010)


映像作家・根来祐さんが三世代の女性の生き方を描いたドキュメンタリー映画『HER STORIES』の上映会を行ないます。映画上映後は根来監督によるアフタートークもあります。

日時 : 2011年02月19日(土)19時~
場所 : 東京・高円寺素人の乱12号店
東京都杉並区高円寺北3丁目8-12 フデノビル2F 奥の部屋 (北中通り沿い斉藤電気店向かい)。最寄り駅:JR中央線高円寺駅下車徒歩7分
参加費 : 500円+1ドリンク(300円~)オーダーお願いします。
主催 : 山口静子(「女性と貧困ネットワーク」呼びかけ人)
協力 : 永瀬ユキMediRスタッフN・12号おおくら・喜八
連絡先 : kihachin7@gmail.com

HER STORIES』をきっかけにして、フロアの観客が自分自身のストーリーを語り、交流し会う場がつくれるとすばらしいと考えています。


根来祐監督による情報を以下に転載させていただきます。

★転載開始★

---------------------
HER STORIES』(2010年) 50min video
監督:根来祐(ねごろ ゆう)
日時:2011年2月19日(土)19時スタート (アフタートークあり)
場所:素人の乱12号店
参加費:500円+1ドリンク(300円~)オーダーをお願いします


――――――――――――――
あなたの生き方を、私は選ばない。
あなたがいるから、私はここにいる。
私・母・祖母…女の生き方をめぐる私的ドキュメンタリー
HER STORIES』を観て、まったり話します
――――――――――――――


私、36歳。20代の頃は「仕事が自分のすべて」と思い込み、摂食障害にもなった。現在はフリーの映像作家として、東京で暮らしている。
母、63歳。結婚、出産を期に幼稚園の仕事をやめ、専業主婦をしてきた。反対を押し切って上京した娘の人生を思うと、今も不安。
祖母、89歳。実の父が自分と母を捨てた後、日本有数の紡績会社で女工として働いた。茶道の先生を40年以上続けている。

異なる時代を生きてきた3世代の女たち。異なっていて、つながっている女たちの生き方を、まったりお話したいと思います。


自己紹介

根来祐

1972年岡山生まれ。映像作家。NPO法人市民メディアセンターmediR理事
キャバクラとクラブでの仕事を経て水商売案件の労働運動に関わる
性暴力サバイバーであり、元摂食障害者
ボーイズラブ(BL)等を愛好する腐女子
反暴力を掲げる「むらさきロード」共同代表

作品
97年「ゆらゆら」3min
2001年「そして彼女は片目を塞ぐ」52min 山形国際ドキュメンタリー映画祭 日本パノラマ入選
2003年「Tokyo Stupid Girls」
2010年「her stories」50min
・・・他多数

★転載終了★


スポンサードリンク


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


Amazon : アジア女性資料センター


投稿者 kihachin : 2011年01月28日 08:00

« 綾屋紗月+熊谷晋一郎『つながりの作法』刊行記念トークイベント(報告) | メイン | 増山麗奈さんが個展を開催!(東京・新宿、01-30~02-05) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4280

このリストは、次のエントリーを参照しています: 根来祐さん映画上映&トークの会(東京・高円寺、02-19):

» 京都妖怪探訪(85):雪の青蓮門院門跡・その1 from 小路のヲタク草紙
[画像]  京都の鬼門・比叡山を守護するなど、京都の霊的防衛の要として開山された比叡山。  その僧坊のひとつとして始まった青蓮院門跡。  『京都妖怪探訪』シ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2011年01月29日 21:28