【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「お前」は嫌い | メイン | 「当事者」に関するツイート »


2011年05月18日

ナーシングカフェ「当事者研究」の研究(報告)

ナーシングカフェ「当事者研究」の研究』が、2011年05月14日(土)、東京都文京区本郷の「医学書院」で行なわれました。
その報告エントリ…のようなものです。

≪ナーシングカフェ≫ 「当事者研究」の研究
日時:2011年05月14日(土) 13:00~18:00
会場:東京都文京区・医学書院 本社2階 会議室
定員:40人
受講料: 1500円 (資料代,茶菓代,消費税含む。当日受付でお支払いください)
当事者研究っていったい何?
べてるの家で始まった「当事者研究」は,いまや精神科領域を越えて多くの人の口に上るようになりました。でも,当事者研究っていったい何? 当事者研究ってどうやったらいいの? ――当事者研究に興味をもった援助者,研究者,当事者たちが一堂に会して,参加者の皆様と一緒に考えます。
特別ゲストに,石原孝二(東京大学大学院准教授・科学哲学),宮地尚子(一橋大学大学院教授・精神科医),熊谷晋一郎(脳性まひ当事者・小児科医),綾屋紗月(アスペルガー症候群当事者),上岡陽江(ダルク女性ハウス代表)ら多彩な方々をお迎えします。


以下2枚の写真撮影は喜八です。
2枚目の写真はクリックすると大きくなります。

「当事者研究」の研究(医学書院)

ナーシングカフェ「当事者研究」の研究』は午後1時開始・午後6時半くらいまで続きました(予定では午後6時終了)。

午後1時~
 オリエンテーション(医学書院編集者・白石正明さん)
午後1時10分~午後2時
第1部 べてるの家から
 向谷地生良さん&べてるの家メンバーによる
「当事者研究って何?」
午後2時20分~午後3時50分
第2部 ゲストの方々から
 各15分くらいで、「私の考える当事者研究」についてコメントを(※五十音順の登壇)。
綾屋紗月さん(アスペルガー症候群当事者)
石原孝二さん(東京大学大学院准教授/科学哲学・現象学)
上岡陽江さん(「ダルク女性ハウス」代表・精神保健福祉士)
熊谷晋一郎さん(脳性まひ当事者・小児科医)
宮地尚子さん(一橋大学大学院教授・精神科医)
午後4時10分~午後6時過ぎ
第3部 フロアとの討議を中心に
 ダラダラと。
(各部の間はカフェタイム。。。)


当事者研究の条件

2枚目の写真は第1部『向谷地生良さん&べてるの家メンバーによる「当事者研究って何?」』の際に撮影させていただきました(※クリックすると大きくなります)。
西坂自然(にしさか じねん)さん(当事者研究者・精神保健福祉士)が解説されていたので、西坂さんによりまとめられた「当事者研究の条件」なのかもしれません(詳細不明)。
向谷地生良さんは「『当事者研究とは何か?』を日々考え続け、更新し続けている」そうです。
また、「当事者研究は説明しづらい・マニュアル化しづらい」とも仰っていました。
ちなみに向谷地生良さんの第一印象は「キリスト教会の牧師のような人」でした。
実際には違うと思うし、私(喜八)はクリスチャンではありませんから、結構いい加減な印象ですが…。
ともあれ、当事者研究は「失敗してもいいから、とにかくやってみる」という一種「ゆるい」姿勢でいくのがいいのかな?なんて思いました(ただし、参加するみんなの安全は守るよう配慮しつつ)。


5/14『ナーシングカフェ「当事者研究」の研究』全体を通して印象的だった発言をメモしておきます。

向谷地生良(むかいやち いくよし/ソーシャルワーカー・「浦河べてるの家」理事)
専門家として『これだけは絶対に経験したくない』ということを経験しつくしてきた
『当事者研究とは何か?』を日々考え続け、更新し続けている
当事者研究は説明しづらい・マニュアル化しづらい


西坂自然(にしさか じねん/当事者研究者・精神保健福祉士)
『病気さん』が私を助けてくれる
言葉で語らないと、爆発や病気で語ることになってしまう


綾屋紗月(あやや さつき/アスペルガー症候群当事者)
他者に通じる言葉がほしい
なぜ語るのか? わかちあいたい、つながりあいたい、から


石原孝二(いしはら こうじ/東京大学大学院准教授/科学哲学・現象学)
『当事者研究』は精神医学・専門家を使いこなす。『患者/被験者』と『治療者/援者/研究者』の関係を変える


伊藤知之(いとう のりゆき/「べてるの家」当事者スタッフ)
人間とは語る動物ではないか?
語ることは業(ごう)


上岡陽江(かみおか はるえ 「ダルク女性ハウス」代表/精神保健福祉士)
絶望しつつ希望する
世間の思い込みは結局わたしたち自身の思い込み
人と出会うって不安じゃない? みんな今日ここに来るのをやめようと思わなかった?


熊谷晋一郎(くまがや しんいちろう/脳性まひ当事者・小児科医)
はっきり言って医者は大嫌い。そもそも信用していない(そういう自分も医者だけれど)
『痛み』についての当事者研究を『障害者自立生活運動』の先輩たちと行ないたい


宮地尚子(みやじ なおこ/一橋大学大学院教授・精神科医)
私(宮地)も当事者研究を毎日している
援助職の人は自分が当事者だとなかなか思えない。自己開示が難しい


(※追記『ナーシングカフェ「当事者研究」の研究』には知り合いの「カトリック新聞」記者さんもいらしていて、ちょっとだけお話もできて、幸いでした。また、昨年10月に代々木公園エノアールカフェで一度お目にかかったことがある方と偶然再会したのも嬉しい驚きでした。以上ささやか且つ私的なことですが記録しておきます…)


スポンサードリンク


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


Amazon : 上岡陽江


投稿者 kihachin : 2011年05月18日 12:00

« 「お前」は嫌い | メイン | 「当事者」に関するツイート »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4342

このリストは、次のエントリーを参照しています: ナーシングカフェ「当事者研究」の研究(報告):

» 米連邦債務、法定上限の14兆2940億ドル越え from 逝きし世の面影
『米国債発行限度の上限』2011年5月17日(火)ロイター 米連邦債務が16日、14兆3000億ドルの法定上限に達した。 共和党のライアン下院予算委員長は、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2011年05月19日 09:13

» 京都妖怪探訪(110):番外編・「カモ+カメ=カモメ!?」 @ 春の清水寺境内にて from 小路のヲタク草紙
[画像]  今回は番外編……というか、第107回から第109回までの清水寺めぐりのおまけです。  清水寺境内にある池での光景。  鴨と亀が仲良く並んでい... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2011年05月19日 13:50