【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「5.7原発やめろ渋谷デモ!!!!!!!」(報告) | メイン | ナーシングカフェ「当事者研究」の研究(報告) »


2011年05月15日

「お前」は嫌い

茶トラの猫(多摩川)
多摩川河川敷で暮らす猫(※以下の記事とは関係ありません)

お前」は嫌いです。

とはいえ。
この場合の「お前」は特定の誰かを指しているわけではありません。
なので、このエントリは誰かしらを感情的に弾劾(だんがい)するものではない(ここでガッカリした方もいらっしゃるかも…笑)。
人称代名詞の「お前」は嫌い。
つまり「人を『お前』呼ばわりすること(或いはわたしがされること)を好まない」という意味です。


それでは、信田さよ子さん(「原宿カウンセリングセンター」所長)の『選ばれる男たち 女たちの夢のゆくえ』講談社現代新書(2009.07)から「お前」呼ばわりに関する考察を引用させていただきます。

 なぜ女性たちは結婚したとたんに、「お前」などと呼ばれなければならないのだろう。原宿を歩いていると、若い男はしょっちゅう隣の女を「お前」と呼んでいるから、結婚しなくても親密な関係性が成立すれば男性は尊大になるのだろう。妻には命令口調でしか話さないという男性は多いものだ。
 このような上から目線は伝統的で粗暴である。言われた女性がよろこぶとでも思っているのだろうか。試しに、相手の男(夫)を「お前」と呼んでみよう。それで彼がよろこぶだろうか。たぶん、ひどく怒るか不機嫌になるに違いない。

たしかに、信田さよ子さんの指摘されている通りです。
若い男性が若い女性を「お前」と呼ぶ場面を街中・電車の中・お店の中などで目撃することは少なくないように私も思います。
またテレビドラマ・映画においても、若い男性が若い女性を「お前」と呼ぶのは流行(はやり)というかスタンダードになっているような気もします(わたしはあまりテレビを観ないので、もしかしたら間違っているかもしれませんが)。
若い男性に限らず、男性が女性・年下の男性・こどもを「お前」呼ばわりするのは「一般的」なのかもしれません…。

とはいえ。
冒頭にも書きましたように、「人を『お前』呼ばわりすること(或いは自分がされること)を好まない」わたしであります。
まあ、この辺は「主義」というよりは「趣味」の問題かもしれませんが。
ともあれ、人を「お前」と呼ぶのはわたしの好みに合わないのです。

というわけで基本的に相手が誰であれ「~さん」と呼ぶようにしています。
たいていは「苗字+さん」です。
特に女性を「名」で呼ぶことは滅多にありません。
つまり「花子さん(仮称)」というような呼び方は、かなり親しい間柄になっても、なかなかしない。
同様に「~ちゃん」づけもしません。
かのように、わたしは結構「堅苦しい」男です(笑)。

ただし過去の実例でいえば、恋愛関係にある女性から、
苗字ではなくて名前で呼んでくれ
花子さん(仮称)ではなくて、花子と呼び捨てにしてくれ
と依頼されたことはあり、その場合は(おずおずと)「花子(仮称)」と呼ぶこともありました(ずっと以前の話です…)。
この場合、内心では「花子さま(仮称)、あるいはいっそのこと『御寮人(ごりょうにん)さま』とでも呼ぶほうが自分の好みなのだが」と思いつつ、相手の方の方針に合わせているわけです。

とは、あくまで「趣味」の問題ですが…。
わたしは女性も男性も子どもも「お前」呼ばわりはしないし、基本的には「苗字+さん」で呼ばせていただく。
かなり親しい間柄の女性でも相手から要請されないかぎりは「名」で呼ぶことはしない。
および「~ちゃん」づけ・呼び捨てもしない。
ということを書きました。
まあ、こんなのは一種の「自己宣伝」ともいえますが…(汗)。
臆面なく書いておくことにしました。


スポンサードリンク

『選ばれる男たち 女たちの夢のゆくえ』信田さよ子
選ばれる男たち』信田さよ子、講談社現代新書(2009)

(※『選ばれる男たち 女たちの夢のゆくえ』を「Amazon」「楽天」「bk1」で購入する)


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


Amazon : 信田さよ子


投稿者 kihachin : 2011年05月15日 12:00

« 「5.7原発やめろ渋谷デモ!!!!!!!」(報告) | メイン | ナーシングカフェ「当事者研究」の研究(報告) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4340

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「お前」は嫌い:

» 東電メルトダウン発表で、メディアの「安全」宣伝もダウン from 逝きし世の面影
『福島第一原発1号機は底抜けらしい』 福島第一原発で一番事故対策が進んでいると言われていた1号機ですが、1時間当たり8トンもの大量の水を入れても本来の燃料棒... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2011年05月16日 09:52

» 京都妖怪探訪(108):地主神社のさくら祭 from 小路のヲタク草紙
[画像]  どうも。  また急に忙しくなりまして、しばらく更新を止めてしまいました。  私の職場は、連休とかほとんど関係なかったですねえ。  おかげで、もう... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2011年05月16日 20:14

» 京都妖怪探訪(109):“八坂の塔”法観寺 from 小路のヲタク草紙
[画像]  今回も前々回と前回の続きです。  清水寺の帰りに、「八坂の塔」と呼ばれて、法観寺に……というより、法観寺の五重塔の前に立ち寄ってきました。  ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2011年05月18日 18:46