【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 飯田基晴監督『犬と猫と人間と』上映会(神奈川・川崎、05-07) | メイン | 「女ビンボー祭 主役はわたしのつらさや不安」(東京・原宿、05-15) »


2011年05月08日

「猫の家」の引越し&新宿西口での意思表示(写真)

2011年04月30日(土)の「我が活動日記」…のようなものです。

  1. 「猫の家」引越し
  2. 新宿西口反戦平和意思表示


以下2枚の写真撮影は喜八です。
写真はクリックしても大きくなりません。

増山麗奈さん(右)と志葉玲さん

増山麗奈「今日中に引越し終わるかなあ?」
志葉玲「ちょっと厳しいかもね…」

04月30日(土)、増山麗奈さん(画家・「桃色ゲリラ」代表)と志葉玲さん(ジャーナリスト)のお引越しの手伝いに行きました。
東京都新宿区・東京医大近くの「猫の家」。
「猫の家」は増山麗奈さん・志葉玲さんの住居とアトリエおよび多目的ギャラリー&イベントスペース「ネコノマ」の総称です。

志葉玲さんに「喜八さん、引越し手伝ってくれない」と気楽に言われたので気楽に参加しましたが…。
これは手伝いに来た全ての人が「大変な引越しだ!」とコボすような本当に大変な引越しでした(笑)。
が、わたしは「ヘンな体験・風変わりな体験」が大好きなヤツなので、ヘロヘロになりつつも、引越し作業を午前9時半から午後5時半まで十二分に堪能させて頂きました。


元ギャラリー「ネコノマ」

奮闘の結果、引越し作業も進んでいきます。
2枚目の写真は多目的ギャラリー「ネコノマ」であったスペース。
ネコノマ」においては、
小西修さん(写真家)の多摩川に生きる猫写真展、
大木晴子さんに聞く新宿西口フォークゲリラ集会(1969)、
稲葉剛さん(「NPO法人もやい」代表)に聞く新宿西口地下ダンボール村(1990年代)、
綾屋紗月さん+熊谷晋一郎さんのトークセッション、
近くにある「自由と生存の家」とのコラボレーションイベント、
などなど(勝手に)企画を立てつつあった私ですが…。
残念ながら、「猫の家」(関西)移転とともに全ては立ち消えに…。
もっとも行動力に乏しい自分ですから、上記の企画が実現するには結構な時間がかかりそうではあったのですが…。


以下1枚の写真撮影は大木晴子(おおき せいこ)さんです。

喜八

引越し作業でヘロヘロになりつつも、夕方6時から新宿駅西口地下の雑踏で「反戦平和・脱原発の意思表示」をするわたしです。
といっても自分1人で行動しているわけではなくて、大木晴子さんたちの仲間に(ずうずうしく)混ぜてもらっています。
大木さんたちはイラク戦争開戦の2003年から毎週土曜日ごとに新宿西口で反戦平和意思表示をされ続けています。
そこに私が参加させていただいたのは2009年04月25日からです(ブログを書いているおかげで、日付はしっかり分かります)。
大木晴子さんのことを私が知ったのは、『ビッグイシュー日本版』販売者Mさんと音楽家で日本人イスラム教徒の女性ヤスミン植月千春さんを介してのことです。
そのお話はまた別の機会にということで(何度もおなじことを言っていますが…)。
ともあれ「3.11」以降は脱原発の意思表示をわりとマジメに行なっている私(喜八)です。



スポンサードリンク


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


Amazon : 増山麗奈


投稿者 kihachin : 2011年05月08日 12:00

« 飯田基晴監督『犬と猫と人間と』上映会(神奈川・川崎、05-07) | メイン | 「女ビンボー祭 主役はわたしのつらさや不安」(東京・原宿、05-15) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4335

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「猫の家」の引越し&新宿西口での意思表示(写真):

» 福島の汚染はチェルノブイリ原発事故の10/1ではなく10倍 from 逝きし世の面影
『比較すること自体、そもそも無理』 これは25年前に死んだ男(チェルノブイリ事故)と、生まれて1ヵ月半の赤ん坊(福島第1原発事故)がどちらが長生きして何を... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2011年05月09日 09:46

» 京都妖怪探訪(107):清水寺の不思議スポットいろいろ(その4) from 小路のヲタク草紙
[画像]  どうも。  また前回からしばらく間を空けてしまいました。    5月のゴールデン・ウィークとは言っても、今年はそのほとんどは仕事に追われてい... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2011年05月09日 20:16

» 米特殊部隊ビン・ラディン謀殺、真相と動機を考察する from 逝きし世の面影
『段々判って来た真相』 最初のマスコミ報道とは様相が大きく違い、最初から殺害を目的にしてCIAが指揮して米軍特殊部隊が半年前から訓練していて満を持して暗殺を... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2011年05月10日 10:23