【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「国際オペレータ通話復活と不当解雇撤回を求める KDDI抗議デモ」(東京・西神田、06-01) | メイン | 「生活保護法改悪に反対する!」厚労省前抗議行動(報告) »


2011年06月02日

大震災から3ヵ月 今こそ住宅・居住支援を! ~「住まいは人権デー」市民集会~(東京・渋谷、06-11)

住まいるチャンネル(2011年02月25日放送)


大震災から3ヵ月 今こそ住宅・居住支援を! ~「住まいは人権デー」市民集会~』が、2011年06月11日(土)13:30~16:30、東京都渋谷区・千駄ヶ谷区民会館で開催されます。資料代カンパとして500円が必要ですが《払える人のみ》だそうです。

当日はわたし(喜八)もお邪魔させていただこうと思っています…。


★転載開始★

********************
 大震災から3ヵ月 今こそ住宅・居住支援を!
  ~「住まいは人権デー」市民集会~
********************

と き: 2011年6月11日(土) 13:30~16:30(13:00開場)

ところ: 渋谷区・千駄ヶ谷区民会館・集会場(渋谷区神宮前1-1-10)
(JR山手線原宿駅より徒歩10分、地下鉄千代田線明治神宮前駅より徒歩8分)
地図
資料代カンパ: 500円(払える人のみ)


 東日本大震災から6月11日で3ヵ月が経ちます。
 私たちは大震災2週間後の3月25日に「住宅・居住支援についての緊急要請書」を
内閣と国土交通大臣に提出し、取り組みをすすめ、国から一定の回答を得てきました。

 しかし、被災者の住宅・居住支援は多くの分野で不十分なものにとどまり、「現状では
一命を取り留めた被災者の生命が脅かされる事態が続き、避難所の緊急改善とともに、
住宅の確保と居住の安定が何にもまして重要」(要請書のまえがき)である現実に直面
しています。
 こうした中、住まいは人権デー(毎年6月14日)に合わせて住宅・居住支援の抜本的
な拡充を各界、各方面に求める市民集会を開催するものです。
 ぜひご参加下さい。


《 主な集会内容 》

主催者挨拶 稲葉剛(住まいの貧困に取り組むネットワーク)


★ 〔第1部〕 《大震災3ヵ月、被災地の現状と住まいの問題》

(1) 映像から見る被災地の現状―まちと住まいは 
(2) 被災地の全体的状況と私たちがなすべきこと
(3) 女性をはじめ被災者の実状と支援について 
(4) 首都圏の避難所の実態と居住問題
(5) 被災地と借地借家の諸問題について、など

(報告テーマは仮題・予定)


★ 〔第2部〕 パネルディスカッション
《住宅・居住支援の実際と抜本的な拡充をめざして》

パネリスト:
新井信幸(東北工業大学工学部・講師)、
稲葉剛(自立生活サポートセンター・もやい代表理事)、
早川由美子(映画監督・住宅ドキュメンタリー映画・「さよならUR」制作者)

進行: 坂庭国晴(住まい連代表幹事、日本住宅会議理事)


★ 〔第3部〕 《住まいは人権》デモンストレーション

(会場から渋谷駅周辺まで・予定)


〔開催団体〕
日本住宅会議、住まいの貧困に取り組むネットワーク、国民の住まいを守る全国連絡会

〔連絡先〕
NPO住まいの改善センター ℡03-3837-7611 fax03-3837-8450

★転載終了★


 


スポンサードリンク


関連ページ


本の広告

『ハウジングプア』稲葉剛
ハウジング・プア』稲葉剛、山吹書店(2009)

(※『ハウジング・プア』を「Amazon」「楽天」「bk1」で購入する)


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


投稿者 kihachin : 2011年06月02日 12:00

« 「国際オペレータ通話復活と不当解雇撤回を求める KDDI抗議デモ」(東京・西神田、06-01) | メイン | 「生活保護法改悪に反対する!」厚労省前抗議行動(報告) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4359

このリストは、次のエントリーを参照しています: 大震災から3ヵ月 今こそ住宅・居住支援を! ~「住まいは人権デー」市民集会~(東京・渋谷、06-11):

» 携帯電話は悪魔の発明かもしれない from 逝きし世の面影
『携帯電話の電磁波と脳腫瘍』 WHOの専門組織『国際がん研究機関(IARC)』は2011年5月31日、『無線の電磁波によるがん発症の可能性』に関する報告書... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2011年06月03日 08:44

» 原発の「ゲ」の字も出ない不思議な不信任報道 from 逝きし世の面影
『日本のマスメディアの怪』 大手新聞各社は社説で、次の首相候補も替わりの政策も示さず不信任に走った今回の自民党を厳しく批判している。 ところが『他人のふんど... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2011年06月05日 08:04