【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「もやい」キャンドルナイトの写真 | メイン | 院内集会「急増する稼働年齢層の生活保護受給にどう対処すべきか-PART2-」(報告) »


2011年07月24日

映画『ホピの予言』上映会(東京・西麻布、07-26)

『ホピの予言』
ホピの予言』宮田雪(みやた きよし)監督(1986)


宮田雪(みやた きよし)監督のドキュメンタリー映画『ホピの予言』(1986)上映会が、2011年07月26日(火)19時~東京・西麻布の「音楽実験室 新世界」で行なわれます。
トークゲストは石橋行受さん(僧侶・日本山妙法寺)。
ライブゲストに石橋和子さん(シンガーソングライター)が登場します。
入場料は1200円+1ドリンク(600円~)です。

映画「ホピの予言」上映会  新世界西麻布 7/26
(Zouka Hirokuni Style)


蛇足ながら「喜八のひとこと」です…。

わたし(喜八)は今年04月22日に開催された「映画『ホピの予言』上映、お好み焼きパーティー&石橋和子出前コンサート」で、『ホピの予言』を初鑑賞しました。
期待していた以上に素晴らしい映画でした。

宮田雪監督『ホピの予言』は米国の核(原子力)開発によって多大な犠牲を強いられてきた先住民の姿を描いたドキュメンタリー映画です。

アメリカ南西部のユタ・アリゾナ・ニューメキシコ・コロラドの四つの州が交差する「フォー・コーナーズ」。
この地はアメリカ先住民であるホピ族・ナバホ族が暮らす土地でしたが、膨大な量の石炭・石油・ウラニウムなどの地下資源が発見されて以後は「世界のウラニウム・キャピタル」と呼ばれるような、アメリカ合衆国の核開発の心臓部に変貌してしまいました。

先住民族ナバホ族の人々はウラン採掘の場でまともな放射能対策もほとんどなく働かされ、当然の結果として被爆し、多くが癌を発症し命を落としてきました。

アメリカの核開発・原子力産業が最初の最初から弱い立場の人たちの犠牲の上に成り立ってきたダーティーなものであることを改めて痛感しました。

これらのことは 各種の文章で読んだことがあるのですが、映像で観ることにより、強い印象がありました。

と同時に「私たち日本人も先住民族ナバホの人たちと同じ立場にいるのではないだろうか?」という疑問がおこります。

東京電力原発事故により日々被爆を強いられている今の私たちこそ『ホピの予言』にふさわしい観客はいないだろうとも思うのです…。


映画「ホピの予言」上映会の詳細です。

(★転載開始★)

映画「ホピの予言」上映会  新世界西麻布 7/26

生花でのカーデコレーションなどでお手伝いしているエネルギーシフトパレードで「ホピの予言」の上映会を行う事になりました。

はじめて上映会を企画、準備しました。
今このときに大勢の方に観ていただきたいと思っています。

《※画像はクリックすると大きくなります》
『ホピの予言』上映会

2011年7月26日(火)
新世界 西麻布
http://shinsekai9.jp/
http://shinsekai9.jp/map/

18時開場 19時開始
入場料 1200円(ドリンク代¥600~)


「ホピの予言」(1986)は宮田雪(きよし)監督製作のドキュメンタリーです。

アメリカでネイティブインディアンの聖地が後にウラン、石炭等鉱物資源の採掘場所となり、強制移住させられ被曝労働の犠牲者となっていく様子を示しながら現代社会の病理の根源を問いかけます。

一見すると私たちの日本と関係なく思えるアメリカ先住民ホピに口頭伝承される偉大なる精霊の教えの中にいまの私たちの置かれた閉塞した現状について既視感を伴って共感する箇所が数多くあります。

これが四半世紀前に作られたことに衝撃を覚えることでしょう。


エネパレは311以降に顕在化した人の命や自然に優しくないエネルギー政策に疑問を持つ一般の市民が自然発生的に集いパレードを通じて世の中にアピールしてきました。

「ホピの予言」は、どこかの政治家や救世主ではなく自分たちの心の中にあるリーダーシップ、その可能性について強く気づかせてくれます。

デモで、パレードで、アートで、音楽で何が変わる?という問いに対しても踏み出す小さな勇気の訪れを待っている人々にも「念い」とか「決意」という素敵なギフトを届けてくれるのではないでしょうか?

真夏の夜、皆で映画「ホピの予言」を観て、感じた事を語り合いましょう!

そして希望を持ってエネルギーシフトパレードを歩きましょう!

Walk in beauty...


トークゲスト 石橋行受上人さま(日本山妙法寺)
       当時のビッグマウンテンウォークに参加され、生前の宮田監督との親交が深く昨年はピースウォーク「天地行」を敢行されました。

ライブゲスト 石橋和子さん
       音楽活動の根本にあるメッセージは「すべての武器を花と楽器に!」
       公式サイト http://kazuko-i.net

聞き手はBE INの 松尾憙澄(Yoshiaki)さんと小澤弘邦です。
トーク&ライブはUSTします。

http://www.enepare.org から

主催 エネルギーシフトパレード 上映会チーム http://www.enepare.org/post/7612543269/7-2
協力 911BE IN http://be-in-tokyo.net/


宮田雪(きよし)の主な脚本作品

テレビアニメ・・・ 「あしたのジョー」・「ルパン3世」・「海のトリトン」・ 「ムーミン」など

漫画・劇画原作・・・ 上村一夫: 「馬の首黙示録」・「さろめ」など

真崎守: 「環妖の系譜」・「雪女・白い伝説」など

水木しげる: 「ゲゲゲの鬼太郎ー犬神大戦記ー」・「ノストラダムスの大予言」・ 「耳なし芳一」・「東海道四谷怪談」

テレビドラマ脚色・・・ 「探偵物語」・「西部警察Part2」・「西部警察Part3」・「気分は名探偵」など

ラジオドラマ脚色・・・ 「シュナの旅」 宮崎駿原作

(★転載終了★)


スポンサードリンク


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


Amazon : 原子力発電


投稿者 kihachin : 2011年07月24日 12:00

« 「もやい」キャンドルナイトの写真 | メイン | 院内集会「急増する稼働年齢層の生活保護受給にどう対処すべきか-PART2-」(報告) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4400

このリストは、次のエントリーを参照しています: 映画『ホピの予言』上映会(東京・西麻布、07-26):

»  8.6ヒロシマ NO MORE ヒバクシャ みんなでウォーク from 政治
本ブログはこちらのウォークを応援しています。 平和記念式典終了直後、原爆ドームから開始されます。 みなさま是非ご参加下さい。 8.6ヒロシマ NO M... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2011年07月24日 15:07

» 原発安全神話、政官産学報権益ペンタゴン from 逝きし世の面影
『自民個人献金、72%が電力業界 09年、役員の90%超』 自民党の政治資金団体『国民政治協会』本部の2009年分政治資金収支報告書で、個人献金額の72・... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2011年07月25日 08:00

» 通商産業省原子力安全基盤機構の恐怖の炉心溶融シミュレーション from 逝きし世の面影
通商産業省の独立行政法人原子力安全基盤機構は3月11日の福島第一原発事故の前に、沸騰水型原子炉(BWR)マーク?型(福島第一原発1〜3号機)の全電源喪失・全... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2011年07月26日 10:35