【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 見るだけで幸せになれる(かもしれない)猫の福(ふく)ちゃん画像 | メイン | 渋谷区が「炊き出しつぶし」、生活困窮者を排除 »


2011年07月04日

「KAMUNA」福島復興支援コンサート at 上智大学(東京・四谷、07-06)

鐸木能光(たくき よしみつ/作家・作曲家・狛犬研究家・上智大学英語学科非常勤講師)さんがボーカルをつとめるギターデュオ+ピアノユニット「KAMUNA」が、2011年07月06日(水)午後6時~、東京・四谷の上智大学10号館講堂で「福島復興支援コンサート」を行ないます。
入場無料(カンパ歓迎、どなたでも入場できます 震災被災学生の学費援助に充てられます)》だそうです。

 たくき よしみつ(鐸木能光)
出生:1955年。福島県福島市。
住まい:福島県阿武隈山中 平屋プレハブと6坪の木造小屋(タヌパック阿武隈
首都圏の仕事場:6軒続きの木造モルタル長屋(タヌパック百合丘
かつての仕事場:新潟県川口町田麦山小高集落の家(タヌパック越後:中越地震で全壊・喪失
仕事:音楽(いちばんキャリアが長い)と文筆がメイン(のつもり)。
趣味:狛犬の研究と写真撮影。


(★転載開始★)

KAMUNA at SOPHIA 2011
↑クリックで拡大


KAMUNA ライブ at Sophia 2011

※2011年7月6日(水) KAMUNAが上智大学講堂にて「福島復興支援コンサート」を行います。

7月6日 開場17.30  開演:18.00 上智大学10号館講堂
入場無料、どなたでも入場できます(カンパ歓迎 震災被災学生の学費援助に充てられます)
出演:KAMUNA(たくき よしみつ Vo Gt・吉原寛治 Vo Gt・堺敦生 Key)

上智大学はJR、地下鉄四ッ谷駅下車徒歩3分。10号館は正門からまっすぐ進み、中央十字路を過ぎて右手奥。図書館の向かい側です。

たくき よしみつ Profile:1955年福島市生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒業。2000年より同学科非常勤講師として、毎年上智の教室で「KAMUNAライブ」を行ってきた。
2004年の中越地震で、終の棲家と決めていた新潟県川口町田麦山の家をなくし、同年末より福島県川内村に移住。
2011年3月11日、東日本大震災発生時も川内村の自宅にいた。翌日、福島第一原発1号機の爆発をテレビで見た直後に避難。直後から、国や県からの指示・情報がないまま孤立した川内村の現状を中央メディアやネット上に向けて発信。
3月26日に一時帰宅、4月26日に本格帰宅。以後、村内に留まり「あぶくま自然共和国構想」に参加。「福島宣言」草案準備など、現在は、仲間たちと「FUKUSHIMA」の復興・再生に向けて活動中。
WEB上の「阿武隈日記」は⇒こちら


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : 鐸木能光


投稿者 kihachin : 2011年07月04日 12:00

« 見るだけで幸せになれる(かもしれない)猫の福(ふく)ちゃん画像 | メイン | 渋谷区が「炊き出しつぶし」、生活困窮者を排除 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4382

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「KAMUNA」福島復興支援コンサート at 上智大学(東京・四谷、07-06):

» 『書いたら終わりだからな』松本復興相、新聞を恫喝 from 逝きし世の面影
6月27日の就任直後にサングラス姿で記者会見して物議をかもした暴力利権集団である部落開放同盟幹部と二足の草鞋の松本龍復興担当大臣。 その後にも『自民も公明も... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2011年07月04日 14:51