【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 早川由美子監督『さようならUR』上映とトークの集い(東京・高円寺、08-28) | メイン | 多摩川花火の写真(小西修さん撮影) »


2011年07月30日

小林登喜和シスターのご冥福を祈ります

小林登喜和シスター
「武力で平和はつくれない!」小林登喜和シスター(大木晴子さん撮影)


小林登喜和シスターベリス・メルセス宣教修道女会)が2011年07月28日に永眠されました。
小林シスターは、毎週土曜日に東京都・新宿西口で行なわれている反戦平和・脱原発意思表示のなかまです。
シスターのように90歳にして街頭で意思表示をするのは本当に素晴らしいことです。
バートランド・ラッセルを彷彿(ほうふつ)とさせる!」と、(写真のような)小林シスターのお姿を見ながら、思ったことがあります(※バートランド・ラッセル [1872-1970] は英国の哲学者。実践的な平和活動家であり、80代で逮捕されたなど、最晩年までデモや集会に参加した)。
シスターが持っているプラカードに写っているのは大木晴子(おおき せいこ)さんのおうちのジローくんです。
ジローくんは奇(く)しくも、シスターの亡くなられる3日前の07月25日、一足先に旅立ちました(大木晴子さんのジローくん記事)。

小林登喜和シスターと最後にお目にかかったとき(今年06月)「この1~2年ほど、自分(喜八)は非キリスト教徒でありながら、不思議な縁で多くのカトリックの人と知り合いになりました。Twitterを通じて知り合った猫なかま、野宿者支援・死刑反対運動・女性運動をされている方たち、『カトリック新聞』記者さん。また四谷の聖イグナチオ教会や上智大学でのシンポジウムなどに参加する機会も増えました」と我が体験を話したら、嬉しそうな顔をされていたのが印象的でした。
高齢のため少し耳が遠かったようですが、いたってお元気な様子でした…。

なかまを失うのはとても哀しいことですが、わたしもシスターのように勇気をもって常に実践を果たしながら年齢を重ねていきたいと改めて思います。
小林登喜和シスター、ありがとうございました。
あなたが新宿西口の雑踏に立ち平和を訴えられていた姿をけっして忘れません。
ご冥福を心より祈ります。


「新宿西口」のなかま・大木晴子さんによる関連記事です。

「Kシスターありがとう。」小林ときわシスターのご冥福を祈ります。

一日が長かった!11-07-29

ちなみに大木晴子さんはクリスチャン(プロテスタント)です。
大木さん・小林シスターと知り合ったころ(約2年前)を境にして、少なからぬキリスト教徒の人たちと縁が生じるようになったのかもしれない? と私(喜八)は思うことがあります…。


スポンサードリンク


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


Amazon : 原子力発電


投稿者 kihachin : 2011年07月30日 12:00

« 早川由美子監督『さようならUR』上映とトークの集い(東京・高円寺、08-28) | メイン | 多摩川花火の写真(小西修さん撮影) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4405

このリストは、次のエントリーを参照しています: 小林登喜和シスターのご冥福を祈ります:

» 原発村の度し難い「やらせ」体質 from 逝きし世の面影
『原発安全神話、政官産学報、既得権益鉄の五角形』 九電による『原発安全神話』やらせメールが発覚したと思ったら、やっぱり中部電力でも発覚。四国電力でも同じこ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2011年08月01日 08:37

» 京都妖怪探訪(123):祇園祭・2011年山鉾巡行 from 小路のヲタク草紙
[画像]  最近オフの方が公私共に多忙になってきましたこともありまして、更新が遅れがちになっておりますが、今回も祇園祭の話をします。  およそ半月遅れにな... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2011年08月01日 13:50