【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 本田哲郎さんに関するツイート | メイン | 「多摩猫オリジナルカレンダー2012」と猫の写真展情報 »


2011年10月14日

写真俳句「つゆ草」

WEB某所での俳句川柳短詩などなどのやり取りを記録するエントリです。

なお「俳風喜八亭」におきましては「書きっぱなし・読みっぱなし」が原則です。
批評・批判」といった無粋なものとは無縁であります…(^^


写真は「つゆ草(ツユクサ・露草)」です。
写真はクリックすると別ページFlickrに行き、少し大きくなります。

つゆ草

この写真に次の3人によって俳句・短詩・コメントがつけられました。


おおじろう よく、ヒマラヤの青いケシの色は人工的に作り出すのが不可能、ということになってますが、このツユ草の青は同じ色調だと思うのですが・・花は小さいけれど、きれいなブルーです。

喜八 つゆ草の写真を撮りながら、以前読んだことがある漫画・塩浦信太郎『紫つゆ草の手紙 原発は日本に何をもたらすか』中経出版(1987)のことを思い出していました。ネットで調べたら近所の図書館にあることが分かりましたので、今度借りて再読することにします(※現在、版元品切れになっているようです)。

石橋 行受 コトバ無く 青きツユ草 見つむるも

おおじろう 人知れず 路傍にありしツユ草の 青は空の賜物(たまもの)か

石橋 行受 繋ぐりゆく はてなる青の ツユ草は 空へ海へと 届きゆくまま

おおじろう 緑のスカート ツユ草は 青いリボンですまし顔

喜八 露草(つゆくさ)の 送る知らせは 脱原発 (※ちょっとリクツっぽい句でした…汗)

おおじろう いーえ、この辺の俳句、短歌などは季語無視、字余り歓迎等、まったく縛り無しの自由奔放がモットーですので芭蕉もあきれているでしょうが、どんどん行きましょう。

おおじろう この色は純色のブルーにほんの微量のシンカシャレッドを加えてホワイト・・かなぁ。すみません、職業病、出ました。

喜八 そうですね!「ヘタな反省、休むに似たり」ということで自由奔放にいきましょう~(^^ 《純色のブルーにほんの微量のシンカシャレッドを加えてホワイト》ですか。勉強になります。ありがとうございます!m(__)m

喜八 露草(つゆくさ)の 告げる言葉は 命(いのち)かな

おおじろう 花びらを 畳んで眠るツユ草は 明日も咲こうと 朝を待つ


スポンサードリンク


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


Amazon : 原子力発電


投稿者 kihachin : 2011年10月14日 19:00

« 本田哲郎さんに関するツイート | メイン | 「多摩猫オリジナルカレンダー2012」と猫の写真展情報 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4450

このリストは、次のエントリーを参照しています: 写真俳句「つゆ草」:

» 鉢呂大臣「死の町」辞任劇、アメリカンドリームがナイトメア(悪夢)に変る時 from 逝きし世の面影
『ドルvsユーロの通貨戦争』 今ドルとユーロの両方が崩壊寸前で、強欲資本主義のカタルシスが目前に迫っている。 国家をバックにしているから『通貨』は信用を得... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2011年10月15日 09:16