【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「弾圧」に関するツイート | メイン | マルティン・ニーメラーの警鐘(※いまの日本にこそ必要) »


2011年10月03日

多摩川の猫と花火大会の写真(その1)

先週末「多摩猫オフ会・花火大会編(多摩川河川敷で猫さんたちを愛でつつ花火を見物しつつお酒を飲む集い)」を行ないました。


以下7枚の写真撮影は喜八です。
写真はクリックすると大きくなります。

小西修さん写真展・新聞記事

10月01日の土曜日、都内・多摩川河川敷に設けられた某コミュニティスペースを訪れました。
この日開催された「多摩川花火大会」(川崎市主催)にあわせて花火を鑑賞しつつお酒を飲みましょうという趣旨の集いがあり、それに混ぜていただいたのでした。
猫なかまの卵かけ ごはんさんに今回もお誘いいただきました。
卵かけ ごはんさん、本当にありがとうございます!m(__)m

上の写真はコミュニティスペース入り口付近に展示されていた、フォトグラファー小西修さんの写真展情報と新聞記事です。

太田 威重×小西 修 写真展 『東京の猫 - かたわらの命』」
(2011-10-21~10-27、東京都・文京シビックセンター 1F ・アンテナスポット)

↑猫好きの方はぜひ見に行ってください。
ただし、小西修さんによると《きれぃ、かわぃぃ、癒しの》写真ではない、とのことです…。


仔猫

黒い仔猫。
ちびで目がちょっぴりショボついていますが、元気です。
ほかの猫たちと一緒にその辺を飛び回っていました。
このちびの黒猫くん、夜は某コミュニティスペース主催者の「多摩K」さん(年齢不詳のオジサン)といっしょに寝ているそうです。


縞猫

ネコさんたちに関して面白い体験をしました。
宴会会場にわたしが着いたとき、ほかの人たちはまだ誰も来ていなくて、管理人の「多摩K」さんは買い物に出かけていました。
そこにいるのは十匹ほどの猫たちとわたしだけ。
ただし…。
猫たちがほとんど姿を見せないのです。
数匹が用心深く距離をとって、こちらを伺っているのみ。
しばらくして「多摩K」さんが買い物から帰ってきました。
すると!
どこかに隠れていた猫たちがわらわらと姿を現し、そればかりかわたしの近くまでやってくるのです。
猫たちは「多摩K」さんの様子を見て、わたしのことを「これは安全な人間だニャ~」と判断して、ようやく出てきたのでしょう。
その変わり身の速さには驚かされました。
と同時に「それくらい用心深くないと、河川敷では生きていけないよなあ」とも思いました。
猫のような小さな動物を虐待するアホ人間、というのは普通に想像されているよりずっと多いのですから…。


茶トラ

ここの「女王」ともいうべき茶トラの子。
「多摩K」さんがもっとも可愛がっているニャンコでもあります。
たいへんに頭がよくて、愛情も深く、自分の子ではない孤児猫の面倒もよく見るそうです。


自転車

宴会開始まで時間の余裕があったので「水汲み」を申し出ました。
「多摩K」さんが管理するコミュニティスペースには水道はありません(ガス・電気もありません)。
生活用水は500メートルほど離れたところにある公共施設の水場から汲んできます。
「多摩K」さんの自転車をお借りして、ポリタンク(20リットル?)と焼酎容器(4リットル)を満タンにして、運んできました。
途中に舗装道路はまったくありません。
砂利道および草薮の中の小道ばかりですから、自転車で重い荷を運ぶのは、結構神経を使います(しかもわたしはトロいので…)。


宴会準備中

食事の用意をしている「多摩K」さん。
写真をよく見ると、猫が(たぶん)2匹写りこんでいます。
この後の宴会時も猫たちは周囲をウロウロして遊んでいました。
「人たち」のまわりというよりは、「多摩K」さんの近くに猫さんたちはいたいのだろうなあ、とつくづく思いました。


神奈川県川崎市主催「多摩川花火大会」の様子。
ともあれ。
わたしの持っているコンパクトデジカメで花火を撮るのはかなり難しい!
と分かりました。(^^;
というわけで、あと何枚かアップロードしたい写真があるので、「多摩川の猫と花火大会の写真(その2)」に続きます…。


スポンサードリンク


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


Amazon : 原子力発電


投稿者 kihachin : 2011年10月03日 12:00

« 「弾圧」に関するツイート | メイン | マルティン・ニーメラーの警鐘(※いまの日本にこそ必要) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4441