【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【再掲】「セショラーたちの全国大会 摂食障害だよ!全員集合」(東京・参宮橋、11-26) | メイン | 萱野稔人さんに関するツイート »


2011年11月16日

本田哲郎さん講演(報告)

本田哲郎さん(カトリック司祭・「釜ケ崎反失業連絡会」)の講演「あなたはイエスをどこにみていますか?」が横浜・桜木町の「日本キリスト教団 紅葉坂教会」で11月14日に行なわれ、非キリスト教徒のわたし(喜八)も参加してきました。その報告エントリです。


以下3枚の写真撮影は喜八です(今回、写真はクリックしても大きくなりません)。

日本キリスト教団 紅葉坂教会
日本キリスト教団 紅葉坂教会(横浜・桜木町)

これまで何度も繰り返してきて、くどいようではありますが…、わたし(喜八=中村順)は非キリスト教徒です。
何故なら、

からです。
意固地になってキリスト教を否定しているわけではなくて、いまのところ「非キリスト教徒であるのが自分に自然」というゆるい感覚です。

とはいえ。
この数年、精神障害・発達障害・摂食障害・アルコールや薬物依存など自助グループの人たち、野宿者(ホームレス状態の人)、死刑廃止、これらの分野にかかわる人たちと多く知り合いました。
そして彼女/彼らの中にはクリスチャンが多いのに徐々に気づいていきました。
一説には日本にいるキリスト教徒は1パーセント以下だそうですが、わたしの周囲ではそれより遥かに多い感じなのです。
「2~3割、いやそれ以上いるかも?」というくらいに。
クリスチャンだから「立派」とか「エライ」とは全然思いませんが…(笑)、中にはやっぱり「立派かも?」という人はいるのですね。
まあ、立派かどうかは別にして「生き方が魅力的」な人たちはたしかに存在します。

また、元外交官で作家の佐藤優さんの著書を愛読しているうちに、わたしはいつのまにかキリスト教的なモノの考え方を身につけてしまった…ように思います。
特に佐藤優氏の『神学部とは何か』新教出版社(2009)に非常に強い影響を受けたのは間違いありません。
とはいえ。
これまで何度かコメントしてきたように、わたしは佐藤優さんから直接対面で「あなたの言うことは一言も理解できない」「あなたの人格には問題がある」と決めつけられたことのある男です(それらの意見に異論なし)。
なのでわたしは佐藤優さんのいわゆる「賛美者」「信者」などでは全然ありません。
ちなみに本田哲郎さんの「賛美者」「信者」でもありません。

このようにキリスト教思想の影響を受けつつあった(いまでも「ある」)昨年春ごろ、『釜ケ崎と福音 神は貧しく小さくされた者たちと共に』本田哲郎、岩波書店(2006)をたまたま知り、読みました。
正直に言って、最初はピンときませんでした。
が、1年ほど経って再読してみたら、今度は何かこころ惹かれるものがありました。
特に「大事なのは、福音を生きるということです」という言葉に強い印象を受けました(『釜ケ崎と福音』153頁)。
さらに本田さんの「福音を信頼して歩みを起こせ」という言葉を知り、心がグラグラと揺すぶられる思いをしました。
(「福音」がなにか?もよく分かっていない自分なのですが…)
「とにかく、生(なま)の本田氏を見てみよう」と思って、本田哲郎さん講演「あなたはイエスをどこにみていますか?」(日本キリスト教団 紅葉坂教会)に来ました。


本田哲郎さん
講演中の本田哲郎さん

ふと気づきました。
キリスト教会に入るのは「生まれて初めて」かもしれない?
少なくとも、教会の中でこうやって人の話を聴くのは初めてだ、と。
途中まで(ハゲ隠しの)ニット帽子をかぶっていたわたしですが、これはもしかしたら礼儀をわきまえぬ失礼な態度であったかもしれません。
もしそうでしたら、反省します(しばらくして帽子は脱ぎました)。

ところで、更にすみません。
本田哲郎さんのお話をここで解説する自信はあまりないのです。
今後ゆるゆると当ブログで書きたいと思っていますが…我ことながら、いつのことになるやら?
というわけで、本田哲郎さんに興味のある方は本田氏の著書『釜ケ崎と福音』岩波書店(2006)、『聖書を発見する』岩波書店(2010)などを読んでください。
ただ、それだけではあまりに不親切ですね(汗)。
さいわい崔勝久さん(※神奈川県川崎市で「反原発」運動と「地域の変革」をめざす運動に従事)と本田哲郎さんの対談が崔勝久さんのブログ「OCHLOS(オクロス)」で公開されています。
こちらをどうぞ読んでみてください。


本田哲郎さん
質疑応答の際の本田さん

いかにも「怖い顔」の本田哲郎さん。
これは質疑応答の際、質問者の言葉に集中している様子です。
質疑応答「も」興味深い…というか講演より質疑応答のほうが充実していたかもしれません。
これらについても解説する自信がありませんので当エントリでは割愛させていただきます…(汗)。
ちなみに質疑応答時間の最後にしどろもどろに発言したのはわたしでした。
本田哲郎さん、紅葉坂教会の皆さま、参加者の皆さま、ありがとうございました。
「いい話を聞いたな~」で完結させず、わたしもわたしなりに「福音を信頼して歩みを起こ」したいと思います。
焦らず、ゆるゆると、けれども諦めることなく、気長にしつこく…。


スポンサードリンク


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


Amazon : 本田哲郎


投稿者 kihachin : 2011年11月16日 12:00

« 【再掲】「セショラーたちの全国大会 摂食障害だよ!全員集合」(東京・参宮橋、11-26) | メイン | 萱野稔人さんに関するツイート »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4482

このリストは、次のエントリーを参照しています: 本田哲郎さん講演(報告):

» リカードの比較優位説 from 逝きし世の面影
『列強の植民地化政策と、比較優位』 悪魔の碾き臼新自由主義の推進者池田信夫などが賞賛するTPP賛成論の中では、リカードの『比較優位説』なる聞き慣れない言葉... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2011年11月18日 14:33

» ぼちぼちと活動再開しますか(2011年11月) from 小路のヲタク草紙
[画像]  どうも、小路です。  読者の皆様、お久しぶりです。  前回の記事より、2週間近く経ちました。  ここしばらく多忙な状態が続き、弊ブログもツ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2011年11月18日 17:50