【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« ツイッターまとめ記事インデックス(2011-11-20版) | メイン | 「第2回 Fumidasu 集会」(東京・高円寺、12-11) »


2011年11月21日

小飼弾「どんな人だって誰かにたかって生きている」

『未来改造のススメ 脱「お金」時代の幸福論』
未来改造のススメ』岡田斗司夫・小飼弾、アスペクト(2010)

(※『未来改造のススメ』を「Amazon」「楽天」「bk1」で購入する)


小飼弾さん(こがい だん/投資家・プログラマー・ブロガー)の発言を『未来改造のススメ 脱「お金」時代の幸福論』岡田斗司夫・小飼弾、アスペクト(2010)から紹介させていただきます。
エントリ後半では、憲法第25条により保障された「生存権」と、生活保護制度について語ります。


まずは『未来改造のススメ』170頁から。
ベーシック・インカムに関する、岡田斗司夫さん(おかだ としお/大阪芸術大学客員教授・「オタキングex」代表)との対話での発言です。

《小飼弾》 もし、自分がカネを持っていないのなら、「たかり上手」になるべき。たかるというのは、卑屈になることではありません。
今、日本にいる大勢の人が苦虫をかみつぶしたような顔をして生きている。それは、人にたかるのが社会的に恰好悪いと思って、無理をしているから。
けれど、どんな人だって誰かにたかって生きている。会社勤めしている人は会社に、専業主婦/夫は夫/妻に、老人は年金に、社長だって業界に、国民は国に。究極的には、みんなエネルギーや資源を地球や太陽にたかっている。
たかる対象が違うだけで、誰しも何かにたかっていることを知るべきです。

(※引用文中太線部分は原文のまま。《小飼弾》は喜八による挿入)

さらに『未来改造のススメ』176頁からの引用です。

《小飼弾》 働いていない人でも、はっきりと「オレは遊んで暮すんだ!」と決意を立てている人はどのくらいいるものなんだろう? 実は、働くというのはとてもラクな行為なんです。ややこしいことを何も考えずに済むから。
今、働いていると自分で思っている人も、働いていないと思っている人も、もっと考えを徹底すると気持ちはとても安らかになるのではないかと思います。
すべての人間は、誰か、あるいは、何かにたかって生きている。生きる力とは、上手にたかる相手を見つけられる力と言い換えてもいいのではないでしょうか?


大変に興味深い、小飼弾さんの意見です。
わたし(喜八)もさっそく影響を受けまして「よ~し! オレは遊んで暮すんだ!」との決意を固めました。
少なくとも「嫌々するような『仕事』はいっさいしないぞ!」と。
なんてことを言うと「それなら飢え死にも覚悟するんだな?」といった批判をいただくかもしれませんが…。
幸いなことに日本では憲法第25条により「生存権」が保障されておりますし、生活保護制度というものがありますから、「飢え死」はいたしません。

とはいえ。
現在、厚生労働省と一部地方自治体首長による「生活保護制度の改悪をたくらむ密室協議(仮称)」が進められていると聞きおよびます。
もしこの改悪が進められたら、日本は「路上生活者(ホームレス状態の人)」「餓死者」「自殺者」に満ち満ちた「美しい国(※反語表現)」となること必定(ひつじょう)でしょうね。
繰り返しますが、上の「美しい国」は反語表現でありまして、実際には「醜悪きわまる国」になってしまうのです。
(※路上で生活する人や餓死・自殺する人が醜いという意味ではなく、困窮する人たちを見下し放置する社会・国家が醜悪だということ)
わたしはこれでも自分ではいささか「愛国」的だろうと思っておりますので、祖国がそのような「醜悪きわまる国」になることを望みません。
人々の生活・生命を財源(おカネ)論で語るような社会・国家はおそらくは「滅び」へと向かうでしょう。
というわけで、怠惰なわたしも生活保護制度改悪に対しては、なけなしのアタマと身体を働かせて、反対アクションを続けているのです。

「路上生活者・餓死者・自殺者に満ち満ちた、醜悪きわまる国」。
「自ら滅びへと向かう社会・国家」。
そういったダメな未来を回避するためにも、小飼弾さんのご意見は実用的に役に立ちそうです。
生活保護制度利用者は《働いていない》《たかって生きている》といったバッシングにあうことも少なくないのですが…。
小飼弾さんの言葉を借りれば《すべての人間は、誰か、あるいは、何かにたかって生きている》のです。
バッシングをする人も、官僚も、政治家も、あなたもわたしも、その点はおなじです。

小飼さんの知恵ある言葉をしっかりと利用させていただきたいと思います。
小飼弾さん、ありがとうございます。


スポンサードリンク

関連ページ


郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


Amazon : 小飼弾


投稿者 kihachin : 2011年11月21日 12:00

« ツイッターまとめ記事インデックス(2011-11-20版) | メイン | 「第2回 Fumidasu 集会」(東京・高円寺、12-11) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4489

このリストは、次のエントリーを参照しています: 小飼弾「どんな人だって誰かにたかって生きている」:

» 京都妖怪探訪(148):大将軍八神社 from 小路のヲタク草紙
[画像]  現在でも、何かをするにつけて方角を気にする人は少なくないでしょう。  例えば、寝る時に北枕を避けるとか。特に多いのが、東北を「鬼門」だとかと言... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2011年11月21日 21:55