【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「ベーシックインカム・フォーラム@早稲田VOL.1」(写真) | メイン | 「第2回生活保護制度に関する国と地方の協議会(12月12日)」傍聴案内 »


2011年12月02日

「生活保護利用者の座談会」的院内集会(衆議院第一議員会館、12-02)

8/10生活保護利用当事者デモ参加者Aさんの手作りキルトバナー
8/10生活保護利用当事者デモ参加者Aさんの手作りキルトバナー


「生活保護利用者の座談会」的院内集会が、2011年12月02日(金)12時~15時衆議院第一議員会館・第5会議室で開催されます。
主催は生活保護問題対策全国会議です。
直前になりましたが、取り急ぎ告知させていただきます!


(★転載開始★)

「生活保護利用者の座談会」的院内集会のご案内

2011年12月2日(金)に下記の集会を開催いたします。
ご参加、ご協力をお願いいたします。
なお、会場が広くないため、立ち見になる可能性もあります(最悪の場合、会場に入れない可能性もあります)。あらかじめ、ご了承ください。

~わたしたちの声を聞いてください~
「生活保護利用者の座談会」的院内集会のご案内

◎日時 2011年12月2日(金) 12時~15時
 (受付11時40分開始)
◎場所 衆議院第一議員会館 第5会議室

生活保護の利用者が戦後「最多」となり、生活保護制度の「改革」が叫ばれています。国と地方の協議会、社会保障審議会生活保護基準部会、政策仕分けなど、多くの場面で改革についての話し合いが進められています。
しかし、果たしてそこには生活保護を利用している当事者からの声が一つでも反映されているでしょうか?
今、生活保護を利用している当事者は、なぜ生活保護を利用するに至り、どんな日々を送り、何を思い、そして、何かに希望をもって暮らしているのでしょうか。国は当事者の実情を知らないままで、どのような改革が実現できるのでしょう。
私たちは今回、生活保護を現在利用している、またはかつて利用していた当事者の声を聞いていただくために、標記のような集会を企画しました。
ご多忙とは存じますが、是非ともお集まりいただき、生活保護利用者の声をどうぞ聞いて下さい。

<進行予定>
1.あいさつ
2.趣旨説明
3.座談会
4.まとめ 代表幹事 尾藤 廣喜(弁護士)

<座談会参加予定者 >
・失業による保護利用者
・病気や障がいによる保護利用者
・依存症と向き合う保護利用者
・シングルマザー
・高齢の保護利用者
・DVによる保護利用者(参加者は変更になる場合があります。)

※報道関係の方は当日、報道の腕章等を必ずご用意くださいますようお願いいたします。

主催:生活保護問題対策全国会議
(連絡先)〒530-0047大阪市北区西天満3-14-16西天満パークビル3号館7F
TEL06-6363-3310 FAX 06-6363-3320
携帯090-3652-6884
弁護士 小久保 哲郎

(★転載終了★)


スポンサードリンク


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


Amazon : 生活保護


投稿者 kihachin : 2011年12月02日 10:00

« 「ベーシックインカム・フォーラム@早稲田VOL.1」(写真) | メイン | 「第2回生活保護制度に関する国と地方の協議会(12月12日)」傍聴案内 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4495

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「生活保護利用者の座談会」的院内集会(衆議院第一議員会館、12-02):

» 辛亥革命100周年と親中国・朝鮮だった右翼 from 逝きし世の面影
『日本が西洋覇道の鷹犬となるか、東洋王道の干城となるか』 今年は1911年の辛亥革命から丁度100年目の記念すべき年である。 欧米の番犬として『覇道を歩む... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2011年12月03日 10:24