【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「第2回生活保護制度に関する国と地方の協議会」(感想) | メイン | 堅田香緒里さん講演「女/学生/ベーシックインカム」(感想) »


2011年12月18日

小西修写真展「多摩川の猫 河川敷に生きる面貌-11」(東京・八重洲、12月25日~30日)

写真家・小西修さんの「多摩川の猫 河川敷に生きる面貌-11」展が、2011年12月25日(日)~30日(金)、「ギャラリー八重洲・東京」で行なわれます。
展示時間は午前10時~午後7時です(初日は12時から、最終日は午後6時まで)。

小西修さんとお連れ合いの美智子さんは、多摩川河川敷に暮らす猫・犬・ヒトなどの支援活動を20年以上にわたって、続けられています。現在「多摩猫オリジナルカレンダー2012」が発売中です。このカレンダーは、各月ごとに猫のキャプション入り、定価千五百円です(税込+送料サービス)。売上の全額が多摩川で辛い思いをしている多くの猫の救済基金となります。


おしらせ画像はクリックすると大きくなります。

「多摩川の猫 河川敷に生きる面貌-11」小西 修 「沖縄のキジムナー」津波古 真人
(※上のお知らせ画像はクリックすると大きくなります)

「多摩川の猫 河川敷に生きる面貌-11」小西 修 「沖縄のキジムナー」津波古 真人
ギャラリー八重洲・東京
東京八重洲地下街・外堀地下3番通り 03-3278-0623
2011年12月25日(日)~30日(金)
10:00~19:00 (初日は12:00から 最終日は18:00まで)


スポンサードリンク


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫バナーは「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


Amazon : 原子力発電


投稿者 kihachin : 2011年12月18日 12:00

« 「第2回生活保護制度に関する国と地方の協議会」(感想) | メイン | 堅田香緒里さん講演「女/学生/ベーシックインカム」(感想) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4511