【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 山口静子さんお誕生祝い&石橋行受上人新年会(写真) | メイン | 死の谷を通り抜けてきた人たち »


2012年01月09日

ゲンナジー・ブルブリス「猫型人間をつらぬけ」

cat 065


ロシアの政治家、ゲンナジー・ブルブリス(1945-)の言葉を紹介します。

元外交官で作家の佐藤優氏によると《ブルブリスは九一年十二月のソ連崩壊シナリオを描いた人物で、エリツィンの知恵袋だった》《聡明であることは誰もが認めたが、極端な能力主義者で、他人を厳しく斬る》《政争で敵対するとありとあらゆる手法を用いて政敵を叩き潰す》《ブルブリスは畏怖されていたが、同時に嫌われていた》人物であり、口癖は《私は馬鹿が嫌いだ》。
そのようなブルブリスは同時に大の「猫好き」だそうです(『インテリジェンス人間論』新潮文庫、『憂国のラスプーチン 第3巻』小学館ビッグコミックス)。

それでは佐藤優(原作)・伊藤潤二(作画)・長崎尚志(脚本)の漫画『憂国のラスプーチン 第3巻』小学館(2011)218-219頁から、ゲンナジー・ブルブリスの言葉を引用します(※《 》内は喜八による補足)。

猫型《人間》を貫け。
自分勝手でいい。
徒党を組む必要もない。
だが猫と同じに、人から受けた恩は忘れるな。
猫は餌をくれ、排泄物を処理してくれる人間を忘れない……
裏切らない。
君も絶対に人を裏切るな。


というわけで「灰色の枢機卿・ブルブリス先生」の薫陶(くんとう)に従い、「わたし(中村順=喜八)も猫型人間を貫くニャー!」と改めて決意したのでした。


cat 047


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : 佐藤優


投稿者 kihachin : 2012年01月09日 12:00

« 山口静子さんお誕生祝い&石橋行受上人新年会(写真) | メイン | 死の谷を通り抜けてきた人たち »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4535

このリストは、次のエントリーを参照しています: ゲンナジー・ブルブリス「猫型人間をつらぬけ」:

» 「安全安心」ホルミシス効果VS「低線量がより危ない」ペトカウ効果 from 逝きし世の面影
『除染費用1兆円を被災者に』 1973年のノーベル物理学賞受賞者江崎玲於奈氏1925年生86歳(横浜薬科大学学長、茨城県科学技術振興財団理事長)は、 『わ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年01月10日 10:14

» 京都妖怪探訪(159):小野篁・悲恋の地めぐり @ 大学寮跡と小野篁邸宅跡 from 小路のヲタク草紙
[画像]  どうも、こんにちは。  前回記事から一週間以上空けてしまいましたが、ぼちぼち再開といきます。  2012年最初の京都妖怪探訪シリーズの記事は... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年01月12日 12:48