【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 怒鳴る医者「こんな汚いやつ連れてきてどうするんだ!」 | メイン | 福島の子どもたちと英国人画家が共同制作した絵画作品サイト「Strong Children Japan」 »


2012年01月27日

高田馬場 「大当事者研究会」 熊谷晋一郎さん(写真)

昨日(01/26)東京・高田馬場で「大当事者研究 向谷地宣明さんを迎えて」講演会&シンポジウム(大人《成人》発達障害のための就労支援施設 ネッコ主催)が開催され、わたし(喜八)も行ってきました。
シンポジウムの内容に関しては、参加者のプライバシーを配慮して、当エントリではほとんど書きません(手抜きでは…ありません…たぶん)。
ただ、熊谷晋一郎さん写真のところで「ホームレス大学」に関してだけちょっぴり書くことにします。


以下4枚の写真撮影は喜八です。
今回は写真をクリックしても大きくなりません。

高田馬場駅前

高田馬場駅「ビッグボックス口」前から早稲田通り方面の風景。
わたしが学生だったころ、幾度となく見た光景です。
もちろん、その昔(おおよそ30年前)とはかなりの変化がありますが…。
それでも上の光景は「以前とそれほどは変わっていないかも?」と思います。
学生時代、若かりしころ、楽しき青春の日々…。
なんてことは、自分の場合、ほとんどありませんでした。
大学では勉強を熱心にしたわけでもなく、なにかに打ち込むこともなく、それこそ「学生運動」などとは無縁で、それほど友人もできず…ただただ1人で無暗にウロチョロしていることが多かったのです。
大学構内で単独行動していたところ、高校時代の同級生と遭遇し、「おまえはいつもひとりだなあ」と嘲笑されたこともありました。
まあ、そういうところは今でもそんなに変わってはいないですね(笑)。
ただ、加齢とともに徐々にではありますが、孤独であることの「痛み」は徐々に軽減されてはいるようです。
「痛み」が全てなくなったわけではありませんが…。


大当事者研究会 会場は こちら (リサイクルセンター)

本日の会場「本日の会場」に来るのは、わたしは初めてでした。
早稲田通りから入った、ちょっとだけ分かりにくいところにあります。
わたしはボンクラにもいったん通り過ぎてしまい、ふたたび戻ってきて、上のプラカードを持った案内係りの人を見つけて、どうにかこうにか辿りつくことができました。
ちなみに「西早稲田」というのも、自分にとっては「痛み」をともなうキーワードです…。
なんてことを書いてみたら、気づきました!
なんだかんだ言っても、30年前の自分よりも、今のほうが「楽しい人生」を送っているかもしれません?
よく「べてるの家」の人たちが「病気さん、ありがとう」「病気に命を救われた」ということを仰っています。
わたし自身もし「普通」なコース(例:東証一部上場企業に就職して定年まで勤務することを望むような)を辿っていたら…いまごろは多分死んでいただろう。
そう思うことが、しばしばあります。


西早稲田リサイクル活動センター

西早稲田リサイクル活動センター」がある建物、ここの地下1階です。
ちなみにJR高田馬場駅からは徒歩7分くらい。
早稲田通りを隔てた反対側に「ネッコ」事務所とカフェがあります。
大当事者研究」講演会&シンポジウム終了後、カフェに寄らせていただきました(基本「人と話すのは苦手」なわたしとしては珍しい行動です…)。
そこで大阪から来た大学院生の方と少し雑談。
トマス・アクィナス神学大全』が話題にでました。
とはいえ、わたしは『神学大全』を読んだことがないのですが…。
これも何かの「縁」というか「きっかけ」と思って(なんて牽強付会して)読んでみよう!
と向学心を燃やした(?)次第です…。


熊谷晋一郎さん

熊谷晋一郎さん(くまがや しんいちろう/脳性まひ当事者・電動車いすユーザー・小児科医・『リハビリの夜』著者)。
シンポジウム開始前に撮影させていただきました。
熊谷さんにカメラを向けると、なんだか「マッチョ」な表情をされるので(笑)、わたしが「熊谷さんってハンサムですよね。まるで五月人形(の金太郎さん)みたいな顔立ちで」と、考えようによってはかなり失礼なことを言いつつ、笑顔を撮らせていただきました。
わたしは「褒めている」つもりで、人を怒らせてしまうことが度々あります…。
熊谷さん、失礼しました。(^^;
ところで最後に「ホームレス大学」について。
これはシンポジウム第一部で、野宿生活経験をもつ「べてぶくろ」メンバーの人が「ぜひ、ホームレス大学を実現したい」と発言されたのでした。
それを聞いて「最近聞いた話の中では抜群におもしろいぞ!」と興奮したわたしは質疑応答の際、そのことを「べてぶくろ」の人たちに伝えました。
また、熊谷晋一郎さんも「素晴らしいですね。わたしも協力します」と仰っていました。
なので、そのうちに当ブログでも「ホームレス大学」開催について広報させていただくことになるかもしれません。


というわけで、「大当事者研究 向谷地宣明さんを迎えて」講演会&シンポジウムを存分に堪能させていただきました。
ネッコ」「べてぶくろ」「新しいまなざしを考える会」および全ての参加者の皆さま、ありがとうございました。


スポンサードリンク


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


Amazon : 熊谷晋一郎


投稿者 kihachin : 2012年01月27日 12:00

« 怒鳴る医者「こんな汚いやつ連れてきてどうするんだ!」 | メイン | 福島の子どもたちと英国人画家が共同制作した絵画作品サイト「Strong Children Japan」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4549

このリストは、次のエントリーを参照しています: 高田馬場 「大当事者研究会」 熊谷晋一郎さん(写真):

» 原発保険料率改定7倍増に(500分の1の過酷事故率) from 逝きし世の面影
『原発保険料7倍に…1か所、年2億4000万円』   政府は20日の閣議で、原子力発電所の事故による損害賠償に備え、電力会社に義務づけている保険契約について... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年01月29日 10:53