【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 山本おさむ『どんぐりの家』 | メイン | 怒鳴る医者「こんな汚いやつ連れてきてどうするんだ!」 »


2012年01月24日

NUKE(核)真理教、最凶悪カルト、別名「原子力ムラ」

Save Fukushima
"Save Fukushima" by Kihachi


NUKE(核)真理教
人類史上もっとも凶悪なカルト(Cult)。
膨大な放射性物質を撒き散らし、地球環境を広域汚染し、人々および全ての生命体の健康を損ない、殺す。
以上が彼らのドグマ(教義)だと推測される。
NUKE(核)真理教、別名「原子力ムラ」。

NUKE真理教徒たちは口々に叫ぶ。
NUKE(核)こそ善、正義
NUKEこそが我々の『偶像』であり『信仰』だ
NUKEおよび『科学』の御前に、全ての者は拝跪(はいき)せよ!

NUKE真理教徒たちが熱狂的に主張する。
原発事故が起きても、大丈夫、心配ない
放射性物資により被爆しても、ただちに健康に影響はない
『脱原発』など主張する者たちは『極左』であり『反社会的』な存在だ!
脱原発デモや集会を取り締まれ、徹底的に弾圧せよ、逮捕して牢屋にぶち込め、黙らせろ!

NUKE真理教徒たちは嘯(うそぶ)く。
なにより大事なのは、ボクちゃんたちの既得権益なのだ
ボクちゃんたちが『うまい汁』を吸うためには、何百万人・何千万人が被爆しても、そんなことは大した問題ではない
いざとなれば、ボクちゃんたちは日本など捨てて、放射性物質の届かない地まで『疎開』する。おカネはたっぷり持っているから、費用の心配はないのだ

NUKE真理教徒たちの(醜悪かつ愚劣な)主張をここまで聞いて、わたし(喜八=中村順)はふと思う。
東京電力前社長・清水正孝氏は現在どこにいるのだろう? まさか家族ぐるみで放射性物質の届かない地まで『疎開』済み。なんてことはないだろうな?!」
東京電力関係者および「原子力ムラ」の者たちが国外脱出するかどうか? すでにしているかどうか?
これらを監視するのは本来ならマスメディアの役目だと思うが、いまの日本の「マスメディア(仮称)」に期待するのは完全なムダに違いない。
なぜなら日本「マスメディア(僭称)」の主要な者たちは、NUKE真理教により「毒饅頭(どくまんじゅう)」をたっぷり食わされ、事実上の「共犯者」に成り下がっているのだから。

NUKE真理教徒たち。
東京電力原子力発電所事故」により、膨大な放射性物質を放出し、自然環境を広域汚染し、人々および全ての生命体の健康を損ない、殺しつつある。
それでも、彼らはけっして満足しない。
国内においては危険な原子炉を稼動させ、さらに諸外国にまで原発を輸出しようと企んでいる。
明らかに彼らは「ためらいもせずに第二第三の『FUKUSHIMA』もやむをえないと考えている」のだ。

NUKE真理教徒たち。
「私たちの中でもっともだめになった存在、つまり機械人間、機械のような」者たち。
NUKE真理教徒、破壊のエージェント、虐殺の使徒、滅亡へと導く偶像に拝跪(はいき)する者たち。
彼らの縦(ほしいまま)にさせていたら、早晩わたしたちヒトを含む全ての生命体にとっての大破局が訪れるだろう。

残念ながら、いま日本および地球上の広範な地域がNUKE真理教の支配下にある。
NUKE(核)真理教、別名「原子力ムラ」は営々と「原子力帝国」を築きあげてきた。
彼らの最終目的「人々および全ての生命体の健康を損ない、殺す」達成も見えてきたようだ…。

NUKE(核)真理教徒たちを阻止しなければ、わたしたちに「未来」はない。


※参考文献: ヴェールホーフ、ガムバロフ、ミース他『チェルノブイリは女たちを変えた』社会思想社(1989)。


スポンサードリンク


関連ページ


Amazon : 原子力発電


投稿者 kihachin : 2012年01月24日 12:00

« 山本おさむ『どんぐりの家』 | メイン | 怒鳴る医者「こんな汚いやつ連れてきてどうするんだ!」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4545