【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 東京・飯田橋、「NPO法人 もやい」こもれび荘、新教出版社(写真) | メイン | 【お知らせ】緊急院内集会「生活保護“改革”と求職者支援制度を考える ~本当の『自立』って、何だろう?~」(東京・永田町、02-24) »


2012年02月18日

講演会「若者は給料減少!少子高齢化! 希望をかけた橋下維新の会は、なにするの? ~大阪という現場から~」(報告)

2012年02月11日、日本基督教団平塚教会で行なわれた講演会に行ってきました。

《第37回 思想・信教の自由を守る日(2.11 集会)
若者は給料減少!少子高齢化! 希望をかけた橋下維新の会は、なにするの?」~大阪という現場から~
講師:小林明さん(「日本基督教団部落解放センター」主事・大阪生野教会牧師)》

念のために書いておきますと、橋下徹大阪市長に対して「批判的」な人たちが中心の集い、だったと思います。
上のタイトルだけだと分かりにくいかもしれないので蛇足ながら…。
わたし(喜八=中村順)自身に関して言いますと、橋下徹氏のことは人間としても政治家としてもまったく評価しません。
以前からずっと「やり口のえげつない、下劣な人だな」と思っています。


以下3枚の写真撮影はわたしです。
今回はクリックしても大きくなりません。

JR平塚駅

JR平塚駅北口。
以下、写真とはあまり関係なく「若者は給料減少!少子高齢化! 希望をかけた橋下維新の会は、なにするの?」講演会について、ゆるゆると書いていきます。
結論を言いますと「とてもよい集い!」でした。
知っている人が誰もいないことが予想されたので(実際そうでした)、参加するのはちょっと勇気が必要だったのですが、講演会終了後には「やっぱり行ってよかった~」と思いました。
ただし! 「どこまでブログに書いていいか?」はちょっと悩みます。
講師の小林明さん(「日本基督教団部落解放センター」主事・大阪生野教会牧師)の(寒い時期なのに)汗をかきながらの熱弁。
結構「ここだけの話」的要素もあったように思います。
そういうわけですので、ソコソコに紹介させていただきます。
なお、当日の進行をつとめた日本基督教団小田原教会の牧師Sさんがブログに報告を書かれていますので、そちらをご参照ください。

2.11集会
周縁自体(なんたろ日記)


平塚教会

日本基督教団平塚教会
わたしはいつもの習慣で早めに現地到着しました。
じつのところ講演開始予定時刻より30分以上前という、我ながら「ちょっとこれは…」と思うような早めだったのですが…。
ちなみに「時間をつぶす」といった観念は自分にはまったくありません。
時間があれば、資料や本を読みます。
それでも受付の人たちに「すみません、少し早く来てしまったのですが…」と恐縮しつつ挨拶すると、「どうぞどうぞ」と気持ちよく会場に入れていただきました。
会場に入ると、紺色の背広をきたイカツイ(でも優しそうな顔の)男性がまず目に入りました。
講師の小林明(こばやし あきら)さんだと後に判明。
つまり、講師の小林さんは講演開始時刻の30分以上前に会場にいたということですね(律儀!)。
後に本人が「警察官・自衛官によく間違えられます」と仰っていましたが、たしかにそういう風貌です。
いつもの習慣で、わたしはわりと前のほうの席に着きました。
そして受付で頂いた、講演のレジュメ、新聞記事コピーたくさん(小林さんは新聞切抜きが趣味だそうです)、日本基督教団部落解放センター発行の小冊子『解放へのはばたき No.91 特集「釜ヶ崎4・5大弾圧」』(2011年12月12日号)などに目を通していると…。
小林さんが会場にいる人たち一人ひとりに「今日はよろしくお願いします」と丁寧に挨拶されました。
わたしにも…。
と、これは珍しい体験でした。
わたしは「路上生活者から路上生活者と間違われるような服装」を常とする者ですから、さまざまな場所において軽んじられたり排除されたりすることは多くとも、丁寧に挨拶されることは少ないのです。
ただ、そういうところを利点として、自分なりに「楽しんで」はおりますが(わたしはたぶん見かけよりイケズです…笑)。
ともあれ、小林明牧師が礼儀正しい方であるのは間違いないところだと思います。

さて、講演内容については(先にも書きましたように)ソコソコに紹介します。

  1. 自己紹介
  2. 2011年04月05日に発生した「大阪・釜ヶ崎大弾圧」について
  3. 橋下徹・大阪市長について
  4. これからの闘い

以上のように講演は進みました。
その後、15分間の休憩を挟んで、質疑応答タイム。
基本的に、参加者がそれぞれの意見・質問をカードに書き込んで、進行役のS牧師(小田原教会)が読み上げ、小林明牧師が回答するという形式でした。
ちなみに最後に読み上げられたのが、わたしの「感想」でした。
「或る牧師さんの《講師の小林さんは、クリスチャンに似つかわしくないほどに真摯な方です》という言葉に興味を惹かれて今日はやってきました。素晴らしい講演会でした。ありがとうございました」
というようなことを書かせていただきました。
実際、小林明さんは大変に真摯な方だと思いました。
帰り際、S牧師と少しだけ立ち話させていただき、後にTwitterとFacebookで相互フォローさせていただきました。
わたしはクリスチャンではないにもかかわらず、各地の教会に1人で行くたびに知り合いが増えているのが、自分でも興味深いところです。
もう一度書きますが、素晴らしい集いでした。
行ってよかった~!」と思いました。
関係者の皆さま、ありがとうございました。

橋下徹氏についても書こうと思っていたのですが、長くなりましたので、また別の機会に…。


平塚教会・正面入口


スポンサードリンク


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫バナーは「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


Amazon : 原子力発電


投稿者 kihachin : 2012年02月18日 12:00

« 東京・飯田橋、「NPO法人 もやい」こもれび荘、新教出版社(写真) | メイン | 【お知らせ】緊急院内集会「生活保護“改革”と求職者支援制度を考える ~本当の『自立』って、何だろう?~」(東京・永田町、02-24) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4567

このリストは、次のエントリーを参照しています: 講演会「若者は給料減少!少子高齢化! 希望をかけた橋下維新の会は、なにするの? ~大阪という現場から~」(報告):

» ブラッシングボールと武道必修化の危険性 from 逝きし世の面影
『似て非なるもの』 野球はベースボールの日本語訳なのですが、どうも内容が日本野球とアメリカのベースボールの意味するものや内容が違うとの説があるらしい。 ロバ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年02月19日 11:35

» 京都妖怪探訪(161):石清水八幡宮の鬼やらい神事 from 小路のヲタク草紙
[画像]  2月も後半になりましたが、節分に関係ある話をします。  節分といえば、やはり「鬼」です。  またこの時期、京都のあらゆる寺社仏閣で節分関係の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年02月20日 18:35

» 京都妖怪探訪(161):石清水八幡宮の鬼やらい神事(前編) from 小路のヲタク草紙
[画像]  2月も後半になりましたが、節分に関係ある話をします。  節分といえば、やはり「鬼」です。  またこの時期、京都のあらゆる寺社仏閣で節分関係の行... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年02月21日 06:05