【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【再々掲】「おんなたちはつながる 原発をめぐる福島の状況…福島・ハイロアクション・武藤類子さん講演会」(東京・経堂、02-26) | メイン | NPO法人もやい『貧困待ったなし!とっちらかりの10年間』出版記念イベント(東京・四谷、03-31) »


2012年02月27日

「NPO法人もやい」こもれび荘、脱原発「経産省前テントひろば」訪問記

2012年02月24日の午後、「NPO法人 もやい」こもれび荘(東京・飯田橋)と脱原発「経産省前テントひろば」(霞ヶ関)を訪れました。
その際、撮影した写真をゆるりとアップロードします。


以下5枚の写真撮影はわたし(喜八=中村順)です。
今回はクリックしても写真は大きくなりません(関連ウェブサイトにリンクしています)。

サロン・ド・カフェ こもれび

翌日(02月25日)から、わたしが撮影した「路上の猫たち」写真を「NPO法人 もやい」が運営する「サロン・ド・カフェ こもれび」(東京都新宿区新小川町8-20/JR飯田橋駅より徒歩10分/地図)で展示していただくため、前日(02月24日)にネコ写真16枚を貼ってきました。
その際、友人の永瀬ユキさんに手伝っていただき、大変に助かりました。
永瀬さん、ありがとうございました!


永瀬ユキさん、うてつあきこさん

作業途中で一休みしている際に撮影。
手前、PCの前に座っているのが永瀬ユキさん。
立たれている人が「NPO法人 もやい」副理事・うてつあきこさんです。
この後、3人で短いながらも興味深いお喋りをしたのですが、プライベートな話題が多かったため、ここには書きません…。
うてつさん、ありがとうございました!

ちなみに「路上の猫たち」写真展示は
サロン・ド・カフェ こもれび」の通称「テーブル椅子・喫煙可室」で
02月25日(土)
03月03日(土)、03月10日(土)、03月17日(土)
04月14日(土)、04月21日(土)、04月28日(土)
午前11時~午後5時のあいだ展示されます。
※上記以外の日時には入場できませんので、ご注意ください。

「路上の猫たち」観賞は無料です。
サロン・ド・カフェ こもれび」には週替わりランチ(飲み物付き350円)、おやつ(飲み物付き200円)、自家焙煎コーヒーなど各種飲み物(100円/2杯目からは50円)が用意されています。
どのメニューも心がこもっていて美味しいですよ~。(^^


経産省前テントひろば

子供を放射能から守れ 原発の再稼動を許すな! すべての原発を廃炉に! 福島と周辺の被害者を切り捨てるな!

もやい」こもれび荘での作業終了後、「経産省前テントひろば」(※経産省本館横の原発反対テント。24時間体制で泊りこみ、交流、議論、行動の場) にちょっと立ち寄りました。
じつはわたしは初めての訪問でした。
昨年の春以降、どうにも出不精(でぶしょう)になり、「引きこもり」気味になっているのです。
この日は、永瀬ユキさんに「行ってみますか?」とご提案いただき、「経産省前テントひろば」デビュー(?)を果たしたのでした。
写真は「第2テント」(※女性のテント)ですが…。
すみません、このときは「女性のテント」だとぜんぜん気づいていませんでした。
永瀬ユキさんに「どうぞ」と誘われるまま、なにも考えず、なにも気づかず、テント内にお邪魔しました…。


第2テント

翌日になって「ハッ! あそこは女性のテントだったのかもしれない!」と気づきました。
複数の人たちに問い合わせたところ、やっぱりそうでした。
02月24日(金)夕方、第2テントに居合わせた皆さま、たいへんに失礼しました。
わたしは基本的に、女性のスペースや集いに近寄るのは遠慮しているのですが、あのときはまったく気づかなかったのです。
「女性のテント」と気づかなかったのは、わたしがニブイということもありますが、その前に滞在した「もやい」こもれび荘のフェミニンな雰囲気に感覚が適応し、それで第2テントのフェミニンな雰囲気が「ごく自然」のように感じられた、ということがあったかもしれません。
また、こもれび荘で「もやい」のうてつあきこさんとお話をして、その後訪れた「経産省前テントひろば」第2テント内にあった雑誌「女性情報」にうてつさんが書かれた記事を見つけ、そこになんとなく連続性があったのです。
とはいえ、そもそも「女性情報」がコタツの上にあるということに「はてな?」と思わなければいけなかったのでしょうけれど…。


柚木ミサト

テントでは北海道からいらした方(!)からお菓子をいただくなど、お世話になりました。
皆さま、ありがとうございました。
帰りがけに柚木ミサトさんデザインのバッジをテント内の受付デスクにて発見。
わずかながらのカンパをして、黒猫バッジをいただきました。
もやい」で路上の猫たち写真(16枚)を展示し、「テントひろば」で黒猫バッジ(by 柚木ミサトさん)をいただく。
ここにも、なんとなく連続性があります。
とは、ちょっと強引かもしれませんが、「路上の猫たち」写真を撮影する際いつも「きっと路上にいる時間の長いネコさんたちはヒトより放射性物質被ばくの影響を強く受けるだろう」という思いがあるのです。
ともあれ、今後も「経産省前テントひろば」を応援させていただきます。
全ての原発が廃炉になる、その日まで…。


というわけで、「NPO法人 もやい」こもれび荘(東京・飯田橋)と脱原発「経産省前テントひろば」(霞ヶ関)訪問記エントリでした。
繰り返しになりますが、当日お世話になった方々に心よりお礼を申し上げます。
ありがとうございました!


スポンサードリンク


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします。

(※上の猫画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


Amazon : 原子力発電


投稿者 kihachin : 2012年02月27日 12:00

« 【再々掲】「おんなたちはつながる 原発をめぐる福島の状況…福島・ハイロアクション・武藤類子さん講演会」(東京・経堂、02-26) | メイン | NPO法人もやい『貧困待ったなし!とっちらかりの10年間』出版記念イベント(東京・四谷、03-31) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4574

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「NPO法人もやい」こもれび荘、脱原発「経産省前テントひろば」訪問記:

» 住民帰還作業中の南相馬市で108万Bq/kgの黒い物質(資料) from 逝きし世の面影
『南相馬市で「108万ベクレル」 市民団体、土壌を測定』 福島県南相馬市の市民団体「フクシマの命と未来を放射能から守る会」が20日、南相馬市で記者会見し、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年02月28日 09:53

» 京都妖怪探訪(164):2012年・千本えんま堂の節分 from 小路のヲタク草紙
[画像]  今回も、京都の霊場魔所の節分をとりあげます。  本シリーズの小野篁関連エントリー(第40回や第76回など)でも何度かとりあげたこともある、「千... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年02月28日 12:31