【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 小西修さん(写真家)の紹介記事 by 清水直子さん(ライター・「フリーター全般労働組合」) | メイン | 講演会「若者は給料減少!少子高齢化! 希望をかけた橋下維新の会は、なにするの? ~大阪という現場から~」(報告) »


2012年02月16日

東京・飯田橋、「NPO法人 もやい」こもれび荘、新教出版社(写真)

2012年02月10日(金)に撮影した、「NPO法人 もやい」こもれび荘、新教出版社などの写真をゆるーくアップロードします…。


以下6枚の写真撮影は喜八です。
写真はクリックすると大きくなります。

新小川町

NPO法人 もやい」の活動拠点こもれび荘に行く途中、東京都新宿区新小川町の風景です。
地図では「新小川町」交差点をちょっと北に行った地点。
この先を左折して《ゴミ集積所が目印》、こもれび荘に向かいます。


路地

左折して路地に入り、すぐまた左折。
袋小路奥、左側にこもれび荘があります。
写真の上部やや左に、こもれび荘2階部分が、ちょっとだけ写っています。
正月餅つき大会などのイベントがあるときは、路上──自転車が停めてある辺り──で人々が集うこともあります。


こもれび荘

NPO法人 もやい」の活動拠点、こもれび荘。
2階建ての古ーいアパートです(築?十年)。
以前は小さな印刷工場だったと聞きます。
そこに皆で手を入れ「こもれび荘」として再生し、生活困窮者支援、コーヒー焙煎&カフェ事業女性の集い若者中心の集いなど様々な活動が行なわれています。
写真のサッシ入り口は「禁煙室(座敷&ちゃぶ台)」です。
右側にちょっとだけ「喫煙室(テーブル&椅子)」の入り口が見えています。


喫煙室

喫煙室内部の様子。
棚の向こう側がキッチンです。
この日、こもれび荘を訪れたのは打ち合わせのためでした。
わたし(喜八)が撮影した「路上の猫たち」写真を「サロン・ド・カフェ こもれび」で展示していただけることになったのです。

「路上の猫たち」写真展示@「もやい」こもれび荘

こもれび荘」(東京都新宿区新小川町8-20/JR飯田橋駅より徒歩10分)
1階・通称「喫煙室(テーブル&椅子)」
02月25日(土)
03月03日(土)、03月10日(土)、03月17日(土)
04月14日(土)、04月21日(土)、04月28日(土)
午前11時~午後5時のあいだ展示。
(※上記以外の日時には入場できませんので、ご注意ください!

もとよりドシロウトが小型デジタルカメラで撮影した猫写真です。
われながら「ずうずうしい!」とは思いましたが、展示させていただくことにしました。
なお、「サロン・ド・カフェ こもれび」では週替わりランチ(飲み物付き350円)、手づくりおやつ(飲み物付き200円)、自家焙煎コーヒーなど各種の飲み物(100円/2杯目からは50円)をいただくことができます。
わたしのヘボ写真はともあれ…(汗)。
サロン・ド・カフェ こもれび」はとても素敵なコミュニティカフェですので、どうぞお気軽にお越しください~。


新教出版社

ところで、JR飯田橋駅からこもれび荘への途中に「新教出版社」(※キリスト教プロテスタント系の出版社)があります。
地図では「厚生年金病院」の北側、「キリスト教書販売」と表記されています。
わたし(喜八=中村順)は洗礼を受けたクリスチャンではなく、今後も洗礼には縁がなさそうなのですが、キリスト教の強い影響を受けた人間だということはできそうです。
このごろは新教出版社の本もよく読ませていただいています。
神学部とは何か』佐藤優(2009)
「レズビアン」という生き方 キリスト教の異性愛主義を問う』堀江有里(2006)
荊冠の神学 被差別部落解放とキリスト教』栗林輝夫(1991)
などなど…。


日本橋川

もやい」での打ち合わせをサクッと済ませた後、徒歩で神田神保町の書店街に向かいました。
最後の写真は、千代田区役所近くで撮影したものです。
上を首都高速都心環状線が通り、水面(みなも)は日本橋川
というわけで、写真をゆるゆるとアップロードしたエントリを終わります。
お粗末でした…。(^^


スポンサードリンク


関連ページ


郵政民営化凍結TBP

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
どうぞ、お気楽にご参加ください。


Amazon : 佐藤優


投稿者 kihachin : 2012年02月16日 12:00

« 小西修さん(写真家)の紹介記事 by 清水直子さん(ライター・「フリーター全般労働組合」) | メイン | 講演会「若者は給料減少!少子高齢化! 希望をかけた橋下維新の会は、なにするの? ~大阪という現場から~」(報告) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/4565

このリストは、次のエントリーを参照しています: 東京・飯田橋、「NPO法人 もやい」こもれび荘、新教出版社(写真):

» 「人は自分の見たいものしか見ない」カエサル、東電、保安院 from 逝きし世の面影
『福島第一2号機臨界阻止で硼酸注入でも』 2月12日国の原子力安全・保安院の森山善範原子力災害対策監は、 『80度を示した温度計は大きく変動を繰り返してい... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年02月17日 10:21